ネットサービス・アプリ 美容・健康

トリビュー、提携クリニックを対象に「美容医療ビジネスに対する意識調査」を実施

株式会社トリビュー
9割以上がお客様の美容医療に対する意識が高まっていると回答


美容医療の口コミ・予約アプリ「トリビュー」を運営する株式会社トリビュー(本社:東京都渋谷区、代表取締役:⽑迪)は、全国の提携しているクリニック74院を対象に「美容医療ビジネスに対する意識調査」を実施いたしました。
国内の美容医療市場は、成長基調で推移しており(*1) 、トリビューでは予約機能の提供を始めた2018年11月から2022年7月時点までの予約件数が13万件を超え、継続して成長しています。
このような背景を受け、提携クリニックの協力を得て、ビジネスの変化や美容医療に対する消費者の意識の変化について調査を実施しました。結果、9割以上がお客様の美容医療に対する意識が高まっていると回答し、主に20代を中心にその傾向がみられることが明らかとなりました。

調査結果サマリー


お客様の美容医療に対する意識に関しては、91%が以前に比べて意識が高まっていると感じていると回答。特に、20代、30代を中心に関心が高まっている傾向が強くみられる。






84%が美容医療が身近なものになってきていると感じており、また57%が美容医療に対する抵抗感が減っていると感じている。





85%が、トリビューでの掲載を開始してから患者数が増えたと回答。主に20代女性、次に30代女性が増えたと回答。また76%がトリビューの集患効果に満足している。





ビジネスの変化としては、半数の50%がクリニック(ドクター)の得意もしくは注力している施術での来院数が増えたと回答。また18%が選ばれるメニューや施術内容が広がったと回答しており、トリビューに掲載している口コミによる効果が起因していることが理由として考えられる。
トリビュー経由の患者さんの傾向としては、施術する意欲や意向が強いという声が多く伺えた。また商圏も広がったという意見も多数寄せられた。
予約が多く見られる施術では、30%が小顔を目的としたエラボトックス、次に二重埋没と回答し、美容医療をオープンにするインフルエンサーやタレントが増えたことによる影響が考えられる。

美容医療がより身近なものになりつつある今、トリビューでは初心者でも施術やクリニックを選べる情報を提供しています。今後も信頼できる情報と口コミを提供し、新しいスタンダードになることを目指しながら、サービスをより向上していきます。

*1 『美容医療の展望と戦略2022~市場分析編~』(2022年6月、矢野経済研究所)より

【調査概要】
調査方法: インターネットリサーチ/実施機関:株式会社トリビュー
調査対象 : 全国提携クリニック 74院
調査期間 : 2022年6月13日~7月22日

≪引用・転載時のクレジット表記のお願い≫
本リリースの引用・転載時には、当社クレジット(例:トリビュー調べ)を明記いただけますようお願い申し上げます。

【美容医療とは】
医師免許を持つ者が行う医療行為のことで、エステは対象外となります。美容外科(例:脂肪吸引、豊胸施術)・美容皮膚科(例:医療脱毛、シミ・ほくろ除去、ボトックス・ヒアルロン酸注入)・審美歯科(例:ホワイトニング、歯列矯正)の分野が対象となります。

■トリビューについて
国内No.1の美容医療の口コミ・予約アプリです。美容外科・美容⽪膚科・審美⻭科の分野から「口コミ検索」「施術検索」「クリニック検索」「オンライン相談・予約」がアプリ1つで完結。累計80万ダウンロードを突破し、10代~30代を中心に幅広いユーザーにご利用いただいております。

トリビュー(iOS): https://tribeau.jp/r/ios
トリビュー(Android):https://tribeau.jp/r/android
トリビュー(WEB):https://tribeau.jp
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)