流通 美容・健康

高濃度ベイプ製造に最適、結晶化を抑制するCBDディストレート(CRD)を販売開始

OFF株式会社
効果実感の高いベイプが作れるように。新しいCBDディストレート「Crystal Resistant Distillate(耐結晶化蒸留物、通称CRD)」を開発しました

CBD原料の卸売・OEM(製造受託)事業を展開するOFF株式会社(本社:東京都目黒区、代表取締役:駒形・井上、以下「OFF」)が運営するCBD直販サイト「tokyo mooon」が新たに「Crystal Resistant Distillate(耐結晶化蒸留物、以下「CRD」)」原料の販売を開始したことをお知らせいたします。ご注文については、こちら(https://shop.tokyo-mooon.com/collections/raw-materials)から簡単にご購入頂けます。






高濃度でも結晶化しない「CRD」原料とは

CBD市場では、年々「体感のあるCBD商品を使いたい」との顧客の声が高まっております。商品を製造する事業者においても、より効果実感の高い商品の製造ができる原料が求められるようになりました。

これらの事業者ニーズを受けてCBD直販サイト「tokyo mooon」が開発した「CRD」は、CBD / CBC / CBG / CBN と4種のカンナビノイドを含む独自のブロードスペクトラムCBD原料です。特に市場でも需要の高い高濃度ベイプリキッドやオイルなど、液体の製品製造に適しています。

「CRD」の最大の特徴は、結晶化の防止力が高い点となります。結晶化を防ぎ、高い濃度でも液体のまま利用できるように開発されました。4種のカンナビノイドの配合により結晶化を抑制できるだけでなく、更にCBD単体よりも強い体感(アントラージュ効果)を期待できます。濃度が濃くても結晶化しにくく、アントラージュ効果も合わさることで、従来よりも効果実感の強い製品の製造を実現します。

本原料は添加剤を使用しておらず自然に結晶化を防ぐため、体感の強い製品を求めるオーガニック嗜好の方向けの商品にも活用できる原料です。「tokyo mooon」サイトの商品ページ(https://shop.tokyo-mooon.com/collections/raw-materials)よりご購入いただけます。


開発の背景



(10分後でも結晶化を抑制するCRD <例1.> )

多くの事業者はCBDの結晶化問題に悩まされています。特に効果実感の高い商品ニーズに答えようと、高濃度で製造しようとすると発生する問題でした。なぜ結晶化するのかというと通常カンナビノイドの多くは固体のため、単体で使用すると40-50%程度で結晶化してしまいます。

ブロードスペクトラムCBD原料は、ベイプやオイル製品の製造に多く活用事例がありましたが、これまで取り扱ってきた原料では特に高濃度ベイプリキッドが結晶化するという声がありました。

結晶化すると液体が均一では無くなるため味が偏ったり、吸う前に温めて溶かす手間がかかったり、見栄えも悪くなります。

高濃度でも液体の状態を保てるベイプリキッドを作りたいとの事業者のニーズに応えるため、独自配合のカンナビノイド原料(=「CRD」)を考案しました。

【こんなお悩みのある方にオススメの原料です】
高濃度ベイプリキッドを作りたいが、結晶化問題に悩んでいる事業者
CBDベイプリキッドを製造したものの、体感の少なさを課題に感じている個人事業主
鎮静・肌への美容など幅広い効果をもつオイルやスキンケア製品を作りたい方


他の液体ディストレートとの違い





同じCBDブロードスペクトラムの原料の中から選ぶ基準としては、天然の麻由来の匂い成分を感じたいのであれば「B1」や「B2」、カンナビノイドの効果をより強く感じたい、体感を求める商品を作るのであれば「CRD」を推奨しております。

【高いレアカンナビノイド含有量】
B1、B2ではCBD含有率は 60-70% 程度で、各レアカンナビノイド含有率は最も高い場合で 4.3%となります。カンナビノイドが少ない分、ワックスやオイル、匂い成分など、カンナビノイド以外の成分が多く含まれます。

一方で「CRD」は 64+% とCBD含有率はほぼ同等となりますが、各レアカンナビノイド含有率はCBC 16+%、CBG 7+%、CBN 2+%、CBDV 0.3+%となり、より強い体感を得ることができます。また、CBDのみでは見られない鎮静作用や美容効果が期待できます。

【香りが惹き立つ設計で差別化が容易に】
B1やB2に比べるとその匂いは弱く、微かに麻由来の匂いや、カンナビノイド原料の匂いを感じます。

「CRD」は原料自体の匂いが少なく、添加するテルペンの香りが映えるため、顧客ニーズに合わせて独自の製品を作ることが可能となっています。

【安心の自社製造】
特に「CRD」の注意点としては、使用方法を守らないと正しく効果が発揮されない可能性があります。

弊社の「CRD」は自社製造となるため、使用方法についてお困りの場合も直接サポートを行い、性能通りの効果を発揮できるようサポートさせていただきます。また数々のベイプを製造経験のある開発者からも必要に応じた情報提供を行うことが可能です。


製品情報



■ 購入方法
CBD直販サイト「tokyo mooon」
https://shop.tokyo-mooon.com/collections/raw-materials

上記URLからお買い求めください。

■ 成分配合
CBD 64+%、CBC 16+%、CBG 7+%、CBN 2+%、CBDV 0.3+%

CoA(成分分析表)はこちら
https://drive.google.com/file/d/1KIbIPPxt9TFbjsYG34dBsaJgOgJUFn6p/view
※CoAはサイトへの会員登録後にご確認いただけます

