医療・医薬・福祉

株式会社キュライオ、iSiP株式会社との戦略的業務提携に関する契約締結のお知らせ

株式会社キュライオ
株式会社キュライオ(代表取締役CEO:中井基樹、本社:東京都新宿区、以下「キュライオ」)は、AI創薬に関する技術プラットフォームを有しているiSiP株式会社(代表取締役CEO:高木悠造、本社:東京都文京区、以下「iSiP」)との間で、戦略的業務提携に関する契約を締結しましたのでお知らせいたします。



両社は、iSiPが有する独自のAI創薬に関する技術プラットフォームとキュライオが有する高度な構造解析に関するプラットフォーム技術を組み合わせることにより、医薬品開発を進めている様々なお客様のニーズに取り組んでまいります。従来手法では創薬が難しいとされてきたターゲット領域での医薬品開発をはじめ、多くの課題に対して両者の技術を掛け合わせ、「見えなかったものを可視化」する事により、効果的に課題の解決を実現してまいります。

従来手法においては、標的タンパクに対して膨大な量の活性化合物との組み合わせを試す作業が必要で、これにより多大なコストと時間が必要となっている事が課題とされています。今回の戦略的業務提携からくる技術プラットフォーム(構造解析xAI創薬)により、我々は創薬ターゲットと活性化合物の繋がりを可視化する事ができます。これによって、より効率的・効果的に活性化合物の探索、評価を進めて行く事が可能となり、迅速な化合物の設計および最適化を行ってまいります。




クライオ電子顕微鏡を用いた構造解析技術は、生体分子の立体構造解析において、現在最も優れた技術の一つであり、2017年にはノーベル化学賞の授与対象となりました。特にクライオ電子顕微鏡を用いた単粒子解析はこの数年で大きく成長し、結晶化の必要がなく、水溶液中での構造が得られるなどの利点が多い解析技術になります。一方で、電子顕微鏡の操作や測定、解析には研究者のスキルや経験や勘に依存する要素も多く、効率性のバラつきに課題があります。キュライオは、クライオ電子顕微鏡測定のための試料調製やグリッド作成、3次元構造解析に独自の技術を有しており、単粒子解析における従来の課題を解決するとともに、難易度の高いタンパク質やタンパク質超分子複合体の構造解析を可能にしています。
AI創薬の技術は、「インシリコ」という名称でシミュレーションを中心した技術として、従来から活用されてきましたが、2010年代以降に深層学習をはじめとする機械学習技術の発展に伴い、急速な進展を見せてきました。一方で機械学習技術側からのみアプローチが多く、最終的な成果物としての薬を作るために必要かつ適切な技術選択と創薬のワークフローに合わせた技術開発を行うには、「創薬化学やバイオロジーの知見」と「機械学習やHPCなどのコンピュータサイエンスの知見」の融合が必要なため、実際の創薬の現場で利活用するにはハードルが高い状況が続いておりました。iSiPでは、創薬化学やバイオロジーとコンピュータの専門家が、創薬で実際に使って価値を出せるシミュレーションと機械学習・AIをうまく組み合わせたプロダクトを保有をしております。
両社は創薬支援事業として、今回の戦略的業務提携による新たな技術プラットフォームを用いる事により、お客様の医薬品開発における技術的支援を行ってまいります。また、この技術プラットフォームは両社の自社創薬事業にも大いに活用してまいります。


【株式会社キュライオ 代表取締役CEO 中井 基樹のコメント】
「iSiPとの戦略的業務提携を締結できたことを嬉しく思います。我々の持つ構造解析技術とiSiPの持つAI創薬の技術は非常に親和性が高く、創薬の成功可能性を高めることに大きな寄与があると確信しています。現在、AI創薬の技術を持つ会社は数多く生まれてきていますが、その中でもiSiPの持つ技術力の高さや、従来の概念にとらわれない探求心の強い高木さんの考え方は当社とマッチする部分を感じました。弊社の自社創薬事業と、創薬支援事業の両事業において本提携が大きく力を発揮すると思っております。」

【iSiP株式会社 代表取締役CEO 高木 悠造氏のコメント】
「キュライオとの戦略的業務提携を締結できたことを、日本の創薬ベンチャーの新たな可能性が切り開ける体制ができたことを大変嬉しく思っております。弊社が保有するシミュレーションを中心したインシリコ技術と最新の機械学習・AI技術を組み合わせたAI創薬技術とキュライオの中井さんやメンバーの皆様が作り上げたクライオ電子顕微鏡の技術は非常に相性が良く、従来の創薬プロセスに大きなインパクトを与えるものと思っております。」


株式会社キュライオについて
当社は、2019年にクライオ電子顕微鏡による構造解析技術に特化した企業として2019年8月に設立されました。独自の解析ノウハウを用いた世界最高水準の構造解析精度が強みで、現在は構造解析ベースにした自社創薬事業と創薬支援事業を展開しています。
「より安心で健康な人生の実現へ」の会社理念の下、人々に画期的新薬を提供する事を使命とし、製薬会社や大学研究室との共同研究にも積極的に取り組んでおります。

代表者 :代表取締役CEO 中井 基樹
オフィス所在地 :東京都文京区本郷7-3-1東京大学南研究棟357号室
設立日 :2019年8月
URL   :https://curreio.com/
事業内容:クライオ電子顕微鏡による構造解析技術を活用した創薬事業と創薬支援の展開


iSiP株式会社について
当社は、2022年にAI創薬技術をコアにした企業として設立されました。創薬とコンピュータの知見を融合させることで、実際に創薬で使える技術を開発し、現場で展開しています。
「研究を競争力の源泉として、三方良しのビジネスを実現する」という会社理念の下に、画期的な新薬を提供することで、患者のみならず、研究者をはじめとする専門家が活躍できる場を国内に作り、製薬会社やアカデミアと協調しながら、産業を成長させ、社会全体を幸せにすることを使命としております。
代表者 :代表取締役CEO 高木 悠造
オフィス所在地 :東京都文京区小石川5-16-10小島ビル2F
設立日 :2022年1月
URL   :https://corp.i-sip.jp/
事業内容:AI創薬技術を活用した創薬事業と創薬支援事業

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)