教育・資格・人材

【日本メディカル心理セラピー協会】心も身体も不調を感じている人が続出。不調を感じた時のケア方法について徹底調査!!

日本メディカル心理セラピー協会
健康で明るい未来を過ごしていくために

日本メディカル心理セラピー協会(本社所在地:東京都墨田区)は、全国20代~50代の男女を対象に「心身の不調とケア」に関する調査を実施しました。



近年、新型感染症の影響もあり健康を意識するようになったという人も多いのではないでしょうか。厚生労働省が行った調査において、日本の平均寿命は例年、国際的にトップクラスの数字を誇っています。

しかし、平均寿命とは別に「健康寿命」というものがあることはご存じですか?

これは健康上の問題で日常生活を制限されずに生活することができる期間、つまり介護も必要なく、元気に過ごすことができる期間のことをいいます。

もちろん、健康寿命でも世界トップクラスを誇っている日本ですが、日本人の健康に対する意識は世界的にみてかなり低いという調査結果が出ています。
人生100年時代ともいわれている中で、これから心身の不調に対してどのようにケアしていくことが大切なのでしょうか。

そこで今回、日本メディカル心理セラピー協会(https://www.domap.net/)は、全国20代~50代の男女を対象に心身の不調とケアの方法に関する調査を実施しました。



【現在の健康状態は?】心身の不調を訴えているのは約9割!


今回の調査にあたって現在、健康に関する悩みを抱えている人がどのくらいいるのか、そしてその不調の理由として思い当たることはないか調査しました。



調査の結果、約9割の人が何らかの不調を感じているという回答がありました。

理由として、1番多かった回答は「ストレス」です。まだまだ新型コロナウイルスの終息がみられない中、ストレスを抱えている人は少なくないでしょう。他にも回答が多かった「睡眠不足」「運動不足」「仕事」「人間関係」もストレスと密接に関係していると考えられます。



【健康第一!】元気に過ごすために身体のメンテナンスを大切に。


健康的な身体づくりは元気に過ごす上での基本となります。
身体に不調を感じた時に、どのように対処するのか調査しました。

やはり1番多い回答は「病院を受診する」でした。専門知識を持った人から診てもらうことは安心にも繋がります。その反面、日本は社会保険などの制度が整っているため、何かと医療機関に頼りすぎてしまうこともあります。健康でいるためには、医療機関を受診することはもちろん大切ですが、日常生活における食事や運動などの自己管理にも意識を向ける必要があります。




【心も大切に!】メンタルケアにも目を向けてみましょう。


身体の健康だけでなく、心の不調に気付いてあげることも元気に過ごす上で大切です。
では、心の不調を感じた時はどのような対処をするのでしょうか。

身体の不調の時とは変わり、「自分で解決する」という回答が1番多い回答となりました。
自己解決できることはしていくべきですが、第三者に話すことで新しい考え方や答えを見つけることができます。1人で抱え込まず相談をしてみるといいかもしれません。



【気分転換も忘れずに】サロンを利用して気分もリフレッシュ!


不調を感じた時に、医療機関の受診や自己解決のほかに施設を利用することもおすすめです。サロンなどの施設を利用することで気分がまた変わり、元気に過ごすことが出来ます。

これまでに不調などをサロンでケアをしたことがあるか、または現在ケアをしているのかという質問に対して、「ケアとしてサロンを利用していない」と回答した人が1番多い結果となりました。時間や金銭的な負担もかかるため、なかなか行こうと決断できない人が多いのかもしれません。



未来のために】健康に過ごすためにやるべきことは…。


これまでの調査では、身体や心の不調に対する対処法をみてきました。
しかし、健康に過ごすためには、スキルを持ち、前もって不調備えておくということも必要です。
そこで、どのようなスキルが健康のために役立つと思うか調査してみました。


1番多い回答は「質のよい睡眠」でした。その他にも、食や運動に関する知識と回答も多くみられました。また、身体の面だけではなく、「ストレスケア」なども役に立つのではないかと思っている人も多いようです。

自身で知識を持っているだけで、心身の不調を防ぐことができ、自由に元気に健康で過ごすことができます。
「セルフメンテナンス」ができるようになると、今までとはまた違う生活を送ることができるのではないでしょうか。



【まとめ】資格を取得して心身の不調をケアし、元気な生活を送ってみませんか?



日本メディカル心理セラピー協会(https://www.domap.net/)は、心のケアを中心とした技術の各スキルの水準がある一定以上であることを認定するものです。

各スキルを有する技術者として備えるべき能力についての水準を示すことにより、それら技術の向上に資すること、また、各スキルを利用する企業、現場が人員の採用を行う際に役立つよう客観的な評価の尺度を提供し、これを通じて各スキルの技術者の社会的地位の確立を図ることを目的としています。

“メンタル心理ヘルスカウンセラー”をはじめ、さまざまな心理カウンセラーの資格を認定しています。
(メンタル心理ヘルスカウンセラーの資格ページ:https://www.domap.net/shinri/health/

インターネットを利用して実施される本試験は、全国各地、自宅からでも受験でき、忙しい社会人や主婦の方も挑戦しやすい試験となっています。
各スキルの社会的地位の確立、技術水準の向上を目的に、試験の実施、各種認定証の発行を行っています。

誰かの力になりたい方、仕事の幅を広げたい方、ビジネスでチームマネジメントをしている方、日本メディカル心理セラピー協会(https://www.domap.net/)で専門知識を身に付けてみてはいかがでしょうか?

■お問い合わせ:https://www.domap.net/kyokai/toiawase/

調査概要:「心身の不調とケア」に関する調査
【調査期間】2022年7月20日(水)~2022年7月27日(水)
【調査方法】インターネット調査
【調査人数】250人(全国20代~50代の男女)
【モニター提供元】日本メディカル心理セラピー協会
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)