医療・医薬・福祉 広告・マーケティング

【10代限定】TCBの新しい二重埋没法「アオハル二重術」7月30日より全国のクリニックで取り扱い開始

株式会社メディカルフロンティア
【美容医療は、ファッションへ。】はじめての美容整形は、TCB 東京中央美容外科へおまかせください

日本全国に72院(2022年8月現在、開院予定含む)を展開する美容クリニック TCB 東京中央美容外科(代表院:東京都新宿区、総括院長:⻘木 剛志、広告代理・発信:株式会社メディカルフロンティア)は2022年7月30日(土)より、10代限定の学生向け二重埋没法「アオハル二重術」の取り扱いを全国のTCBで開始いたしました。



TCBの「アオハル二重術」

「二重まぶたにしてみたいけど、あまりお金はかけられない」「たくさんメニューがあって、どれを選べばいいかわからない」そんな美容整形初心者のティーン世代へ向けた新しい二重埋没法が2022年夏、TCBから登場しました。



■施術概要
・取扱エリア:全国のTCB
・取扱開始日:2022年7月30日(土)~
・施術価格 :両目¥39,000(税込)
・術  式 :瞼板法2点留め
・保証期間 :5年間
・備  考 :20歳未満の方限定施術 LINEクーポン/学割の使用可

■施術の特徴
アオハル二重術はシンプルで低価格な2点留め埋没法に、笑気麻酔と痛みの少ない極細麻酔針オプションがセットになった美容整形初心者でも安心のティーン世代向け二重整形です。
埋没箇所のイメージ
「瞼板」という、まぶたの中の軟骨のような硬い組織とまぶたの皮膚を結び止める瞼板法を採用しています。一般的な低価格帯二重術で行われる挙筋法と比べ、腫れが生じにくくダウンタイムも短く、眼瞼下垂になりにくいといったメリットがあります。普段、長期的な休暇が取りにくい10代の皆様の需要に対応しています。

■開発背景
美容医療が一般社会において身近な存在となり、若い世代の患者様のご来院も増加した今日において、より低価格で、より手軽に受診できる美容整形初心者でも安心のメニューを提供していきたい、という考えのもとアオハル二重術は誕生しました。
アオハルは「青春」、夢や希望に満ち溢れ、活力みなぎる若者たちへ、初々しき青春期をキラキラと輝いて過ごしてほしいという願いが込められたTCBの新二重術です。

■TCBオフィシャルサイト 二重整形埋没法
https://aoki-tsuyoshi.com/opinfo/eyes/eye_double-164
TCBでは低価格プランに永久保証、外から傷跡がわからない術式まで、患者様のご要望に合わせた豊富な二重整形メニューを取り揃えています。


TCB クリニック概要



TCB 東京中央美容外科は日本全国に72院(開院予定含む)を展開する美容クリニックグループです。「患者様と働くスタッフが幸せになれるクリニック」という運営理念を胸に、身体への負担の少ないプチ整形をはじめとしたさまざまなメニューを取り揃えています。「理想のあなたを着飾る」美容医療を。TCBは徹底したカウンセリングとシミュレーションにより、患者様の「理想」をどこまでも追い求めます。


クリニック名:TCB 東京中央美容外科
総括院長:青木 剛志
クリニック数:72院(2022年8月時点、開院予定含む)
所在地(代表院):TCB新宿三丁目院
〒160-0022
東京都新宿区新宿3丁目1-20 メットライフ・JTB新宿スクエア 7F
診療時間:10:00~19:00
休診日:なし(代表院含む一部クリニック)/ 不定休【WEB・LINE予約24時間365日受付中】
オフィシャルサイト:https://aoki-tsuyoshi.com/


TCBのテレビCM「美容医療は、ファッションへ。」篇

「美容医療は、ファッションへ。」
https://www.youtube.com/watch?v=gtpapClNcco



ファッションは、時の好み、人の好み。TCBが目指すのは、時の移ろいによる変化にも適応し、あらゆる年代、あらゆる嗜好の患者様へ「理想のあなたを着飾る」美容医療を提供すること。患者様の理想を追求した先にある「二重まぶたの開眼」を、クリニックの意匠のひとつである「開花する美容医療の花」に重ね合わせて表現しています。

【協賛・スポンサー企業を募集されている皆様へ】
TCB 東京中央美容外科は協賛・スポンサー支援を募っている企業・団体・個人の皆様へ、率先してご協力をさせていただきます。まずはお気軽にお問い合わせください。

■本件に関するお問い合わせ
株式会社メディカルフロンティア
ブランド管理部 広報課 木村 泰世
mail:kimura.taisei@medical-frontier.com
TEL:070-7422-3504
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)