■ 原料詳細
製造所:日本
性質:常温で液体(一部個体になる場合がある)
外観:黄土色~赤褐色
風味:草のような香り・多少の苦味
溶解性:油に溶ける
賞味期限:約2年
材料:成熟した麻の茎と種子
パッケージ:ガラスまたはプラスチック
保存方法:直射日光を避け、涼しく乾燥した場所で保管。凍結しない。

■ 使用方法
-1mlのベイプリキッドを作る場合-
単体でカンナビノイド原料として使用しても、その他のカンナビノイドと混合して使用しても期待された効果を発揮します。CRDの活用により、結晶化を防ぎ高濃度のベイプ製造ができるようになります。

例1. CRDのみ:CRD0.9g, テルペン0.1g:合計90%カンナビノイド
ほとんど結晶化せず、湯煎やプレヒートなしで吸引が可能です。

例2. CBD+CRD:CBD0.45g, CRD0.45g, テルペン0.1g:合計90%カンナビノイド
結晶化し、吸引するためには湯煎や繰り返しプレヒートする必要があります。

例3. CBDのみ:CBD0.9g, テルペン0.1g:合計90%カンナビノイド
結晶化し、吸引するためには湯煎や繰り返しプレヒートする必要があります。

【ご使用方法でお困りの場合】
使用方法のご不明点、またはOEM(製造受託)をご希望の場合はご案内させていただきます。
まずはお気軽に以下よりご相談くださいませ。

製造のサポートをご希望の方はこちら
https://shop.tokyo-mooon.com/pages/contact


OFF原料の特徴

■ 合法性と安全性
厚生労働省や食品検疫所の正規の手続きを経て輸入をしており、ベイプやコスメに加え、食品としての使用(ティンクチャーやグミ等)も可能です。原料のテスト結果(CoA)等も含めて透明性を持った情報提供を行い、安心して原料を使用できるように努めています。また、ISO17025を取得している3rd Party Labを厳選し、検査を行っています。

■ 製造工程における各種認証
「Seed to Sales」をコンセプトに、栽培~抽出~保存までの全工程に透明性のある企業と提携しております。USDAオーガニック(無農薬栽培を示すアメリカ農務省による認証)、NON GMO(遺伝子組み替えを行った作物を不使用)、GMP(医薬品の製造と品質管理に関する基準を示すFDAによる認証)、GRAS(一般に安全とみなされる食品に関するFDAの認証)などを取得しております。

■ 信用・実績のあるサプライヤー
米国のオレゴン州・コロラド州に拠点を置くサプライヤーから原料を輸入しています。FDAから委託を受けた大学との共同研究実績や米国でも非常に有名な大手ブランドとの取引実績があります。創業者も大手カンナビス企業の元経営陣であり、カンナビス関連の事業について非常によく精通しております。


「tokyo mooon」について

■ 原料卸事業
CBD商品(原料含む)を海外より仕入れ、新たにCBD事業を始めたい方向けに販売しております。原料については以下の種類を取り扱っております。
・CBDアイソレート
・CBDブロードスペクトラム(B1・B2・B3)
・水溶性CBD
・水溶性CBN
・水溶性ブロードスペクトラム
・CBG
・CBN
・CBC
・テルペン

詳細は下記ページで詳しく紹介していますので、ぜひご覧くださいませ。

【取扱い原料】
https://shop.tokyo-mooon.com/pages/cbd-raw-material
【各原料の説明】
https://shop.tokyo-mooon.com/blogs/blog/cbd-raw-material-explaination
【原料の品質を比較する方法】
https://shop.tokyo-mooon.com/blogs/blog/raw-material-comparison

■ OEM事業
CBN・CBG・CBD関連の原料を活用した、以下商品のOEMも国内工場にて行っております。CBD関連のビジネスを開始する方のパートナーとして「持続的なビジネス構築」を支援し、国内外のCBD市場の情報提供や販路提案も行うことで、共に売上を拡大していくことを目指しています。

・オイル(ティンクチャー)
・ベイプ(使い捨て・510規格・オリジナル規格・ワックス)
・グミ
・カプセル(ソフト・ハード)
・タブレット
・ドリンク(清涼飲料水・ビール・スティックパウチ)
・ビューティ(基礎化粧品・バーム・バスボム)

詳しい進め方は以下の動画をご覧ください。





OFF株式会社について

OFF株式会社は、"Global Cannabis Tech Company"をコンセプトに、CBD関連事業者の持続的なビジネス構築を支援し、国内外のCBD市場の情報提供や販路提案も行うことで共に売上を拡大していくことを目指しています。原料を含む厳選したCBD製品の輸入卸、CBD製品の製造、自社CBDメディアを用いた事業者様のCBD製品の販促など多方面からCBDビジネスの成功をサポートいたします。

所在地:〒153-0064 東京都目黒区下目黒3-1-22 谷本ビル2階B号室
CEO:駒形 俊太郎・井上 裕太
設立:2020年2月
URL:https://off-inc.com/

■ お問い合わせ
本取り組みに関してのご質問、あるいは原料購入やOEMをお考えの方は右記URL( https://shop.tokyo-mooon.com/pages/contact)よりお問い合わせください。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)