美容・健康

プライバシーマークの認定取得 製品開発から販売受注、発送まで一貫して行う「フルフィルメント体制」の導入企業 鈴木ハーブ研究所

株式会社 鈴木ハーブ研究所
鈴木ハーブ研究所(本社:茨城県東海村/代表:鈴木さちよ)は、2022年4月、一般財団法人日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)より、プライバシーマーク(Pマーク)の付与事業者に認定されました。






Pマーク認定取得の背景



鈴木ハーブ研究所は、人のため社会のために尽くしたいとの想いを大切に、肌本来の美しさを目覚めさせるスキンケア商品の開発・販売を展開しています。「パイナップル豆乳ローション」という主力商品を筆頭に、自社で開発した商品を通信販売にて全国のお客様へお届けしています。当研究所は、製品開発から販売、受注から発送まで、自社で一貫して行う「フルフィルメント体制」を導入しています。
個人情報の取り扱いに関する社会の関心が高まる昨今、顧客情報を取り扱う通信販売業として、個人情報保護やセキュリティの重要性を認識し、適切な取り扱いを推進していき、この度プライバシーマーク付与事業者に認定されました。
今後も、お客様に安心してお買い物を楽しんでいただけるよう、プライバシーマーク認定事業者として、個人情報(お客様、お取引様、求人応募者様、当社社員など)を安全に管理することの重要性を十分に認識し、引き続き個人情報の適切な取扱い体制を維持・強化してまいります。


登録証内容

認定年月日:2022年4月22日
登録番号:第10590149号
個人情報保護方針については 「プライバシーポリシー」をご覧ください。
https://s-herb.com/privacy/


プライバシーマーク制度

プライバシーマーク制度とは、日本産業規格「JIS Q 15001個人情報保護マネジメントシステム-要求事項」に適合して、個人情報について適切な保護措置を講ずる体制を整備している事業者等を評価して、その旨を示すプライバシーマークを付与し事業活動に関してプライバシーマークの使用を認める制度です。
※一般財団法人「日本情報経済社会推進協会」の公式サイトより引用
https://privacymark.jp/index.html


鈴木ハーブ研究所について



鈴木ハーブ研究所の企業コンセプトは、「自然」×「科学」。自然が育んだハーブの力と人が生み出した科学の力を用い、『肌本来の美しさを目覚めさせるスキンケア』の研究開発・販売を行っております。自社で研究用にハーブガーデンを所有し、研究所だからこそ実現可能な成分配合や濃度で、イメージや外見に頼らない、本当に「使って良かった」と実感できる商品をとことん追求しております。科学的にも裏付けられた実感力にこだわった商品を開発し、日本国内から海外市場へと日本のモノづくりとハーブの持つ力の素晴らしさを発信し続けています。


会社概要

社名:株式会社鈴木ハーブ研究所
代表取締役社長:鈴木さちよ
本社所在地:〒319-1112 茨城県那珂郡東海村村松2461
URL:https://s-herb.com
設立年:2004年9月
従業員数:45人
事業内容:化粧品の研究開発・販売
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)