美容・健康 インテリア・雑貨

新CM「人生100年時代のリスク」篇8/20公開 歯周病菌とたたかい続けるサンスターG・U・M

サンスターグループ
~人生100年時代に向けて、歯周病への気付きを提供~

サンスターグループ(以下サンスター)の歯周病予防ブランド「G・U・M (ガム)」から、人生100年時代に向けて歯周病予防の重要性を伝えるブランドCMを2022年8月20日(土)より放送開始いたします。 動画URL: https://youtu.be/-GQv9kJMEMs



人生100年時代と言われている今、歯周病と全身の関係をつなぐ多くの研究成果の蓄積により、全身の健康を考える上で、改めてお口の健康が注目されています。
歯周病は歯周プラーク(歯垢)の中の歯周病菌がハグキに炎症を起こし、徐々に周りの組織を破壊していく細菌感染症です。症状が進行すると歯を支える骨(歯槽骨)を溶かし、やがて歯が抜けてしまう原因になります。歯を支える骨の部分に炎症が進み、骨が溶け始めるともとの健康なハグキの状態へと完全に戻すことはできないため、まずは進行させないことが重要です。厚労省の調査*1によると、30代以上の約7割が歯周病に罹患しており、一方で、サンスターの調査では、罹患している自覚がある人は約3割と低く、罹患者と自覚者の割合に大きな乖離がみられました*2。当社では、自覚がない方々にも、歯周病対策が必要であること、もしかしたら自分は歯周病であるかもしれないと気付き、適切にケアしていただくことが大切だと考えています。

サンスターでは、1970年代から歯周病研究で有名なアメリカの大学と研究を開始し、歯周病の原因である歯周病菌の研究を幅広く取り組んでまいりました。その成果の一つとして、歯周病菌に有効な殺菌剤CPC*3を見出し、それを配合した歯周病予防製品「G・U・M」ブランドを1989年に発売、以降30年以上に渡り、最新の歯周医学に基づき製品を進化させてきました。
この度、新たな歯周病予防アプローチを提案する「ガム・プラス」シリーズの新発売に先立ち、多くの人が気付かないうちに歯周病にかかっているこの現状、およびG・U・Mが歯周病予防の一助となるブランドであることを改めて新たなブランドCMで伝えます。G・U・Mは今後も一層、歯周病予防の重要性を伝える活動に力をいれてまいります。
*1 平成28年歯科疾患実態調査 *2 サンスター調べ(2018年) *3 塩化セチルピリジニウム

【CM概要】
「人生100年時代のリスク」篇 TV・WEBCM
■TVCM放送
日時:2022年8月20日(土)~
放送地域 :全国
■WEB CM
日時:2022年8月20日(土)~
動画 URL: https://youtu.be/-GQv9kJMEMs

今回のCMでは、巨大なパネルで様々な生活者を投影しながら、30代以上の約7割が歯周病に罹患していることを表現します。さらに、サンスターアメリカ(Sunstar Americas Inc.)で実際に研究員として働くジャーミー エリサ(Jeremy Elisa)がCMに登場し、人生100年時代を100%楽しむためには、歯周病リスクを正しく理解して適切な対策を講じることが大切だということを伝えます。後半ではブランドとしての姿勢・製品ラインナップの幅広さを表現することで、歯周病予防の最適な手段はG・U・Mであることを提案しています。

■CM ストーリーボード
「人生 100 年時代のリスク」篇






【サンスターグループについて】
サンスターグループは、持株会社サンスターSA(スイス・エトワ)を中心に、オーラルケア、健康食品、化粧品など消費者向けの製品・サービスをグローバルに統括するサンスター・スイスSA(スイス)と、自動車や建築向けの接着剤・シーリング材、オートバイや自動車向け金属加工部品などの産業向け製品・サービスをグローバルに統括するサンスター・シンガポールPte.Ltd.(シンガポール)を中核会社とする企業グループです。

100年mouth100年health
人生100年時代、サンスターが目指すのは、お口の健康を起点とした、全身の健康と豊かな人生。毎日習慣として行う歯みがきなどのオーラルケアは、お口の健康を守り、そして全身の健康を守ることにもつながっています。100年食べ、100年しゃべり、笑う。一人ひとり、自分らしく輝いた人生、豊かな人生を送るためにも、お口のケアを大切にしていただきたいと考えています。今後もお口の健康を起点としながら全身の健康に寄与する情報・サービス・製品をお届けすることで、人々の健康寿命の延伸に寄与することを目指していきます。

Newsroom:https://www.sunstar.com/jp/newsroom/
製品情報サイト:https://jp.sunstar.com/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)