医療・医薬・福祉 出版・アート・カルチャー

業界初!『診療点数早見表』が電子カルテ上で閲覧可能に!

医学通信社
 株式会社医学通信社(所在地:東京都千代田区)は,全国多数の医療機関・公的機関等で使用されている医科・診療報酬点数表『診療点数早見表 2022年4月版』をデータベース化し,2022年7月より大手電子カルテメーカー・株式会社ソフトウェア・サービスへの提供を開始しました。  同社の電子カルテ画面から,『診療点数早見表』の全内容――診療報酬点数,施設基準,算定通知・事務連絡,材料価格基準,療養担当規則,保険外併用療養費,医療と介護の給付調整等――を素早く自在に閲覧できます。





『診療点数早見表』とは?

保険診療の対価として医療機関へ支払われる“診療報酬”の全てを,一覧表としてまとめた弊社刊行の書籍です。
これら書籍の中でも「正確に」「速く」「便利に」「わかりやすく」を最大限に実現し,医療費の請求を行う医療事務の方にとって,まさに教科書と呼べる一冊となっております。
診療報酬改定や,それに伴う通知や事務連絡などに合わせて毎年改版を重ね,今までの累計発行部数は既に数百万部を超え,全国多数の医療機関・公的機関・審査機関・専門学校等で幅広く使用され続けています。
https://www.igakutushin.co.jp/products/detail/1296


医療の分野に求められるIT化&DX

政府内に「医療DX推進本部」が設置され,「全国医療情報プラットフォームの創設」「電子カルテ情報の標準化等」「診療報酬改定DX」を進める方針が示されるなど,医療における迅速なIT化とDXが求められております。
そうした状況に先駆けて,弊社では『診療点数早見表』を始めとする多数の書籍のデータベース化を進めて参りました。
2020年には,弊社刊行の人気書籍を一覧&検索できるアプリケーション『GiGi-Brain』(gigi@igakutushin.co.jp)をリリースし,多数の医療機関や公的機関,医療事務の個人の皆様への提供を開始しております。
https://www.igakutushin.co.jp/DataIntroductions/



データベース提携先の拡大

こうした取り組みの一環として,多くの企業や公的機関との提携を行い,各社のシステムへ弊社データベースの搭載も進めて参りました。
そして今回,『診療点数早見表』のデータベースが,電子カルテシステムへ搭載されることとなりました。
電子カルテ上で『診療点数早見表』の情報を参照できるようになったことで,医師やその他の医療関係者の方にとって,診療報酬情報への更なるアクセス・利便性の向上に繋がることが期待されます。

また,更なる医療のIT化&DXに寄与するためにも弊社書籍データベースの利用に関する提携を進めていく予定です。
こうした取り組みにご興味をお持ちの企業や公共団体様におかれましては,医学通信社までお問合せいただければ幸いです。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)