その他

地球規模でムリ・ムダのない持続的な食料供給産業の創出を目指す大型研究の成果報告会 申込受付中

「ムーンショット型農林水産研究開発事業成果報告会」事務局

世界的な人口増加により、2050年には、食料需要が2010年比で1.7倍になると見込まれています。一方、食料供給面については、生産効率のみを重視した従来の方式だけでは地球の自然循環機能が破綻し、早晩立ち行かなくなるおそれがあります。地球規模の課題というべき、食料増産と地球環境保全を両立するために、生産力の向上とあわせて、環境負荷や食品ロス問題を同時に解決することを目指し、この大型研究開発事業(ムーンショット目標5)が設定され、その中で8つのプロジェクトが進められています。

この事業が開始3年目を迎えるにあたり、生研支援センター(略称BRAIN)は、その成果報告会(中間)を、8月31日(水)9:50~16:50に、東京国際フォーラムのホールD5にて開催します(コロナ禍のため、オンライン会議への参加も推奨)。

当日は、全体を統括するプログラムディレクター(PD)から目標5の趣旨や目指す社会像を説明した後、各プロジェクトを統括する8名のプロジェクトマネージャー(PM)から、食料生産から食料消費までの幅広い分野に関わるこれまでの主な研究成果を分かりやすく報告します。各報告の後には、質疑応答の時間を設けるとともに、外部有識者やゲストを迎えて総合討論を行います。また、成果報告会終了後には、記者の皆様とPD、PMとの懇談の場を設けます。

日本にとどまらず、地球上での食と農のあるべき姿を、ぜひいっしょに考えてみませんか。多くの皆様の参加をお待ちしています。
※ムーンショット型研究開発制度は、我が国発の破壊的イノベーションの創出を目指し、従来技術の延長にない、より大胆な発想に基づく挑戦的な研究開発(ムーンショット)を推進する国の大型研究プログラムです。




「2050年までに、未利用の生物機能等のフル活用により、地球規模でムリ・ムダのない持続的な食料供給産業を創出」を目指して、ムーンショット目標5のプログラムが開始されました。千葉一裕プログラムディレクター(東京農工大学 学長)の下、現在、8名のプロジェクトマネージャーを含む700名の研究者が集まり、「2050年もおいしく食べ続けるために」を合言葉に、挑戦的な課題を掲げ、失敗を恐れず取り組んでいます。2020年12月の研究開始から1年8か月が経過し、これまでの成果を発信し、国民や専門家の意見を募ります。

■開催概要
・イベント名:ムーンショット型農林水産研究開発事業 成果報告会
・日 時:2022年8月31日(水)9:50-16:50(予定)
・開催方法:会場開催およびオンライン配信
・会場:東京国際フォーラム ホールD5 (東京都千代田区丸の内3-5-1)
・主 催:生物系特定産業技術研究支援センター (BRAIN)
・参加料:無料
※新型コロナウイルス感染症の感染状況により、オンライン開催のみに変更(会場参加は中止)となる場合があります。

<お問い合わせ先>
「ムーンショット型農林水産研究開発事業 成果報告会」事務局
E-Mail:moonshot5-seika@stage.ac(受付時間 平日10:00~18:00)
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)