食品・飲料

「キリン 午後の紅茶 カフェインゼロ ピーチティー」を9月6日(火)に新発売

キリンホールディングス株式会社
~白桃の芳潤な味わいと、華やかな紅茶の香りが楽しめるカフェインゼロ※1のフルーツティー~

 キリンビバレッジ株式会社(社長 吉村透留)は、紅茶飲料No.1ブランド※2「キリン 午後の紅茶」から「キリン 午後の紅茶 カフェインゼロ ピーチティー」を9月6日(火)より全国で新発売します。 ※1 カフェインについては、0.001g(100ml当たり)未満をカフェインゼロ(0g)としています ※2 株式会社食品マーケティング研究所調べ(2021年実績)


 近年、健康志向の高まりにより、カフェインゼロおよびカフェインレス飲料市場は2009年から2019年の10年で約2倍※3に拡大しており、今後さらに伸長すると予測されています※4。また、カフェインゼロおよびカフェインレス飲料市場は、全体の約7割を麦茶やブレンド茶などの無糖茶が占めており、紅茶の占める割合は低いことが分かりました※5。
 ※3 インテージSRI カフェインレス・ゼロ(珈琲・紅茶・無糖茶)販売規模(容量)※4 2020年10月 日本能率協会総合研究所調べ(コーヒー、緑茶、紅茶のペットボトル入り飲料を対象とする)※5 インテージSRI+ 2021年1~10月 500mlペットボトル カフェインレス・ゼロ(珈琲・紅茶・無糖茶)販売規模(本数)構成比

 今回、紅茶飲料の中でもより嗜好性の高いフルーツティーとして「キリン 午後の紅茶 カフェインゼロ ピーチティー」を発売し、カフェインゼロ飲料の選択肢を広げていきます。また、フルーツティーの中でも人気の高いピーチフレーバー※6を採用することで、カフェインゼロおよびカフェインレス飲料市場のさらなる拡大を目指します。
 ※6 インテージSRI+ 紅茶ドライ 2017年~2021年累 フルーツフレーバー(レモン除く)別販売規模(金額)

 「午後の紅茶」はキリンビバレッジのCSV※7全領域(健康・コミュニティ・環境)を担うブラントと位置づけており、本商品はそのなかでも「摂りすぎない健康」領域の商品として発売します。今後も拡大が見込まれるカフェインゼロおよびカフェインレス飲料市場に「午後の紅茶」ブランドから新商品を発売することで、お客様の健康な毎日に貢献していきます。
 ※7 Creating Shared Valueの略。お客様や社会と共有できる価値の創造

 2022年も「午後の紅茶」は“「午後の紅茶」だからできる幸せなこと、もっと、もっと。”をテーマに、人と社会を健やかにするおいしい新商品や新しい食文化の提案などを通じて、お客様に数多くの幸せなときめきを創り・続け・育んでいきます。


「キリン 午後の紅茶 カフェインゼロ ピーチティー」について
●中味について

・スペイン産ピーチ果汁を1%使用し、白桃の芳潤な味わいと華やかな紅茶の香りが楽しめます。すっきりとした甘さで飲みやすい味わいに仕上げました。
・カフェインを取り除いた厳選紅茶を使用することで、カフェインゼロでありながらも、紅茶ならではのおいしさを実現しました。

●パッケージについて
・商品特長である「カフェインゼロ」を、パッケージ中央部分にわかりやすく配置しました。
・ピンク色をベースに白桃のイラストを印象的に描くことで、ピーチティーのおいしさを表現しました。
・「キリン 午後の紅茶 ミルクティープラス」「キリン 午後の紅茶 アップルティープラス」に続く、「健康」シリーズの商品であることを伝えるために、容器やデザインに統一感をもたせました。

 キリングループは、自然と人を見つめるものづくりで、「食と健康」の新たなよろこびを広げ、こころ豊かな社会の実現に貢献します。

                         -記-
1.商品名                   「キリン 午後の紅茶 カフェインゼロ ピーチティー」
2.発売地域                  全国
3.発売日                   2022年9月6日(火)
4.容量・容器                 430ml・ペットボトル
5.価格(消費税抜き希望小売価格)       140円
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)