インテリア・雑貨 自然・環境

【ecostore(エコストア)】ノンシリコン・植物オイルを配合したの液体シャンプー&コンディショナーのパッケージ・製品名がリニューアル!

株式会社マッシュホールディングス
処方はそのままに、ニーズに合わせて選びやすく。

株式会社ecostore JAPAN(本社 東京都千代田区代表取締役社長椋林裕貴)が展開する、ニュージーランド発ナチュラルデイリーケアブランド「ecostore(エコストア)」は、ホテルやサウナ施設のアメニティとしても人気の液体タイプのシャンプー&コンディショナーのパッケージと製品名をリニューアルし、2022年8月1日(月)以降順次発売いたします。 エコストアの液体タイプのシャンプー&コンディショナーは、すべてにアロエより保湿力が高いとされ、髪に潤いを与えるニュージーランド産「ハラケケ」 (*1)を配合。さらにノンシリコンで、パラベン、合成着色料、合成香料は不使用。植物の力で、しなやかで艶のある美しい髪へ導きます。 今回、処方はそのままに、4種類のうち3種類のパッケージ・商品名を変更。ニーズやお悩み別に商品が選びやすくなります。 *1ニューサイランエキス





リニューアルポイント







製品詳細

■シャンプー モイスト、コンディショナー モイスト
乾燥による髪の広がりを抑えて、毛先までしっとり指通りのよいなめらかな髪へ

価格:¥980(税込)、¥1,628(税込)  容量:350mL、700mL

・潤いを与えるホホバ(*2)&ハラケケ(*1)配合。
・芳醇でスパイシーなオレンジ&ジンジャーの香り。


*2シャンプー:加水分解ホホバエステル、コンディショナー:ホホバ種子油


■シャンプー ボディ&シャイン、コンディショナー ボディ&シャイン
髪にハリ・コシを与え、しなやかでボリューム感のある髪へ

価格:¥980(税込)  容量:350mL

・髪にハリ・コシを与えるレモンエキス&ケールエキス(*3)、潤いを与えるハラケケ(*1)配合。
・優美で深みのあるイランイラン&レモンの香り。
*3レモン果実エキス、ケール葉エキス


■シャンプー スキャルプケア、コンディショナー スキャルプケア
頭皮に潤いを与え、フケ・カユミを抑え、健やかな地肌と髪へ

価格:¥980(税込)  容量:350mL

・フケを抑えるジジフスジョアゼイロ樹皮エキス (*4)、潤いを与えるハラケケ(*1)配合。
・上品でみずみずしいオレンジ&パチュリの香り。


■シャンプー 無香料、コンディショナー 無香料
より肌にやさしく(*5)健やかで潤いのある地肌と髪へ

価格:¥980(税込)  容量:350mL

・潤いを与えるハラケケ(*1)配合。
・香料・着色料不使用。
*5エコストアの他シャンプー&コンディショナーとの比較


キー成分について

■ハラケケ(*1):全製品に配合


日本より紫外線の強いニュージーランドの過酷な土地で育つ麻科植物。アロエベラより保湿力が高いとされています。
*1ニューサイランエキス(保湿成分)

■ホホバ(*2):モイストに配合


ホホバの種子に含まれる成分は、人の皮脂に近い性質を持つとされており、その保湿力の高さで有名です。
*2シャンプー:加水分解ホホバエステル コンディショナー:ホホバ種子油(保湿成分)

■レモン果実エキス(*3):ボディ&シャインに配合


ビタミンCが豊富で髪の毛の中に潤いを閉じ込めます。フレッシュなレモンの香りで、洗いあがりも爽快に。
*3レモン果実エキス(保湿成分)

■ジジフスジョアゼイロ(*4):スキャルプケアに配合


主にブラジルに自生する常緑樹。その樹皮エキスは、フケや頭皮のか ゆみを抑え、頭皮を健康に保つ効果があります。
*4ジジフスジョアゼイロ樹皮エキス(整肌成分)



その他ヘアケア製品ラインアップ

液体タイプ以外に、プラスチックフリーでリサイクル可能な紙のパッケージに包まれた固形タイプのシャンプー&コンディショナーも発売。
2022年2月の発売以来、累計約17,000個 の販売を誇る人気製品です。
*6 2022年2月~7月の販売個数(自社調べ)




エコストアとは

“まることやさしい毎日’'を叶える、ナチュラルデイリーケアブランド。
自然豊かなニュージーランドで生まれたエコストアは、人と地球のよりよい未来のために、自然由来の原料はもちろん、製造工程や容器の素材、毎日の使い心地やデザインにまでこだわったホームケア、ボデイケア、ヘアケア、ベビーケア、オーラルケアなどのデイリーケアアイテムを展開。あなたのサステナブルなくらしをまるごとサポートします。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)