医療・医薬・福祉

重度障害者の在宅生活をサポートする土屋が2周年。創業2年で従業員数2000人を突破。

株式会社土屋
株式会社土屋は2022年8月19日で創業2周年を迎え、従業員数は2000名を突破しました。2周年を記念し、インフォグラフィックスを公開します。





■株式会社土屋の概要
株式会社土屋は重度障害をお持ちの方(以下、重度障害者)が在宅生活を行うために、24時間体制で介護サービスを提供している企業です。近年、施設や病院ではなく在宅での生活を望む重度障害者の方が増加しており、国も後押しを始めています。しかしながら在宅生活を望む方の需要に対して供給が追いついておらず、土屋がサービスを提供できているのは在宅生活を希望する方の約3割程度。その他約7割の方はサービスの空きを待つ状況が続いています。

このような状況に対し、土屋は2年前に前会社の事業を一部引き継ぐ形で創業。これまで事業所が無かったエリアへの進出やヘルパーさんの待遇改善、採用のオンライン化など様々な取り組みによって従業員数は創業時の約700人から2年で2000人まで増加しました。本リリースでは、土屋の設立から2周年までの歩みをご紹介します。

■インフォグラフィックス
<コーポレートに関するグラフ>






<クライアントに関するグラフ>






■株式会社土屋代表取締役 高浜敏之のコメント
この度、株式会社土屋は創業2周年を迎えることができました。岡山県井原市で創業して以降、多くの利用者様、自治体の皆様、地域の皆様、そして従業員の皆様に支えられながら拠点を拡大し、現在では全国43都道府県でサービスを提供させていただいております。

この二年間で、重度訪問介護を取り巻く問題は多くのメディアで取り上げられました。コロナ禍で入院患者や施設入居者との面会が制限されたこともその一因です。在宅生活を望む重度障害者が増え、在宅支援の必要性やそれに伴う課題が浮き彫りになりました。誰もが安心して生きられる社会の実現を願う弊社は、これまで課題を抱えつつも光が当たってこなかった重度障害者の「自分らしい生き方」に対して世の中の理解がすすんでいることを大変喜ばしく受け止めています。しかし同時に、まだまだ支援が必要であり、今この瞬間も悩み苦しんでいる人々が存在していることも事実です。

3年目となる今期は、47都道府県どこでも重度訪問介護サービスを受けられる体制づくりに取り組み、一人でも多くの障害を抱える人やご家族の支えとなれるよう、歩みを進めてまいります。

また介護業界の人材課題にも引き続き立ち向かい、企業の成長とともに個人の成長実感を持てる、従業員満足度の高い会社づくりにも取り組んでまいる所存です。福祉分野でのトータルケアカンパニーを目指して、いまだ出会わぬ小さな声に耳を傾けながら3年目も邁進いたします。

■運営会社・株式会社土屋の詳細
・会社名  :株式会社土屋
・所在地  :岡山県井原市井原町192-2 久安セントラルビル2F
・代表取締役:高浜 敏之
・HP   :https://tcy.co.jp/
・従業員数 :2012名
・設立   :2020年8月19日
・事業内容 :
障害福祉サービス事業及び地域生活支援事業、
介護保険法に基づく居宅サービス事業、
講演会及び講習会等の企画・開催及び運営事業、研修事業、訪問看護事業

【本件に関するお問い合わせ先】
PR:楠橋(くすはし)TEL:080-2988-0468 / Email:akio.kusuhashi@ako-inc.com
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)