医療・医薬・福祉 ネットサービス・アプリ

「HELPO」が家族の見守りや将来への備えを支援するアプリ「ファミリーネットワークサービス」と連携

ヘルスケアテクノロジーズ株式会社
~人生100年時代の社会課題に取り組むSMBCファミリーワークスと提携~


ソフトバンク株式会社の子会社であるヘルスケアテクノロジーズ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長 兼 CEO:大石 怜史、以下「ヘルスケアテクノロジーズ」)は、株式会社三井住友銀行の子会社で、人生100年時代の社会課題に取り組む株式会社SMBCファミリーワークス(以下「SMBCファミリーワークス」)と提携しました。この提携に伴い、SMBCファミリーワークスが2022年8月22日から提供するアプリ「ファミリーネットワークサービス」において、ヘルスケアテクノロジーズのヘルスケアアプリ「HELPO(ヘルポ)」が利用できるようになります。

「ファミリーネットワークサービス」は、人生100年時代に向けて、「おかね」「健康」「生活」の3つの観点から家族のリスクを可視化した上で、両親の見守りや、将来への備えに向けた家族のコミュニケーションを支援することを目的としたアプリです。「HELPO」は、ヘルスケアテクノロジーズに所属する医師や看護師、薬剤師などの医療の専門家に、チャット形式で24時間365日、気軽に健康に関する相談をすることができる健康医療相談チャットサービスなどを提供するアプリです。

「ファミリーネットワークサービス」と「HELPO」の連携により、「ファミリーネットワークサービス」の利用者※は、可視化された健康リスクの予兆や、提案された対策などを踏まえて、同アプリ内で「HELPO」の健康医療相談チャットサービスを利用し、本人や家族の健康に関して気になる点をいつでも相談することが可能です。また、条件に合う病院や診療所を簡単に検索できる病院検索サービスと、一般用医薬品や健康食品などを購入して自宅で受け取ることができるECモール「HELPOモール」も利用できます。いずれのサービスも「ファミリーネットワークサービス」内で利用できるため、「HELPO」のアプリのダウンロードが不要で、サービスのシームレスな利用を実現します。

ヘルスケアテクノロジーズは、今後も「HELPO」の提供を通して、利用者の健康増進・管理に貢献することを目指します。

「ファミリーネットワークサービス」の詳細は、以下をご覧ください。
https://family-networkservice.onelink.me/UEwu?af_ios_url=https%3A%2F%2Fwww.family-network.jp%2Fspecial%2Flanding01.html&af_android_url=https%3A%2F%2Fwww.family-network.jp%2Fspecial%2Flanding01.html&c=HELPO&af_adset=press_release&pid=HELPO

「HELPO」の詳細は、以下をご覧ください。
https://healthcare-tech.co.jp/service/

※ 「ファミリーネットワークサービス」のプレミアムプランへの加入が必要です。


・SoftBankおよびソフトバンクの名称、ロゴは、日本国およびその他の国におけるソフトバンクグループ株式会社の登録商標または商標です。
・その他、このプレスリリースに記載されている会社名および製品・サービス名は、各社の登録商標または商標です。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)