医療・医薬・福祉

マリノストリコロールパーク新吉田へスロープを寄贈

株式会社ツクイホールディングス
見学スペースへの段差を解消し、バリアフリー化をサポート

株式会社ツクイホールディングス(本社:神奈川県横浜市、代表取締役社長 高畠 毅、以下「当社」)は、サステナブルオフィシャルスポンサーを務める、一般社団法人F・マリノススポーツクラブ(所在地:神奈川県横浜市、代表理事 宮本 功、以下「F・マリノススポーツクラブ」)が運営する地域密着型のフットサルコート施設であるマリノストリコロールパーク新吉田へ可動式の段差解消スロープ2台を寄贈いたしましたのでお知らせいたします。



(左)一般社団法人F・マリノススポーツクラブ 理事 スクール・ふれあいダイレクター 望月 選様
(右)株式会社ツクイホールディングス グループ経営管理本部 執行役員 本部長 渡邊 直雄樹


寄贈背景

マリノストリコロールパーク新吉田ではお子様向けサッカースクールをはじめ、初心者から上級者まで幅広いレベルの方が楽しめるエンジョイフッドボールや、知的・発達に障がいのあるお子様を対象とした「にじいろくらす」等が開催されています。
この度、サッカースクール等への付き添いの方が車いすやベビーカーを使用し、安全に見学スペースまで移動できるよう、コート入口と見学スペースの段差部分に設置する、スロープ2台をお贈りしました。
尚、スロープの寄贈にあたっては、事前の現地調査に加えて、当社子会社で全国47都道府県において700を超える介護事業所を運営する株式会社ツクイに所属する介護支援専門員(ケアマネジャー)の知見を活かし、寄贈品を選定しております。

当社は今後も F・マリノススポーツクラブとサッカーを通じた認知症予防やインクルーシブの取り組みにより、多様性を認め合い、互いが尊重しあう「共生社会」の実現に向けて、共に活動してまいります。


寄贈の概要

▪寄贈品設置イメージ


可動式段差解消スロープ
▪寄贈先 
マリノストリコロールパーク新吉田
〒223-0058
神奈川県横浜市港北区新吉田東8-49-1イオン横浜新吉田店屋上

【参考:ツクイグループ 「サステナビリティ」 ~スポーツに関する取り組み~】

横浜F・マリノスのオフィシャルパートナー
明治安田生命J1リーグに所属する横浜F・マリノスのオフィシャルパートナーとして2022年5月に2度目となる冠試合「TSUKUI DAY」の開催や、車椅子を利用されている方や障がいをお持ちの方にも、横浜F・マリノスの魅力ある「アタッキング・フットボール」を観戦していただきたいという想いから、「車椅子席・障がい者チケット」のネーミングライツを取得し招待企画等を実施しています。

障がい者スポーツの支援
一般社団法人F・マリノススポーツクラブのサステナブルオフィシャルスポンサーとして「認知症予防活動での連携」・「認知症サポーターへの理解促進」・「障がい者スポーツの支援」をメインテーマとし、当社グループ会社が運営する介護施設におけるサッカー教室やオレンジリングの訴求活動の一環として「親子3世代サッカー教室」、知的障がい者サッカーチーム「横浜F・マリノス フトゥーロ」、および電動車椅子サッカー大会の支援等に取り組んでいます。

「ねんりんピックかながわ2022」への協賛
高齢者を中心とするスポーツ、文化、健康と福祉の総合的な祭典である「ねんりんピック」は、1988年から毎年開催されています。ツクイグループはゴールドパートナーとして「神奈川に 咲かせ長寿の いい笑顔 ~未病改善でスマイル100歳~」というねんりんピックかながわ2022の趣旨に賛同し協賛しています。

以 上
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)