外食・中食

「裏の山の木の子」が提供する、コスパ抜群!なきのこランチを渋谷でーきのこをたくさん食べて、バテ知らずの素敵な夏を過ごしましょう―

APHD
株式会社エー・ピーホールディングスのグループ会社 株式会社AP B.CUE(本社:東京都豊島区、取締役社長:田中 裕大)が運営する「裏の山の木の子」 渋谷店は、8月10日(水)より、ランチタイムの営業を開始いたします。 「裏の山の木の子」は、10種類以上のきのこを昆布出汁ベースのスープでたっぷり楽しんでいただく火鍋店です。これまでディナータイムのみの営業でしたが、きのこの楽しさやおいしさを健康的な食生活に手軽に取り入れていただくことを考え、テスト運営を経て、スタートすることになりました。 今年の夏はかなり厳しい暑さが予想されており、加えて長引くコロナ禍ですので、免疫力を維持することが大切です。きのこには夏バテしない体づくりにお役立ちの栄養成分がたくさん含まれています。ヘルシーな食事を意識したい昼食時には、「裏の山の木の子」のスペシャルなランチをお楽しみください。



薬膳きのこ火鍋
2,200円

薬膳きのこ火鍋セット(きのこ・野菜・豆腐・地鶏つくね・豚肉・春雨)/本日の一品/豆皿(お惣菜)3つ/十六穀米*大盛無料 or 野菜麺/ランチドリンク1杯/自家製杏仁豆腐

「裏の山の木の子」の看板メニュー「薬膳きのこ火鍋(白のスープ)」をひとり鍋で、大変お得に楽しむことができる、ランチ限定のセットです。
色とりどりのきのこと野菜がメインのヘルシーな食事を、ご自身の方法、ご自身のペースで味わってください。



薬膳きのこスープと豚肉のフォー
1,200円

きのこスープと豚肉のフォー/薬味/自家製杏仁豆腐

いろんな種類のきのこをたっぷりと入れ、豚バラの旨味も含ませた、旨味深いスープで食べるフォーです。別添のパクチーやライムを加えながら、シラチャーソースでちょっとずつ“味変”してお楽しみください。
気温が高くて蒸すような、エスニック日和な日にぜひどうぞ。



納豆きのこ麻婆豆腐飯
1,200円

納豆きのこ麻婆豆腐/十六穀米*大盛無料/ピクルス/スープ/自家製杏仁豆腐

「裏の山の木の子」で人気の一品料理「納豆きのこ麻婆豆腐」をお腹いっぱい楽しめるごはんです。
ふんわりと芳しく香る納豆の後に追いかけてくる旨辛な麻婆豆腐には、細かく刻んだきのこがたくさん入っています。



薬膳きのこあんかけ御膳<地鶏つくね入り>
1,200円

きのこあんかけ/本日の一品/スープ/豆皿(お惣菜)2つ/十六穀米*大盛無料/自家製杏仁豆腐

薬膳きのこスープにとろみをつけたきのこ満載の餡を、ごはんにかけて召し上がってください。
ひと鍋に10種類程度のきのこが、たっぷり約70g~80g入っています。それぞれのきのこが持つ旨味や味わい、食感を楽しめます。
食欲の落ちがちな暑い日も、優しい出汁の餡でペロッと完食間違いなしです。


<隠れた名品!自家製杏仁豆腐>



舌触り優しいとろっとろの杏仁豆腐は、「裏の山の木の子」渾身のデザートです。生クリームと杏仁霜をリッチに使った、味わい深い杏仁豆腐は、ランチセットのおまけのデザートの域を超えた、本格スウィーツとして召し上がっていただけます。
午後を頑張るスイッチにしてください。


*表示価格は全て税込


夏バテときのこの関係

きのこは魅力がたくさん詰まった食材です。夏バテに注目して成分をチェックすると、このような特筆すべき特徴が見えてきます。

<ビタミンB群>
糖質・脂質・たんぱく質を代謝しスタミナを上げ、疲労を軽減してくれます。
例えばビタミンB1の含有量というと豚肉やうなぎなどが知られていますが、胃腸の弱っている時や食欲のない時などは、消化時に掛かる身体の負担を軽くできるよう、きのこ類から摂取するのもよいようです。

<不溶性食物繊維>
便通を整えて腸をキレイにすることで、免疫力を高めます。善玉菌を増やして有害物質を排泄するので、美肌作りにも繋がります。

<カリウム>
余分なナトリウムを排泄して細胞の水分を保持し、筋肉の収縮を調整する働きをするカリウムは、不足すると夏バテの症状である倦怠感・疲労感を引きおこします。


店舗詳細



店舗名 :裏の山の木の子 渋谷店
所在地 :〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂1丁目3-11 一番ビル2F
電話  :03-5459-4080
営業時間:ランチ・11時~14時半(L.O.14時)/ディナー・16時~23時(L.O.21時)
定休日 :ランチ・月曜日/ディナー・なし
インスタグラム:https://www.instagram.com/uranoyamanokinoko/

★恵比寿店はランチタイムの営業は未実施です
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)