医療・医薬・福祉

世界がん撲滅サミット2022 in OSAKA公式ポスター完成!

世界がん撲滅サミット2022実行委員会

2022年11月3日(木・祝)午後1時より大阪国際会議場で開催される『世界がん撲滅サミット2022 in OSAKA』(https://cancer-zero.com)。

このたび、広報用のポスター、チラシが完成した。


上部に配置された写真には中央に原丈人大会長、右隣に世界の中村祐輔氏、Muse細胞の発見者・出澤真理氏、そして中村祐輔氏と共にノーベル賞候補となっている制御性T細胞の発見者 坂口志文氏、そして原大会長の左隣には米国代表のマークJ.ラテイン教授、欧州臨床腫瘍学会元会長ジャン=イヴ・ブレイ教授、さらに左には腸管免疫研究の世界的リーダーフランシス・チャン教授という豪華な顔ぶれだ。


代表顧問・提唱者 中見利男氏

これについて代表顧問・提唱者の中見利男氏は、「どんな先駆的研究者も最初は試行錯誤の連続でした。もちろんエビデンスなどあるわけがありません。しかし、この方々は一つの事象を徹底的に追究して医療を発展させてきたのです。しかし日本はこうした人々をすぐにインチキだの、怪しいだの、と揶揄するだけで支援をしていこうという流れを作り出せないまま基礎研究の力がどんどん衰退していったのです。今こそ、がん医療を今以上に進歩発展させるべきときです。副作用に苦しむことなく治療を続け、やがて寛解すればそれが一番いいのですからね。その努力すらせずに相手を貶めるだけの標準治療ファシズムの流れをそろそろ断ち切りましょう。たとえ彼らが患者の方々を洗脳し、煽っても我々はそれが悪質とみなせば刑・民を問わず躊躇なく法的措置に出ます」

我々も、この日はがん医療について考える1日にしたい。
現在、大会HP(https://cancer-zero.com)にて入場エントリーを受け付けている。入場は無料。ただし、入場券が必要。
お問い合わせは大会HP(https://cancer-zero.com)を通じて大会事務局までメールで受け付けている。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)