美容・健康

在宅時間も足裏のコリを”ながらケア” 「ピップエレキバン足裏バンド」が前年比125%と好調!2022年8月19日(金)からは新パッケージにリニューアル

ピップ株式会社
ピップ株式会社(本社:大阪市中央区、代表取締役社長:松浦由治)は磁気の力で血行を改善しコリをほぐす磁気治療器「ピップエレキバン足裏バンド」の出荷数量が前年比125%※1と好調に推移したことをお知らせします。また、2022年8月19日(金)からパッケージデザインを変更し、全国のドラッグストア・量販店・ネット通販などで順次、新パッケージで販売を開始※2します。




※1ピップ調べ 2022年1月~2022年6月出荷実績(数量)
※2現行品の在庫終了後に自然切替となる為、店舗により販売開始時期が多少前後します。予めご了承ください。


好調の要因について

2022年にピップが女性400名を対象とした調査で、足回りの疲れを感じている女性は多いものの、 実際に足裏のコリ・はりをケアしている女性は4割以下ということが判明しました<図1>。多くの方がケアをしていない理由としては「ケアをするのが面倒くさい」「やり方が分からない」「ケアをする時間がない」などが考えられます。しかし同調査では「足裏のコリ・はりなどのケアをしたい」と感じている女性も6割近くいることもわかっています<図2>。

その中で「ピップエレキバン足裏バンド」は「繰り返し使えて経済的である」「効果が高い」「使用方法が簡単」など足裏のコリ・はりに悩むお客様のニーズと、同商品がマッチし前年比を大幅に上回るご好評をいただいているのだと考えられます。就寝時やリラックスタイムに着けるだけで簡単に足裏のコリケアが叶えられ、仕事・家事・育児…と日々忙しく過ごす皆様にうれしい機能が備わっています。






おうち時間で手軽に足裏のコリをケア!


寝ている間も使えて簡単に足裏のコリ・はりをケア!在宅ワーク中にも
「ピップエレキバン 足裏バンド」は足裏のコリ・はりをケアできる磁気治療器です。足にはめるだけと着脱も簡単で、ちょっとしたリラックスタイムや、在宅ワーク中、就寝時にもご使用いただけます。時間を割いてのケアが難しい方でも、普段の生活中で取り入れやすいおすすめの商品です。

◆製品特長
・磁気による血行改善効果!
磁束密度130ミリテスラ※の磁気が、足裏の血行を改善し、つらいコリをほぐします ※1個あたり

・ググっとクッションが気持ちいい!
磁石を3粒内蔵したクッションが歩くたび、足裏を刺激します


・ずれにくく、ぴったりフィット
就寝時や、在宅ワーク中など様々なシーンでご使用いただけます

・水洗い可能で繰り返し使用OK
水洗いが可能で繰り返し使えて経済的

・抗菌防臭加工・速乾
足裏の気になるにおいを防ぐ抗菌防臭仕様。
速乾性※のある素材でムレを防ぎます。 ※足裏にあたる生地のみ


・足のサイズに合わせて選べる2サイズ展開
通常サイズと大きめサイズの2種類を用意しており、
ご自身のサイズに合わせてお選びいただけます
 (大きめサイズはチャネル限定販売)

<着用シーン例>


◆新パッケージにリニューアル


「ピップエレキバン足裏バンド」は、2020年3月に発売された「ピップエレキバン」シリーズ初の足裏に特化したコリケア商品です。

今回のパッケージリニューアルでは、足裏コリの悩みである「ピーンと貼っている状態」をイメージしていただくため、より効果感が伝わるようなメッセージとデザインにしました。
※現行品の在庫終了後に自然切替となる為、店舗により販売開始時期が多少前後します。予めご了承ください。


ピップエレキバン発売50周年

ピップエレキバンは、1972年の誕生から50年。
おうちの薬箱から家族の一員のように見守り続け、頑張る人たちを肩コリから解放してきました。
ピップエレキバンが生まれた当時は高度経済成長期の終盤。日本中が頑張り続け、疲れがピークに達していた頃でした。
この50年で昭和から平成、令和へと時代が移り、社会は大きく変わりましたが、依然として肩コリは日本人の国民病と言われています。
デジタル化によるスマホやパソコン使用の拡大、デスクワークの増加、運動不足…
社会の変化に伴い、人々の身体にコリをもたらす新しい問題も生まれてきています。
ピップエレキバンは変化する生活に寄り添いつづけ、充実した毎日を維持します。

“肩コリゼロを目指して”
これからの50年も頑張る人たちを応援します。




【製品概要】管理医療機器






【一般のお客様からのお問い合わせ先】
ピップ株式会社 お客様相談室 TEL:06-6945-4427
ピップ製品情報ホームページ https://www.pipjapan.co.jp/products/
ピップエレキバンブランドサイト https://elekiban.pipjapan.co.jp/
Twitter公式アカウント https://twitter.com/pip_cp
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)