美容・健康 流通

女性活躍を推進する“フェムアクション”を社会に増やす!フェムテック商品のtoB向け販売や、オールジェンダートイレの販売などを実施。新規事業「Fellne(フェルネ)」

株式会社 オカモトヤ
2022年8月4日(水) より、災害用レディースキットの販売も開始!

株式会社オカモトヤ(東京都港区虎ノ門1-1-24、代表取締役社長:鈴木美樹子)と、株式会社kenma(東京都新宿区、代表取締役:今井裕平)は2022年8月2日より、性差による働きにくさの解消を実現するための新規事業「Fellne」を開始いたします。2022年8月4日(木)には、女性向け防災備蓄キット「災害用レディースキット」の販売も開始いたします。(Fellne:https://fellne.net)



女性の就業率が上がる中、女性特有の健康問題などで多くの方が勤務先で困ったことがあると答えるなど、依然として性差による働きにくさが残っています。働くひとのミカタとして様々な企業の働き方をサポートしてきたオカモトヤでは、性差による働きにくさの解消を目指した新規事業「Fellne(フェルネ)」を立ち上げました。
女性活躍推進に取り組みたいが、その一歩が踏み出せないという悩みを伺います。オカモトヤでは、女性のQOL向上につながる取り組みを“フェムアクション”と定義。フェムアクションに必要な情報と選択肢を「フェムテック関連商品の仕入れ・販売」「フェムアクション製品・サービス・空間の自社企画」「フェムアクションの導入サポート」の、3つの企画を通して企業に提供し、女性活躍推進に取組む企業やこれから取り組みたいと考える企業をサポートします。
「フェムテック関連商品の仕入れ・販売」では、オカモトヤが新たにフェムテック関連商品を仕入れ、企業様に向けて販売を開始します。現在は15種類以上のフェムテック商品の仕入れが決定。今後も仕入れ商品の種類を増やし、あらゆる悩みの解決に貢献します。
「フェムアクション製品・サービス・空間の自社企画」では、性別に関係なく使用できるトイレ「オールジェンダートイレ」や、災害時に3日間のオフィス待機を可能にする「災害用レディースキット」など、フェムアクションの数を増やすべく、当社が様々な空間や商品をオリジナルで企画し、販売します。
「フェムアクションの導入サポート」では、お客様が気軽にフェムアクションを選択して実施できるよう、Fellne専用のWEBプラットフォームを作成しました。本プラットフォームを活用することで、Fellne導入企業のご担当者様は様々なフェムアクションの中から、自社にあったものを選んですぐに実行することが可能になります。
当社では様々なフェムアクションの花を社会に咲かせ、性差による働きにくさを解消してまいります。


新規事業「Fellne(フェルネ)」 について

Fellneはフェムアクションの選択肢を増やすこと、フェムアクション実施のハードルを下げることを通して、社会全体のフェムアクションを増やすことに挑戦する事業です。昨今の情勢を受けて、あらゆる企業が女性活躍推進に対する取組みを迫られる中、オカモトヤは中小企業のパートナーとして、それらの取り組みに必要な情報と選択肢の提供をサポートし、フェムアクションを増やすことに注力します。フェムアクションとは、 女性活躍推進やフェムテックなど、女性のQOL向上につながる取組みの総称です。





Fellne事業1.:フェムテック関連商品の仕入れ・販売

オカモトヤが新たにフェムテック関連商品を仕入れ、企業様に向けて販売を開始します。現時点では15種類のフェムテック商品の仕入れが決まっており、働く女性のミカタとして、あらゆる悩みの解決に貢献します。
<販売商品例>


EVE 月経カップ – EVE
価格:¥3,960(税込)

OLTER SHORTS(吸水ショーツ)
価格:¥4,290(税込)~

ファーティリリー カップ (妊活サポート) - FERTI·LILY
価格:¥4,950(税込)

Fellne事業2.:フェムアクション製品・サービス・空間の自社企画

フェムアクションの数を増やすべく、オカモトヤが様々な空間や商品をオリジナルで企画~販売します。この度、性別に関係なく使用できるトイレ「オールジェンダートイレ」や、災害時に3日間のオフィス待機を可能にする「災害用レディースキット」の販売を開始します。

