医療・医薬・福祉 広告・マーケティング

テクノスルガ・ラボとEpigeneron ORNi-PCR(R)法を応用したNGS解析の効率化に関する共同研究及びライセンス契約を締結

株式会社Epigeneron
株式会社テクノスルガ・ラボ(本社:静岡県静岡市、代表取締役社長:望月 淳、以下「テクノスルガ・ラボ」)と株式会社Epigeneron(本社:東京都中央区、代表取締役社長:藤井穂高、以下「Epigeneron」)は、この度、EpigeneronのORNi-PCR(R)法を応用し海洋生物を含む複数の生物種の遺伝子解析の効率化について、共同研究及びライセンス契約を締結いたしましたので、お知らせいたします。






2020年4月16日
株式会社Epigeneron
株式会社テクノスルガ・ラボ

テクノスルガ・ラボとEpigeneron ORNi-PCR(R)法を応用したNGS解析の効率化に関する共同研究及びライセンス契約を締結

株式会社テクノスルガ・ラボ(本社:静岡県静岡市、代表取締役社長:望月 淳、以下「テクノスルガ・ラボ」)と株式会社Epigeneron(本社:東京都中央区、代表取締役社長:藤井穂高、以下「Epigeneron」)は、この度、EpigeneronのORNi-PCR(R)法を応用し海洋生物を含む複数の生物種の遺伝子解析の効率化について、共同研究及びライセンス契約を締結いたしましたので、お知らせいたします。

ORNi-PCR(R)法とは、20塩基程度の短いRNAを利用して、PCR反応において標的とするDNA配列の増幅を阻害する技術です。ORNi-PCR(R)法を応用することにより、遺伝子変異、ゲノム編集細胞及びDNAメチル化の検出や、細菌叢解析等で優占種由来のPCR増幅を阻害することによる高精度化・低価格化等が可能です。今般、海洋生物等の遺伝子解析の際にORNi-PCR(R)法を応用した混入異物(DNA)の除去や遺伝子解析の高精度化を目指してEpigeneronとテクノスルガ・ラボが共同研究を実施することで、遺伝子解析において付加価値を有するサービスの展開が期待されています。

両社はこの共同研究を通じて、遺伝子解析における新たな価値の提供を実現してまいります。

以 上


【参考】
株式会社テクノスルガ・ラボについて
国内唯一の「微生物同定専門」の受託を行う会社として1997年に創業した。2007年に現社名に変更、以後、「ヒトと地球の健康・リスク評価」を目指し、衛生管理から学術研究まで幅広くたくさんの方々に対して「微生物試験・分析と理化学分析」の両方の技術から、より相乗効果の得られるワンランク上の分析受託サービスを展開しています。

株式会社Epigeneronについて
革新的な新技術の開発を通じて、新たな創薬/創薬支援事業やバイオテクノロジー事業を推進して、科学の発展と医療の進化に寄与することを経営理念としており、2015年4月の創立以来、2つの主要なゲノム関連技術を基に事業展開しています。一つ目として、難治疾患の治療法の開発を目指して、新規エピジェネティック創薬及びその受託サービス等の提供等を行っています。癌や中枢神経系疾患などの難治疾患に苦しむ患者さんに、当社独自の創薬標的同定系である遺伝子座特異的クロマチン免疫沈降法(遺伝子座特異的ChIP法)を用いて開発した治療薬をお届けし、健康で充実した生活を送っていただけることを目指しています。二つ目として、遺伝子変異検出の迅速化やNGS解析の高精度化等を可能とするORNi-PCR(R)法を用いて、研究機関における生産性の向上に貢献することを目指しています。詳細についてはhttps://epigeneron.com/をご覧ください。


本件に関するお問い合わせ先



Techno Suruga Laboratory and Epigeneron enter into joint research and licensing agreement for the optimization of NGS analysis by using ORNi-PCR(R)

Techno Suruga Laboratory Co., Ltd. (Headquarters: Shizuoka City, Shizuoka Prefecture; President & Chief Executive Officer: Jun Mochizuki; “Techno Suruga Laboratory” hereafter) and Epigeneron, Inc (Headquarters: Chuo-ku, Tokyo; President & Chief Executive Officer: Hodaka Fujii; “Epigeneron” hereafter) have entered into a joint research and licensing agreement for the optimization of genomic analysis on multiple species including marine life with the application of Epigeneron’s ORNi-PCR(R).

ORNi-PCR(R) is a technology that uses short RNA of around 20 bases to suppress the amplification of target DNA sequences in PCR reactions. The application of ORNi-PCR(R) enables the detection of genetic mutations, genome-edited cells, and DNA methylation, enhancing precision and reducing costs by suppressing dominant genera-derived PCR amplification in microbiome profiling in NGS analysis. This joint research to be conducted by Epigeneron and Techno Suruga Laboratory with the aim of eliminating contaminants (irrelevant DNA) and enhancing the precision of genetic analysis through the application of ORNi-PCR(R) when conducting genomic analysis of marine life, etc. is expected to lead to the provision of value-added services for genomic analysis.

Through this joint research, the two companies will provide new value in genomic analysis.

End

[Reference]
About Techno Suruga Laboratory Co., Ltd.
Founded in 1997 as the only company offering contract services “specializing in the identification of microorganisms.” In 2007, the company changed its name to its current company name, and since then has offered distinguished contract analytical services that are one rank above, ensuring greater synergy between “microorganism testing/analysis and physicochemical analysis,” to numerous individuals and organizations ranging from hygiene management to scientific research with the aim of “assessing the risks and health of people and the earth.”

About Epigeneron, Inc.
Epigeneron has as its philosophy to contribute to the advancement of science and evolution of healthcare by promoting new drug discovery/drug discovery support business and biotechnology business through the development of innovative new technologies. Since its founding in April 2015, Epigeneron has based its business activities on two main genome-related technologies. First, Epigeneron has been developing new epigenetic drugs and offering services for the development of epigenetic drugs in an effort to develop treatments for intractable diseases. The company seeks to deliver drugs developed with Epigeneron’s proprietary locus-specific chromatin immunoprecipitation (locus-specific ChIP) technology for the identification of novel drug targets to patients suffering from intractable diseases including cancer and neurology, ensuring that they live full, healthy lives. Second, the company seeks to contribute to enhancing the productivity of research institutions through the use of ORNi-PCR(R), which enhances the precision of NGS analysis and accelerates the detection of genetic mutations. Please refer to https://epigeneron.com/ for details.

Contact for Inquiries Regarding this Release

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)