外食・中食 ホテル・レジャー

【グランディスタイル 沖縄 読谷 ホテル & リゾート】8月1日(月) 琉球ヴィーガンメニュースタートのお知らせ

KPG HOTEL&RESORT
カトープレジャーグループ(東京本社/東京都千代田区・代表取締役兼CEO/加藤友康)のKPG HOTEL & RESORT(沖縄県沖縄市・取締役社長兼COO/田中正男)が運営する『グランディスタイル 沖縄 読谷 ホテル&リゾート』(総支配人:芝原英幸)は2022年8月1日(月)に沖縄野菜を彩りよくあしらった琉球ヴィーガンメニューのご提供をスタートいたしました。



◆ヴィーガンとは
ヴィーガンとは「完全菜食主義」という意味で肉や野菜だけでなく、卵、牛乳、はちみつといった動物性食品を一切取らない食事習慣のことを指します。近年、健康志向が強まる中、世界的に菜食の人口は増えており、日本はもとより沖縄県でもヴィーガン対応商品やレストランが増加しています。
地野菜と沖縄フルーツのワイルドサラダ


地野菜と大豆ミートのスパイスタコライス
◆グランディスタイル 沖縄 読谷
ホテル&リゾートの取り組みについて、グランディスタイル 沖縄 読谷 ホテル&リゾートでは、お客様のニーズにいち早く対応し、今年4月から琉球ヴィーガンメニュー開発に取り組んできました。琉球ヴィーガンの定義は、提供するメニューに沖縄伝統農産物(島野菜)※1を最低でも1つを取り入れたものであることを指します。当ホテル、レストランTASTEでは2022年5月に沖縄県内では初めて一般社団法人J Vegan協会※2の認定書を取得しており、8月1日から宿泊客と地元のお客様へ琉球ヴィーガンで5つのメニューをディナーで提供いたします。


試食会に参加した関係者からは、「テレビではみたことがあるが初めて食べました。野菜が通常よりも沢山食べられるし、ダイエットにもいいかもしれない」という声や、
「環境問題や健康志向の一環で興味があったが、食することなかったのでこんな風におしゃれに楽しめる
なら月に一度はレストランに来てみようかな」などの声が聞かれました。

メニューを開発したのは、グランディスタイル 沖縄 読谷 ホテル&リゾートの総料理長 饒平名 克佳(よへな かつよし)。このプロジェクトがスタートしたきっかけを「琉球ヴィーガンを通して、ゲストの方はもとより地元の方達に沖縄にしかない島野菜や食文化を美味しくさらにより愉しく体験する時間を提供したいと思い始めました。この取り組みを通して沖縄県内で収穫された安全・安心な農産物のピーアール、沖縄の伝統的食文化の普及、
フードロス問題といった点にも気づいてもらうきっかけになって欲しいです。」と話しており、今後も積極的にメニュー開発に取り組む予定です。
------------------------------------------
◆琉球ヴィーガンメニュー概要   
※1 https://kuwachii-okinawa.com/agri-db/definition/
※2 https://www.j-vegan.com/
【ご提供場所】BAR&RESTAURANT TASTE  
【メニュー例】地野菜と沖縄フルーツのワイルドサラダ、揚げ出しジーマミー豆腐 …など
・画像はこちらからダウンロードをお願いします。
https://63.gigafile.nu/1110-f444c9f7c577ea2973d988674132d5df
------------------------------------------
グランディスタイル外観
◆まるで我が家のように心地よい隠れ家リゾート「グランディスタイル 沖縄読谷 ホテル&リゾート」  
那覇空港から北上して約55分に位置する読谷村に建つ、全室54室の隠れ家的リゾート。

一歩足を踏み入れた時からシトラスウッドのオリジナルアロマのかおりに包まれ、アットホームな非日常空間をご体験いただけます。

客室はグレーイッシュでシックな空間に木のぬくもりを感じるインテリアを配置しており、広々とした全室50平米以上のスイートタイプをご用意しております。全室バルコニーに設置されたデーベットでは、朝日を程よく浴びながら朝食をお召し上がり頂いたり、足を延ばし夕焼けを眺めながらお酒を嗜むなど、優雅でほっとしたひと時をお過ごしいただけます。

また、美容グッズやテーブルゲームなどバリエーション豊かな無料のレンタルアイテムを取り揃えており、充実したホテルステイをお過ごしいただけます。

3階プールサイドに続くCafé&Lounge Chillaxでは、ご宿泊の皆様にご利用いただけるラウンジサービスをご用意しております。隣接しているプールサイドでフリーフロードリンクや軽食をお愉しみ頂けます。

加温式のインフィニティ―プールでは、読谷村の先に鮮やかに広がる東シナ海を一望しながら、オールシーズンドリンク片手に沖縄の島時間をご体験いただけます。

また、グランディスタイルのメインダイニング「BAR&RESTAURANT TASTE」では、沖縄の地が育んだ食材と沖縄料理の伝統的な調理法をそのままに、シェフが培った多国籍料理のエッセンスを加えた新しいスタイルの沖縄料理「MODERN OKINAWA」をご提供しております。ライティングと音にこだわったアジアンリゾートを彷彿させる空間で、泡盛やワインとご一緒にお客様だけの時間の流れをお愉しみいただけます。

グランディスタイルは、ご宿泊されるお客様がゆったりと過ごす何もしない贅沢な時と、極上の寛ぎ、癒しと安らぎをご提供しております。これまでに経験したことのない新たなリゾートライフをお楽しみください。
------------------------------------------------
◆施設概要
【施設名】グランディスタイル 沖縄読谷 ホテル&リゾート
/ GLAMDAY STYLE HOTEL & RESORT OKINAWA YOMITAN
所在地    〒904-0325 沖縄県中頭郡読谷村字瀬名波571-1
【URL】https://glamdaystyle.jp//
【電話番号】098-987-8300   / FAX 番号  098-987-8304
【Check-in/out】14:00/11:00
【客室数】全54 室
【附帯施設】レストラン、カフェ&ラウンジ、プール、ショップ
【駐車場】35 台
【開業】2019年7月20日

----------------------------------------------
◆Kato Pleasure Groupについて
「日本のレジャーをもっと楽しく!」をテーマに、ホテル・旅館・スモールラグジュアリーリゾート・公共リゾート・スパ・エンターテインメント・フードサービスなど多岐にわたる事業を展開するトータルプロデュースカンパニーです。地の魅力を活かしたコンセプト、建築、インテリア、光、音、香り、食などを総合的にプロデュース。各専門分野に特化したクリエイターとコラボレーションをし、今まで日本になかった事業を多岐に亘りコングロマリットで開発。独自のマネジメントスキームを活かし、新しい価値の創造と収益を実現いたします。また各部門のスタッフは常にお客さまの視点に立ち、最高のホスピタリティマインドを持っておもてなしいたします。

◆KPG HOTEL & RESORTについて
カトープレジャーグループのグループカンパニーである株式会社KPG HOTEL & RESORTは沖縄で6施設、九州地方で2施設のホテル・宿泊施設などを運営しています。「社会貢献・人財育成・ダイバーシティー」という3本柱を企業理念に抱え、沖縄県より正式認証されたSDGs企業として、2022年は新しい取り組みにも力を入れていきます。  
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)