食品・飲料 美容・健康

「血流改善※」「腸活」ダブルヘルスクレームの【機能性表示食品】へ、リニューアル飲むカカオ「カカオの力<CACAO70>」8月23日発売

森永製菓株式会社
※末梢の血流を改善し手先表面を温かく保つ

森永製菓株式会社(東京都港区芝 代表取締役社長・太田 栄二郎)はハイビターココア「カカオの力<CACAO70>」シリーズを2022年8月23日(火)より「血流改善(末梢の血流を改善し手先表面を温かく保つ)」と「腸活(カカオリグニンが、便通の気になる方のおなかの調子を整える)」のダブルヘルスクレームの『機能性表示食品』としてリニューアル発売いたします。


本品にはカカオポリフェノール(フラバノールとして)とカカオリグニン※が含まれます。カカオポリフェノール(フラバノールとして)は、冷えにより低下した末梢血流を改善し、手先の表面温度を温かく保つ機能があります。カカオリグニンは、便通が気になる方のおなかの調子を整える機能が報告されています。
本シリーズは、濃厚なカカオ感と控えめな甘さがおいしい、大人の皆様にこそ飲んでいただきたいココアです。このたびの機能性表示食品としてのリニューアルを機に、健康飲料「飲むカカオ」として訴求してまいります。
パッケージは、カカオポッドシズルを配置したカカオの力強さ、おいしさを感じさせるデザインに、「血流改善(末梢の血流を改善し手先表面を温かく保つ)」「腸活」のヘルスクレームをわかりやすく表示し、おいしさと機能性を伝えるデザインに変更しました。
森永製菓は、2030ビジョン『森永製菓グループは、2030年にウェルネスカンパニーへ生まれ変わります。』を定めました。120余年の歴史で培った信頼と技術を進化させ、あらゆる世代のウェルネスライフをサポートしてまいります。
※『カカオリグニン』とは:カカオ豆に含まれる不溶性食物繊維の一種です。



■森永製菓のココア機能性研究
<血流改善(末梢の血流を改善し手先表面を温かく保つ)>
健常な成人男女において、カカオの力<CACAO70>を飲用した場合、対照飲料を摂取した場合と比較して皮膚血流量が40~60分の間に高く維持されることが明らかになりました。同様にサーモグラフィー画像(右図)による皮膚温度もココアを摂取した場合に対照飲料に比べて高く推移することがわかりました。




<腸活(カカオリグニンが、便通が気になる方のおなかの調子を整える)>
ココアには食物繊維の一つであるリグニンが多く含まれています。カカオリグニンを1日1.5g摂取することで、便秘傾向の成人(便通が気になる健常者)において「便通(排便回数、排便量)」の改善が認められ、整腸作用を高めることが確認されました。
※研究レビュー採用論文のうち、日本人を対象とした試験結果を事例として提示しており、本製品を用いた臨床試験ではありません。

研究担当者からひとこと
森永製菓が20年以上取り組んできたココアの冷えの改善や整腸作用に関する機能を科学的に証明し、商品パッケージに表示するかたちで広くお客様にお知らせできることを大変うれしく思います。研究の成果を、毎日続けて飲みやすい、おいしさと機能性のバランスにこだわって仕立てたのが機能性表示食品「カカオの力<CACAO70>」です。皆様の日々のすこやかな生活にぜひお役立ていただきたいと思います。

■届出内容
●届出表示:本品にはカカオポリフェノール(フラバノールとして)とカカオリグニンが含まれます。
カカオポリフェノール(フラバノールとして)は、冷えにより低下した末梢血流を改善し、手先の表面温度を温かく保つ
機能があります。カカオリグニンは、便通が気になる方のおなかの調子を整える機能が報告されています。

カカオの力<CACAO70>
●機能性関与成分 : カカオポリフェノール(フラバノールとして)30mg カカオリグニン1.5g
●届出番号:G1257
●一日摂取目安量:1日1杯20gを目安にお召し上がりください
●届出内容詳細:消費者庁HP
https://www.fld.caa.go.jp/caaks/cssc02/?recordSeq=42204271200203

カカオの力<CACAO70>スティック
●機能性関与成分 : カカオポリフェノール(フラバノールとして)30mg カカオリグニン1.5g
●届出番号:G1260
●一日摂取目安量:1日1本を目安にお召し上がりください
●届出内容詳細:消費者庁HP
https://www.fld.caa.go.jp/caaks/cssc02/?recordSeq=42204270010200

■機能性表示食品とは
事業者の責任において、科学的根拠に基づいた機能性を表示した食品です。販売前に安全性及び機能性の根拠に関する情報などが消費者庁長官に届け出られたものです。ただし、特定保健用食品とは異なり、消費者庁長官の個別の許可を受けたものではありません。(消費者庁HPより)
※食生活は、主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを。
※本品は、疾病の診断、治療、予防を目的としたものではありません。

■商品概要


企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)