ネットサービス・アプリ 美容・健康

【洗顔料を購入した681人が回答】洗顔料を使い続ける理由は「予防効果がある」、約6割がニキビ改善に効果を実感

ナイル株式会社
~「最後の商品」がわかるコスメ・化粧品の美容情報メディアLASELAによる調査~

ナイル株式会社(本社:東京都品川区、 代表取締役社長:高橋飛翔、 以下ナイル)が運営する美容情報サイト「LASELA」は、 2022年4月22日から8月6日の期間中、美容の悩みを抱える10代から50代の女性1,879名を対象に美容の悩みと商品購入に関するアンケート調査を実施いたしました。


■調査結果概要
10代から50代の女性1,879人にアンケート調査を行った結果、美容の悩みを解決するために洗顔料を購入した人は36.2%でした。洗顔料で悩みを解決できた人は購入者の26.0%で、解決できた悩みは「ニキビ」が58.8%と最も多い結果に。効果を実感した人が洗顔料を使い続ける理由は「予防効果がある」であることが分かりました。
https://lasela.jp/articles/3256464835

美容の悩みを解決するため、洗顔料を購入した人は36.2%
洗顔料で美容の悩みを解決できた人は約3割
洗顔料で解決できた悩みは「ニキビ」が58.8%で最多
洗顔料を使い続ける理由は「予防効果がある」「コスパが良い」「肌への負担が少ない」


■調査背景
10代から50代女性1,879人の美容課題と商品購入歴を調査し、洗顔料によって解決できた症状、購入した商品とその購入回数、使い続けている理由、使用感に関する結果を公開致します。

■調査概要
調査対象:全国の10代~50代女性1,879人
調査機関:自社調べ
調査方法:インターネット調査
調査期間:2022年4月22日~8月6日
有効回答数:1,879人(18~19歳:43人/20~29歳:828人/30~39歳:708人/40~49歳:253人/50~59歳:47人)

■美容の悩みを解決するため、洗顔料を購入した人は36.2%
美容の悩みを抱える10代から50代の女性1,879人のうち、症状改善のため「洗顔料」を購入したのは全体の36.2%で681人でした。


■洗顔料で美容の悩みを解決できた人は約3割
洗顔料を購入した681人のうち、悩みを解決できたと回答したのは全体の26.0%でした。


洗顔料で悩みを解決できたと回答した人のコメント ※一部抜粋

皮脂や汚れを洗い落としてくれて溜まっていた皮脂汚れがなくなった
洗った後毛穴の汚れが落ちて肌が明るくなる
汚れが落ちて肌がワントーン明るくなるように感じる
悩みだった毛穴が目立たなくなって肌もしっとりして改善されました
使っていくうちに肌がどんどんトーンアップしていき、乾燥もせずに美白効果がありました


約7割の人は洗顔料では悩みを解決できなかったが、別の美容アイテムが解決に繋がったと回答しています。洗顔料が悩みを解決する商品にならなかった人の理由を見てみると、肌の乾燥や使用感が気になったとの声が多く見られました。

洗顔料が悩みを解決する「最後の商品」にならなかった理由 ※一部抜粋

肌の汚れを落としてはくれるが、保湿がされず乾燥肌になってニキビが悪化してしまった
洗い上がりがすっきりとせず、油膜感がいつまでも残るような感じがした
洗い残しが起きやすかった
毛穴には効果があったが、油分がなくなりすぎてしまい乾燥してしまったのでフェイスラインのニキビが改善することはなかった
クレンジングを洗顔料と併用できるものを使い始めたため、洗顔料を使わなくなった


■洗顔料で解決できた悩みは「ニキビ」が58.8%で最多
洗顔料でどんな美容の悩みを解決できたのか質問したところ、最も回答が多かったのは「ニキビ」で58.8%でした。続いて「毛穴(18.6%)」、「肌荒れ(12.4%)」の順となっています。約6割が、洗顔料によってニキビが改善できたようです。


洗顔料で「ニキビ」を解決できたと回答した人のコメント ※一部抜粋

あわが毛穴の奥まで入っていき、ニキビの原因になる汚れや皮脂を落としてくれる
クリーム状で肌にやさしい上に洗浄力が高く、次の日からだんだんニキビが治っていき、肌もぷるぷるになりました
ニキビケアに非常に特化しており確実にニキビの痕をやわらげてくれた
使ってから数日でニキビが落ち着いただけではなく、ニキビが出来にくい肌質になった
月1回は悩みだった顎下のニキビが一切出てこなくなりました


洗顔料で「毛穴」を解決できたと回答した人のコメント ※一部抜粋

毛穴の詰まりや汚れが解消された
細やかな泡が毛穴を洗浄してくれている気がします
小鼻の周りの黒ずみが薄くなっていた
小鼻の横の角栓をみるみると溶かして綺麗に落としてくれて、よれやすい鼻周りの化粧のりが綺麗になり、毛穴の黒ずみも少しずつ気にならなくなってきた
水で洗い落したころには肌が柔らかく毛穴汚れも目立たなくなる


