美容・健康 流通

【電動ストレッチボールで全身を効率的にピンポイントケア】フィットネスブランドuFitが新商品「uFit Vibrating Ball」を8/18(木)よりuFit 公式オンラインショップにて販売開始

株式会社MAKERS
予防が当たり前の世界をつくるために、お客様のニーズに応えて ピンポイント・振動・手軽さ・コンパクト を兼ね合わせたセルフケア商品を開発、「セルフケアが続かない」「効率的なケアがしたい」あなたへ

株式会社MAKERSが展開するフィットネスブランド「uFit」(https://ufit.co.jp/)は、新商品 「uFit Vibrating Ball」の販売を開始しました。 日本が抱える「実寿命と健康寿命の差が10年もある」という課題を解決するため、私たちuFit はセルフケア商品を通して予防の重要性を伝えております。 しかし、従来のセルフケア方法に対して「1人では背中をピンポイントでケアしにくい」「セルフケアグッズを持ち運びたいけど荷物になる」など、セルフケアが続かない方や効率的なセルフケアを求める方から、様々な声を頂きました。 そこで uFit は、予防が当たり前の世界をつくるために、お客様の悩みを解決するべく、電動ストレッチボール「uFit Vibrating Ball」を開発しました。 「uFit Vibrating Ball」は、従来のセルフケア方法の特徴である「ピンポイント」「振動」「手軽さ」「コンパクト」を兼ね合わせています。全身の部位に対してピンポイントに振動を伝えることができるため、気になる部分を効率的にセルフケアできます。





目次

・uFit Vibrating Ball 6つの特徴
・uFit Vibrating Ball 開発の背景
 - 従来のセルフケアの課題
 - 全身のピンポイントケアをこれ一台で
 - こんなあなたにオススメ
 - ブランドアンバサダー水谷隼 コメント
・uFit Vibrating Ball を使った感想
・uFit Vibrating Ball 商品概要
・uFit 会社概要

■uFit 公式オンラインショップ:https://ufit.co.jp/products/ufit-vibrating-ball


uFit Vibrating Ball 6つの特徴

1. パワフルな刺激をピンポイントで
uFit Vibrating Ball の最大3650回の振動ピンポイントに伝えることで、強い圧をかけなくても体の奥深くまでケアできます。また、筋膜や筋肉を傷つけにくいので筋肉が固まることもなく、非電動のセルフケアグッズよりも、短い時間で効果的に筋肉を緩めることができます。



2. 全身の部位をケアできる
uFit Vibrating Ball を使えば、ふくらはぎ・もも裏・背中など、下半身から上半身まで、全身の部位をケアできます。特に、ひとりではケアしにくい背中もピンポイントに筋膜リリースすることができます。

3.疲れていても手軽にケアできる
全ての操作をボタンひとつで、そしてワンタッチで
行えます。uFit Vibrating Ball に乗るだけでケアできるため、疲れた日でも手軽に疲れを癒せます。また、電源ボタンの凹みにより、使用中に誤操作が起こりにくく、余計なストレスも溜まりません。



4.持ち運んでいつでもどこでもケアできる
uFit Vibrating Ball は直径12cmと片手に収まるコンパクトサイズなので、他の荷物と一緒に職場や練習場へ持ち運べます。また、移動中や休憩中などの隙間時間を活用して、手軽にケアすることができます。

5. 壊れにくい
一般的なストレッチボールは体重をかけすぎると壊れる可能性が高いですが、uFit Vibrating Ball の耐荷重は300kgなので、安心して筋膜リリースできます。



6. コードレスで最長7時間も使用できる
uFit Vibrating Ball は3時間~4時間の充電により、最大7時間使用することができます(レベル1)。充電方法も簡単で、付属のType-C充電ケーブルをお持ちのACアダプターにセットし、コンセントに差し込むだけです。


uFit Vibrating Ball 開発の背景


uFit は“一人一人の健康を支える”をビジョンに掲げ、振動マッサージ器具の「uFit RELEASER シリーズ」や、23種類の栄養素を含んだ完全食の「uFit 完全栄養食」など、生活習慣に寄り添った商品の企画・開発・販売を行っております。
▼従来のセルフケアの課題
これまでお客様からは、

「1人では背中をピンポイントでケアしにくい」
「テニスボールでは十分に筋肉をほぐせない」
「ケアをしたいけど疲れてできない」
「セルフケアグッズを持ち運びたいけど荷物になる」

といったセルフケアに関するお悩みを頂いてきました。

また、従来のセルフケアグッズにも様々な課題があります。
フォームローラーはピンポイントでケアできず、持ち運びが難しいです。また、体を動かす必要があり、ケアをするだけで疲れてしまいます。
非電動のマッサージボールを使うと、筋肉の奥深くまでケアするために強い圧をかけるので、筋膜や筋肉を傷つけてしまう可能性があります。
マッサージガンは背中のケアに向いていません。

このように、どのセルフケア方法にも特徴とトレードオフになるデメリットがあります。

▼全身のピンポイントケアをこれ一台で
「実寿命と健康寿命の差が10年もある。」

日本が抱えるこの課題を解決するために、私たちuFit は「一人一人の健康を支える」をビジョンに掲げ、日本人の健康寿命を延ばすべく、セルフケア商品を通して予防の重要性を伝えております。

セルフケアは継続することで予防へとつながりますが、セルフケア方法に不満があると続けることが難しくなります。これらの不満を取り除き、お客様一人一人に最適な商品を提供するためには、従来のセルフケア方法の特徴を兼ね合わせた商品が必要でした。

そこで uFit は電動ストレッチボール「uFit Vibrating Ball」を開発しました。


uFit Vibrating Ball は各セルフケアグッズの特徴である「ピンポイント」「振動」「手軽さ」「コンパクト」を兼ね合わせることによって、従来のセルフケア方法のデメリットを補い、効率的・効果的なセルフケアを実現しました。

▼こんなあなたにオススメ
「全身をピンポイントでケアしたい」
「効率的に筋肉の奥深くまでケアしたい」
「外出先に持ち運んで使いたい」
「隙間時間で手軽にケアしたい」
「安全に安心してケアしたい」
「壊れにくいセルフケアグッズを使いたい」

そして「セルフケアが続かない」「より効率的なセルフケアがしたい」お客様に uFit Vibrating Ball を届けたいです。



▼ブランドアンバサダー水谷隼 コメント


筋肉の奥深くまで振動が届くところが気に入っています。また、ローラーでほぐしにくい部分をケアできたり、手のひらサイズなので試合会場や練習場に持ち運んで使えたりする点も魅力的だと思います。


uFit Vibrating Ball 商品概要








uFit 会社概要





企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)