美容・健康 流通

”毎日使える” 進化した弱酸性レチノールで、肌悩みを気にしないハリに満ちた肌へ。CELASEEQ(セラシーク)からダブルバウンスクリームA誕生

ECH株式会社
2022年9月16日(金)新発売

ECH株式会社(本社:東京都目黒区、代表取締役:井関 貴博)は、「今を超える未来肌」を提案するブランド「CELASEEQ(セラシーク)」から2022年9月16日(金)より『ダブルバウンスクリームA』の販売を開始いたします。






開発背景

レチノールは肌にハリ弾力を与える成分で美容家の間でも人気の高い成分です。しかし、高い効果をもたらす反面、肌への刺激を感じる場合もあり、敏感肌の方から手を出しにくいと言われています。

そこで、CELASEEQは世界初※1となる弱酸性ヒアルロン酸レチノール※2を配合したクリームを開発しました。弱酸性ヒアルロン酸レチノールは、従来※3のレチノールと比較して特有の刺激を感じにくく、敏感肌の方にもご使用いただけます。低刺激でありながら、肌の奥※4に届いて弾むようなハリ感をサポートしてくれます。

さらに、肌の土台※5を整えるコラーゲンアミノ酸や5種のセラミド、機能性ペプチドを配合しており、肌トラブル※6をしっかりケアしながら弾力のあるなめらかな肌に導きます。



商品特徴

■初めてでも「毎日使える」と「顔全体に使える」を叶えたレチノールクリーム
従来※3のレチノールを配合したスキンケアは肌への刺激を感じることがあり、敏感肌の方は慎重に使用する必要があります。ダブルバウンスクリームAに配合したレチノールはヒアルロン酸でカプセル化しているため、レチノール特有の刺激を感じにくく、お顔全体に毎日ご使用いただけます。





■サラッと肌になじんでしっかりうるおうジェルクリーム
肌に溶け込むように広がり、すみずみまで潤いを巡らせます。
また高保湿なのにみずみずしいテクスチャーのため、他のスキンケアの邪魔をしません。





■ハリ弾力の土台※5を整える厳選した美容成分
弱酸性ヒアルロン酸レチノールが肌のハリ弾力をサポートするだけでなく、「コラーゲンアミノ酸」や「5種のセラミド」「機能性ペプチド」「ビタミンP」を組み合わせたことで、肌コンディションをググっと上向きにして跳ねるような弾力肌へと導きます。


■7つのフリー成分
エタノール、鉱物油、着色料、パラベン、香料、石油系界面活性剤、紫外線吸収剤


※1原料メーカー独自開発のヒアルロン酸Naを結合させたレチノール誘導体の処方において 2022年7月株式会社樋口商会調べ ※2レチノイルヒアルロン酸Na ※3当社比較 ※4浸透は角質層まで ※5角質層 ※6乾燥やキメの乱れなど



使用方法

化粧水等でお肌を整えた後、適量(目安:パール粒大2個分)を手のひらに取り、顔全体になじませてください。乾燥やハリ不足を感じる部分には重ね付けしてください。



製品概要

製品名:『ダブルバウンスクリームA』
内容量:45g
価格 :5,980 円(税込) 5,437 円(税抜)
発売日:2022 年9 月16 日(金)
販売 :通信販売
■CELASEEQ 『ダブルバウンスクリームA』ウェブサイト(発売日当日より閲覧可能)
https://lufure.com/product/wbounce_cream_a



CELASEEQについて

新しいテクノロジーをスキンケアと組み合わせ、今までのスキンケア、美容を変える商品をお届けするという想いからCELASEEQは誕生しました。

今の肌と未来の肌を真剣に考え、日々実感のある美を共に作っていきたい。
ありのままの美しさを楽しめるあなたの毎日に寄り添いたい。
CELASEEQ はそんなブランドを目指しています。

ブランドサイト :https://celaseeq.com
公式サイト :https://lufure.com/products_brand/celaseeq
Instagram :https://www.instagram.com/celaseeq_jp
Twitter :https://twitter.com/celaseeq
Facebook :https://www.facebook.com/celaseeq



会社概要

商号 : ECH株式会社 (ECH, Inc)
代表者 : 代表取締役 井関 貴博
所在地 : 〒153-0042 東京都目黒区青葉台3-1-19 青葉台石橋ビル6F
設立 : 2006年2月6日
事業内容: 自社商品の企画開発およびECサイト運営・販売
企業URL: https://www.ec-h.co.jp
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)