医療・医薬・福祉 広告・マーケティング

就労支援×メタバース事業

株式会社TYPE-R
メタバース(仮想空間)制作・アバター・NFT制作で企業と障がい者の新しい働き方をサポート

株式会社TYPE-R( https://type-r.group/ )(広島県広島市、代表取締役:米田裕也)は、障がい者の就労支援による新たなメタバース事業を開始いたします。


株式会社TYPE-Rは、障がいのある方や引きこもりの方の働きがいの創出とのため、このたび当グループのコンサルティングする2つの就労支援事業所による、メタバースの新たな事業を立ち上げています。

メタバース空間制作
3Dキャラ・アバター制作
NFTアート制作


上記事業をベースに、次世代のデジタル技術に対応した自由な発想・才能を企業と繋げる場として、新しい時代の就労支援事業所「サブカルビジネスセンター」および「デジタルアートセンター」を全国へ拡大展開いたします。

障がいのあるクリエイターを発掘・支援し、当グループのメタバース事業を通して、メタバース市場の拡大促進と、障がいによって働くことの困難な方の新たな働きがいを創出し、工賃の提供と就職支援を目的としています。

メタバース空間制作



メタバース空間(cluster)上に、実際の建物を再現し、見学を可能にしたり、作品の展示・販売、バーチャルイベント開催など、さまざまなシーンで活用できるバーチャル空間を制作します。
▼就労支援デジタルアートセンター・バーチャル事業所を公開中
https://cluster.mu/w/98658d5a-594c-49e9-81c9-4590347df166

3Dキャラクター・アバター制作


メタバース空間初め、YouTube配信、CMなど多方面で活用できるオリジナルキャラクターの制作を行います。
近年急速に利用できるシステムが増えてきており、アバターとしての3Dキャラクターの重要性が高まってきています。
最近では接客でアバターを採用している企業もあり、今後は観光や医療・教育といった分野でも利用されることが期待されています。
そんなニーズに合わせたアバターをオリジナルで制作し、活用提案いたします。
▼制作ギャラリー公開中
https://hub.vroid.com/users/67398566

NFTアート制作
NFTとは、アート作品・チケット・ゲームアイテムなど多様なデジタルコンテンツの所有状態をブロックチェーン上に記録し、発行される権利の証明書です。

Kawaii Girl Collage Eureka


NFT クリエイターの Kazsuhi Fujii と 障がいのあるクリエイターとのコラボレーションを実施しました。
クリエイティブな才能を持ちながら、障がいにより企業で仕事をする事が困難な方々を応援・支援するコレクションです。作品の売上は障がいのあるアーティストの支援に充てさせていただきます。

Kawaii Girl Collage Eureka
https://opensea.io/collection/kgce

就労継続支援B型事業所 デジタルアートセンター



デジタルアートセンターは、障がいがある方の未来を クリエイターと一緒に切り拓く、就労継続支援B型の事業所です。
https://digital-art-center.com/


センターにて制作した作品をNFTアートとして販売しています。
作品の売上は障がいのあるアーティストの支援に充てさせていただきます。
https://opensea.io/collection/virtualdac/



就労継続支援B型事業所 サブカルビジネスセンター


サブカルビジネスセンターは漫画・アニメ・ゲーム等のサブカル分野で 自分らしく好きな事を学びながら、収益を生み出し、工賃へと変えていく 就労継続支援B型事業所です。
障がいのあるクリエイターの才能を発掘・支援するため拠点を全国に拡大中です。
https://subculbusinesscenter.com/



協力企業・制作依頼を大募集中
株式会社TYPE-Rグループでは、当グループの取り組みに賛同し、業務提携・制作依頼をいただける協力企業を募集しております。
メタバース、アバター制作、NFT制作のご依頼、導入相談、また障害のある方への支援に興味のある企業担当者様はぜひお問い合わせください。



株式会社TYPE-R
〒730-0012 広島市中区上八丁堀8-23林業ビル 7F
050-3612-8307
typer.staff@gmail.com
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)