美容・健康 ネットサービス・アプリ

AI健康アプリ「カロママ プラス」、東京海上日動火災保険の「糖尿病治療支援保険」加入者への提供を開始!

株式会社リンクアンドコミュニケーション
PHRを活用したアドバイスで、糖尿病の重症化予防に寄与

株式会社リンクアンドコミュニケーション(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:渡辺 敏成、以下 当社)は、東京海上日動火災保険株式会社(本社:東京都千代田区、取締役社長:広瀬 伸一)が開発した「糖尿病治療支援保険」にご加入いただいたお客様を対象に、当社が開発・運営するAI健康アプリ「カロママ プラス」の提供を開始いたします。日々の食事など生活習慣の記録から、最適なアドバイス・提案を「カロママ プラス」を通じてお届けすることで、加入者の糖尿病重症化予防をサポートします。


■「カロママ プラス」とは  https://calomama.com/
毎日の食事や運動、睡眠などのライフログに、パーソナルAIコーチ「カロママ」がリアルタイムにアドバイスをする健康アドバイスアプリです。企業・健保の従業員や、自治体の市民、スポーツクラブの会員、保険加入者の方を対象に、現在約6,000以上の自治体・民間企業が導入しています。独自のアルゴリズム・AIにより、食事画像を認識してカロリー計算、栄養バランスの評価を行います。その後、食事の改善点や次の食事の提案を2億通り以上のアドバイスの中から自動で提供します。また、スマホ内蔵の歩数計やウェアラブルデバイスともデータ連携し、運動量も自動的に取得します。

■糖尿病重症化予防を支援~PHRを活用した健康管理とアドバイスで、寄り添ったサポートを提供~
糖尿病患者は年々増加し、今や国民病の一つとも言われています。糖尿病は万が一重症化すると合併症を引き起こしたり、透析治療が必要になることがあります。
「カロママ プラス」は、PHR(パーソナル・ヘルス・レコード)を活用した日々の健康管理や、ひとりひとりの健康課題に適した健康アドバイス・提案をAIが自動でお届けします。

「重症化予防コース」の糖尿病を選択することで、疾患を踏まえたアドバイスや提案が届くため、より糖尿病の重症化予防に寄与します。

<重症化予防コースの特徴>
1.糖尿病の疾患をふまえたアドバイス
  毎日毎食、疾患をふまえたアドバイスが提供されます。
2.服薬忘れを防止するためのリマインド機能
  処方された薬や服薬時間を設定すると、指定時間に合わせて服薬リマインドを行います。
3.通院日のリマインドと記録機能
  設定した通院日に、リマインドメッセージが届きます。
  通院日の夜もメッセージが届き、次回通院日の設定と、通院の記録が可能です。
4.記録した数値のグラフ化
  血糖値など記録した数値をグラフ化します。
5.生活習慣の振り返り情報を提供(医師と共有用)
  食事、運動、睡眠、服薬状況をサマリー表示します。
  医療機関受診の際に、医師に提示していただくことで、医師と一緒に生活習慣を振り返ることができます。

※本アプリは治療アプリ・医療機器ではございません。「重症化予防コース」で提供されるアドバイスや提案は、治療方針や診断に関わることには言及しません。
※「重症化予防コース」以外のコースの選択も可能です。


今後も当社は、「カロママ プラス」ユーザーの健康と生活をサポートするために有用な機能やサービスの開発・提供をいたします。

※東京海上日動火災保険株式会社の「糖尿病治療支援保険」に関するニュースリリースは、こちらをご参照ください。
<URL>
https://www.tokiomarine-nichido.co.jp/company/release/pdf/220805_01.pdf

■株式会社リンクアンドコミュニケーションの概要
リンクアンドコミュニケーションは、「社会の健康課題を解決し、世界の誰もが自然に健康になる世界を創る」をミッションとし、ICT×専門家ネットワークで「専門家がもっと身近にいて健康をサポートするシステムの構築」を目指しているヘルステック企業です。全国で約1万人の管理栄養士・栄養士のネットワークをもとに、食と健康、栄養分野のリーディングカンパニーとして、健康アドバイス事業、健康情報の発信事業に取り組んでいます。

所在地 : 〒102-0094 東京都千代田区紀尾井町4-1 新紀尾井町ビル5階
設立 : 2002年7月25日
資本金 : 9億3995万円
代表者 : 代表取締役社長 渡辺 敏成
URL : https://www.linkncom.co.jp/

<提供サービス>
・AI健康アプリ「カロママ プラス」
・健康医療ニュースを専門家が解説するレビューサイト「HEALTH NUDGE」
・管理栄養士・栄養士向けのポータルサイト「かわるPro」
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)