【企画01:オールジェンダートイレ】
オールジェンダートイレとは、性別に関係なく使用できる全く新しい形のトイレです。今回注力したのは「気まずさの解消」。性別関係なく次に使用する人と顔を合わせた際に、気まずさを感じたことがある方は多いのではないでしょうか?オールジェンダートイレは、次に使う人と顔を合わせることが無いよう、入口と出口を分けた一方通行型のトイレです。「セルフメンテナンス」機能も付加しています。トイレはオフィスで一時的に独りになれる唯一のスペースです。オールジェンダートイレでは、体調や気分のメンテナンスをできるよう、立つ・座るだけでなく、横になることも可能です。
※導入のご相談は、Fellne公式プラットフォーム上にて受け付けております。新規のお客様は、Fellneお客様センター( fellne@okamotoya.co.jp )までご連絡ください。

入口と出口を分けた一方通行型のトイレです。


「セルフメンテナンス」機能も付加しています。


立つ・座るだけでなく、横になることも可能です。

【企画02:災害用レディースキット】
災害時は物流もストップ。避難所で支給される女性向け衛生用品も数が限られ、手に入れられない方も多いのが現状です。こうした事態を解消するために作られたのが「災害用レディースキット - 3days BOX」と「災害用レディースキット - ミニマムキット」です。災害用レディースキット - 3days BOXは、3日間のオフィス待機を可能にする女性向け防災備蓄キットです。生理用品をはじめ、リフレッシュシートや夜用ショーツなど、12種類の衛生用品が入っています。災害用レディースキット - ミニマムキットは、働く女性のお守り替わりとして活用いただけるよう、常に携帯可能なコンパクトサイズの災害用レディースキットです。災害時には勿論、急な出張やお泊りの際にも使用できるようホイッスルや絆創膏を始め、8種類の衛生用品が入っています。
※購入は、Fellne公式プラットフォーム上にて受け付けております。新規のお客様は、Fellneお客様センター( fellne@okamotoya.co.jp )までご連絡ください。

既存の棚の中などに、コンパクトに収納可能です。


災害用レディースキット - 3days BOX
価格:¥7,700(税込)

災害用レディースキット - ミニマムキット
価格:¥3,850(税込)


Fellne事業3.:フェムアクションの導入サポート

Fellneを導入いただいたお客様が、様々なフェムアクションの中から自社に合ったものを気軽に選択してすぐに実施できるよう、Fellne専用WEBプラットフォームを作成しました。ショッピング機能も完備しており、Fellneを導入いただいている企業で働く方々は、こちらのプラットフォームから必要なフェムテック関連商品を注文することが可能です。


様々なフェムアクションを、カタログ的に一覧することが可能です。


1つのフェムアクション=1つの花。
社会をフェムアクションで満開にすることを目指します。

ご契約企業&従業員様限定のフェムアクション関連商品が購入できる、
「Fellne Store」も展開します。


新規事業に対する想い(株式会社オカモトヤ 代表取締役 鈴木美樹子)


株式会社オカモトヤ 代表取締役 鈴木美樹子
オカモトヤは1912年に設立された「鈴木文具店」を発祥とするオフィス専門商社です。私はオカモトヤに入ってから二度出産し、子育てをしながら経営をしています。自身の子育て経験を通して、「育児中の社員に在宅勤務」「育児のための時差出勤」を取り入れるなど、会社の働き方にもフィードバックできることがたくさんありました。そして、女性特有の健康問題による“働きにくさ”も強く意識するようになりました。女性の就業率が上がる中、性差による働きにくさが残っているように思います。働くひとのミカタとして様々な企業の働き方をサポートしてきたオカモトヤでは、男女隔てなく働けるような社会に変えていく旗振り役になれたらと思い、「Fellne」を立ち上げました。全ては働く人のために!Fellneを通して女性活躍推進の輪を広げ、より良い社会にすることを目指します。


会社概要



企業名:株式会社オカモトヤ
代表者:代表取締役 鈴木美樹子
本社所在地:東京都港区虎ノ門1-1-24
設立:1912年6月2日
事業内容:オフィス構築業務・ICT構築・保守サービス業務、文具事務用品販売・印刷事業
コーポレートサイト:https://www.okamotoya.com/


株式会社kenmaについて



「Fellne」は、企業の新たなシンボルとなる“フラッグシップ” を開発することに特化した、東京都新宿区にオフィスを構える「株式会社kenma」と共同で企画した新規事業です。Fellneの企画立案を始め、ビジネスモデルの構築、デザインやクリエイティブ周りの作成に至るまで、さまざまな分野でご支援いただきました。(kenmaホームページ:https://www.kenma.co
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)