洗顔料で「肌荒れ」を解決できたと回答した人のコメント ※一部抜粋

敏感肌の私にも低刺激性で肌に優しく、洗顔料はホイップでしっかり洗える
濃密な泡で摩擦レスに洗顔が可能、肌荒れが発生する頻度がかなり低くなりました
摩擦レスに洗顔できるので、使ってるうちにピリピリもなくなり、肌が落ち着いてきた
洗い上がりがすべすべで古い角質が綺麗に取れるような気がした


■洗顔料を使い続ける理由TOP3は「予防効果がある」「コスパが良い」「肌への負担が少ない」
洗顔料で悩みを解決できた人に、洗顔料を使い続ける理由を聞いてみました。その結果、理由として最も回答が多かったのは「予防効果がある(33.9%)」、2番目は「コスパが良い(18.6%)」、3番目は「肌への負担が少ない(11.9%)」となりました。

「予防効果がある」と回答した人のコメントを見ると、症状を改善できた後も使用することで肌トラブルが減った、ニキビ予防のために普段から使い続けているとの声がありました。

「予防効果がある」と回答した人のコメント ※一部抜粋

使い始めてからニキビ跡が薄くなり、新しいニキビが出にくくなった
使い続けるにつれて肌トラブルが軽減されていると実感できている
ストレスや睡眠不足、食生活の乱れから、すぐニキビができてしまうので、予防のためにもこの洗顔を使い続けてます
使いだしてから、肌が荒れることはほとんどなくなりニキビは全くできていない
使ってから一度も肌トラブルを起こしたことはなく肌の調子も上がっている


■ニキビケア洗顔料を選ぶときのポイント【皮膚科医監修】
ニキビケアには、ニキビのタイプに合った洗顔料を使うことが大切。皮脂の汚れを取り除くだけでなく、肌にうるおいを与えて清潔に保ってくれる洗顔料がおすすめです。
同じ洗顔料でもメインとなる洗浄成分が異なることにより、洗浄力は大きく変わります。自分のニキビのタイプに適した洗浄成分が入ったものを選びましょう。

中学生~高校生にできる「思春期ニキビ」と、大人になってからできる「大人ニキビ」では、原因やケア方法が変わってきます。

思春期ニキビ
皮脂の過剰分泌が主な原因。おでこから鼻にかけての皮脂分泌が多いTゾーンにニキビができやすいのが特徴。消炎・殺菌効果のある薬用洗顔料を使ったり、皮脂を洗い流す洗浄力のある洗顔料がおすすめ。

大人ニキビ
20代以降にみられる大人ニキビの主な原因は乾燥。フェイスラインやあご周りなど、皮脂の分泌が少ないUゾーンにできるのも特徴です。肌のバリア機能が低下しているため、洗顔で乾燥してしまわないように、肌にやさしい洗浄力の穏やかな洗顔料で抗炎症成分をプラスするのがおすすめ。


(専門家監修)肌質別おすすめの洗顔料、ニキビの発生を防ぐ洗顔フォームの正しい使い方
ニキビ×洗顔 https://lasela.jp/ranking/acne/094632487
洗顔×乾燥肌 https://lasela.jp/ranking/all/685414547276
洗顔×敏感肌 https://lasela.jp/ranking/all/1504054784
洗顔×混合肌 https://lasela.jp/ranking/all/1465521038
洗顔×脂性肌 https://lasela.jp/ranking/all/456216793


美容の悩みを解決できた「最後の商品」がわかるコスメ・化粧品の美容情報メディア「LASELA」では、美容の悩みに関する調査を今後も行ってまいります。

【LASELAについて】

「LASELA(ラセラ)」は、口コミで高評価な商品は数多くある中で、私にとって「最後の商品」になる美容商品、サービスと効率的に出会えるメディアです。すべての女性を美容の悩みから解放し、「なりたい私になれる」世界を作ることをミッションに、2022年春リリース。
https://lasela.jp/

【ナイル株式会社について】
2007年創業。「幸せを、後世に。」をミッションに掲げ、デジタルノウハウを強みに、マーケティングDX事業と自動車産業DX事業を展開する。
住所: 東京都品川区東五反田1丁目24-2 JRE東五反田一丁目ビル7F
設立: 2007年1月15日
代表者: 代表取締役社長 高橋 飛翔
資本金:3,674,556,838円(資本準備金等含む)
事業内容: マーケティングDX事業、自動車産業DX事業
URL: https://nyle.co.jp/

【本件に関するお問い合わせ】
ナイル株式会社 マーケティングDX事業 メディアテクノロジー事業部(担当:中村)
TEL:03-6409-6805
E-mail:lasela-media@nyle.co.jp

■本データの利用について
1 データはご自由にご使用可能です。情報の出典元として、「LASELA」の名前を明記してください。
2 出典元として、以下のURLへのリンクを設置してください。
https://lasela.jp/articles/3256464835
3 調査結果データについて、加工・改変は許可いたしません。
4 当社がふさわしくないと判断した場合には、転載許可を取り消し、掲載の中止を求めることができます。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)