ビジネス・コンサルティング 美容・健康

中小規模法人向け健康経営サポートサービス「THL健康管理プラン」の提供を開始

THL
スマートフォンに専用アプリをダウンロードするだけで始められ、健康経営への取り組みを「簡単」「低コスト」で実現


健康支援サービスを展開する株式会社タニタヘルスリンク(東京都港区三田3-13-16、社長:土志田敬祐、略称:THL)は、従業員数300人以下の中小規模法人向け健康経営サポートサービス「THL健康管理プラン」の提供を、本日8月5日より開始します。本サービスは、従業員のスマートフォンに専用の歩数計アプリ「HealthPlanet Walk(ヘルスプラネットウオーク)」をダウンロードするだけで簡単に始められるのが特徴。各種健康コンテンツと組み合わせ、“歩くこと”を軸に従業員の健康習慣に対するモチベーションやヘルスリテラシーを高めます。年間利用料は60万円(税別、初年度システム設定費・オプション費別途)。THLが培ってきた健康経営のノウハウをパッケージ化した「タニタ健康プログラム」をベースに、機能をシンプルにすることで価格をリーズナブルにするなど、健康経営への取り組みを「簡単」「低コスト」で実現します。

従業員の健康管理を経営的な視点で考え戦略的に実践する健康経営は、大規模法人を中心に多くの企業で取り組みが進んでいます。一方で、国内の法人数の9割以上、従業員数のおよそ7割を占める中小規模法人においては、ノウハウや人材不足、資金面などの課題から、その取り組みは一部の企業にとどまっています。本サービスは、健康経営の実践にあたって「ノウハウがない」「何から始めて良いかわからない」「コストが心配」など、自社だけでは取り組みが難しいといった中小規模法人に対し、導入しやすいパッケージプランで従業員の健康づくりをサポートします。

本サービスで使用する歩数計アプリ「HealthPlanet Walk」は、本サービス用にポータル機能を付加した特別仕様で、各種健康コンテンツをワンストップで閲覧できるように利便性を高めています。また、健康コンテンツは、THLの健康経営において2009年より導入を進めて効果を確認し、健康経営優良法人認定取得でも評価された中から5種類を厳選しました。

健康コンテンツは、「運動促進」と「ヘルスリテラシー向上」で構成され、運動を促すコンテンツは、従業員同士が歩数を競い合う「歩数ランキング」※1とアプリ上で国内外の名所・旧跡を巡る「ウオーキングラリー」※2の2種類をラインアップ。ゲーム感覚で楽しみながら歩く習慣が身につき、健康にあまり関心のない人も参加しやすく、継続を促すことができます。一方、ヘルスリテラシーを向上させるコンテンツは、健康的な食習慣づくりを促す「タニタ社員食堂レシピ」※3のほか、管理栄養士や保健師等の専門スタッフによる健康づくりに役立つ情報を毎月配信する「タニタ健康コラム」や、健康づくりの新常識を動画でわかりやすく伝える「健康ショートドラマ」の3種類。従業員の自発的な健康づくりをサポートします。

THLでは本サービスを通じて、健康経営に取り組む企業の裾野拡大を図るとともに、国が掲げる「健康寿命の延伸」に寄与していきたいと考えています。

※1:歩数ランキング
歩数計アプリで計測した歩数データをランキング形式で集計し、リアルタイムにアップデート。スマートフォンで最新の情報がすぐに確認できるため、楽しみながら運動習慣が身につくほか、従業員同士のコミュニケーションの活性化にもつながります。

※2:ウオーキングラリー
アプリ上で国内外の名所・旧跡を巡りながら従業員同士で歩数を競い合ってゴールを目指すバーチャルイベント。

※3:タニタ社員食堂レシピ
健康的な食習慣づくりをサポートするコンテンツで、毎週5定食分のおススメレシピがご覧いただけます。
掲載レシピ数は、株式会社タニタの管理栄養士監修によるオリジナルレシピも含め1400点以上。いずれのレシピも、野菜をたっぷり使って、1定食あたりのカロリーを500kcal前後、塩分を3g以下に抑えながら、おいしく食べ応えのある株式会社タニタの社員食堂のレシピコンセプトに基づいています。

■「THL健康管理プラン」サービス紹介
https://www.tanita-thl.co.jp/corporation/thl_plan

■ポータル機能を付加した「THL健康管理プラン」専用歩数計アプリ「HealthPlanet Walk」


■社名報道のお願い
弊社名の報道につきまして、正式社名の「タニタヘルスリンク」をご使用いただきたくお願い申し上げます。
なお、弊社名を簡略化して報道される場合は、弊社と事業内容を異にする株式会社タニタとの混同を避けるため、「タニタ」ではなく略称社名の「THL」をお使いいただければ幸甚に存じます。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)