出版・アート・カルチャー

【早くも増刷決定!】「読むほどに長生きしたくなる」現役日本最高齢ピアニストの生き方。『マヤコ一〇一歳 元気な心とからだを保つコツ』

株式会社小学館
100歳を過ぎても、自分らしく、心豊かに暮らす「マヤコ語録」



人生100年時代の生きる手本!
現役ピアニストとして活躍し、ひとり暮らしの日々を満喫するマヤコさんの周囲では、なぜか笑いが途絶えません。100歳を過ぎても、自分らしく、心豊かに暮らす「マヤコ語録」から元気と勇気が伝播するからです。
そんなマヤコさんの生き方や考え方をNHK総合『おはよう日本』、NHKEテレ『視点・論点』、テレビ朝日系『徹子の部屋』、朝日新聞、読売新聞など、コロナ禍以降、多くのマスメディアがこぞって紹介しています。
「長く生きてきたから偉い、なんてことはない」と、今まであえて語らなかったマヤコさんの本音とは? 本書では、健康長寿の秘訣はもちろんのこと、年を重ねても自分らしく豊かに生きる指針を仔細に綴ります。

«「なぜ100歳を過ぎても元気なのか」
と、よく尋ねられるようになりました。
きっと「人の目」を気にしないことがいいのね。
ピアノを選んだのもわたし。
結婚せずにひとりでいるのもわたし。
眠くなったら「からだがノーって言ってる」とさっさと寝てしまうのがわたし。
相手にも頼りたくないし、求めない。
食べたいものを食べ、やりたいことをやる。
からだと心の自然に任せた生活で、人の言うことは聞きません(たまに医者の言うことも無視します)。
「老いては『子』に従え」と言いますが、「老いては『個』に従え」ではないかと。
わたしという「個」、わたしの「心とからだ」の声に従って生きてきたからこそ、年齢を重ねても、いつまでも幸せに生きられています。
(本書「はじめに」より)

こちらは本書の内容の一部です。

100歳になって毎日が発見
10代のころの疑問に、100歳になってから出会う
君子嘘つきに近寄らず
遠くの親戚より近くの他人
「お肌がきれい」と言われることも
長生きのために肉を食べる
昔の和食は濃い味付けだった
ドイツでのロマンス
成長を見せ続けるのがプロ
親友の葬儀に行かなかった理由
歩くことが大好き
今日も鍵盤に手を置く
死ぬ場所は問わない
人生に終わりはない


数々の老後の不安から解放してくれる、笑いと共感に満ち、ちょっぴり感動の愉快爽快エッセイ!

〈目次〉
はじめに
1 老いて幸せ。楽しき日々
2 元気なからだの作り方
3 一〇一歳になってわかったこと
4 生涯現役を貫くために
5 終活はいらない
おわりに

----------------------------------------------------------------------
『マヤコ一〇一歳
元気な心とからだを保つコツ』

著/室井摩耶子
定価:1320円(税込)
判型/頁:新書判/192頁
小学館より発売中
(2022年7月28日発売 たちまち増刷!)
本書の紹介ページはこちらです↓↓↓
https://www.shogakukan.co.jp/books/09388868
-----------------------------------------------------------------------

【著者プロフィール】
室井摩耶子(むろい・まやこ)
大正10年4月18日、東京生まれ。6歳でピアノを始める。東京音楽学校(現・東京藝術大学)を首席で卒業後、同校研究科を修了。昭和20年1月に日本交響楽団(NHK交響楽団の前身)演奏会でソリストとしてデビュー。昭和30年、映画『ここに泉あり』にピアニスト役(実名)で出演。昭和31年にモーツァルト「生誕200年記念祭」に日本代表としてウィーン(オーストリア)へ派遣され、同年、第1回ドイツ政府給費留学生としてベルリン音楽大学(ドイツ)に留学。以後、海外を拠点に13か国でリサイタルを開催、ドイツで「世界150人のピアニスト」に選ばれる。59歳のとき、演奏拠点を日本に移す。CDに『ハイドンは面白い!』など。平成24年、新日鉄音楽賞特別賞を受賞。平成30年度文化庁長官表彰。令和3年、名誉都民に選定される。101歳のいまも活躍する現役の日本最高齢ピアニスト。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)