医療・医薬・福祉

看護師、介護福祉士が介護保険外サービスFC「まごころサポート」に参入

株式会社Flow
話題のFCまごころサポートに強力な店舗「まごころサポート千葉東葛Flow店」誕生

2022年8月より、千葉県市川市で始動開始。全国160店舗の加盟店を持つFCまごころサポートに株式会社Flowが参入しました。看護師、介護福祉士だからこそできる、質の高いサービス提供を目指します。 一緒に働くシニアライフコンシェルジュ随時募集中


株式会社MIKAWAYA21が提供する「まごころサポート」
地域密着型の介護保険外サービスとして全国160店舗を超えるFC加盟店があります。
多くは新聞配達業、牛乳販売店などが占める中、今回看護師、介護福祉士が所属する株式会社Flowが参入することとなりました。



Flowは、2020年11月に創業し、生きがいを持って生きている人は活き活きしているをコンセプトに、生きがいややりがいを持ち自律した人材の育成や孤立したママへのサポート、シニア層に対する介護相談などを行ってきました。私たちは、看護師や介護福祉士として働く中で、介護保険や医療保険でできることへの限界を現場で強く感じていました。また、MIKAWAYA21の開発したまごころボタンがシニアに強く貢献できるのではないか、という現場視点からの参入です。
ちなみに株式会社Flowの店舗名は「まごころサポート千葉東葛Flow店」です。



このまごころボタンは、コンセントに差すだけで可動ができ、安否確認、内服確認、音声録音に加え、直接電話オペレーターとコンタクトを取れ、ワンストップでシニアのお困りごとを解決できるというものです。
介護保険外サービスは複数あるがワンストップで提供されるサービスは今までにない、という点でとても画期的で魅力的な商品です。

しかし、物は使い方次第だとFlowは考えています。
真に利用者のためのサービスを提供するためにはシニアの困りごとだけでなく、シニアを取り囲む家族や社会の困りごとを熟知している必要があります。そこで私たちFlowの出番と考えました。
訪問看護や病院の地域連携室の困りごと、訪問介護やケアマネージャーのお困りごとに精通したFlowだからこそできるQOL(人生の質)を向上させるサービスがそこにはあると考えています。
例えば、夫が亡くなってしまった独居の高齢女性の場合、料理を作るのが億劫になってしまい、お菓子などで食事を済ませてしまう場面はよくあることです。一般的な思考では、宅食サービスを導入するなど単的に捉えがちですが、Flowは違います。
この高齢女性の困りごとは、料理を作るという社会的な役割が喪失してしまったこと、身近に人がいなくなって生活にハリが生まれていない、存在価値を感じられていないことにあると分析できます。
そのため、Flowの支援は料理を一緒に食べる、子ども食堂で腕を奮ってもらう、地域の会合に誘い、人とのコミュニケーションの場に出てきてもらうなどを考えます。
これが、一般的な思考とFlowの考える介護保険外サービスの違いです。
それ以外にも、介護保険の手続きの仕方や老人ホームの紹介、終活や健康相談などあらゆるサポートを提供予定です。
千葉東葛エリアを中心に展開していきます。

店舗情報
まごころサポート千葉東葛Flow店

営業時間:月~日 9:30~21:30
定休日:木曜、祝日
住所:千葉県市川市東大和田2−6−7
アクセス:JR本八幡駅より徒歩10分

会社概要
株式会社Flow
代表:大塚倫也
本社住所:東京都江戸川区北小岩4−16−11−507
URL:https://flow-pro.jp
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)