美容・健康 医療・医薬・福祉

自宅でできる郵送ホルモン検査サービス「canvas (キャンバス)」から、卵巣年齢の測定に特化した「AMH Check」を2022年8月23日(火)より発売開始。

株式会社 Vitalogue Health
~発売開始に伴い、発売キャンペーン、オンラインセミナーも実施~

ホルモン検査を起点に、女性のライフイベントを支えるヘルスケアサービスを提供する株式会社Vitalogue Health(バイタログヘルス、本社:東京都渋谷区、代表取締役:長谷川彩子、以下当社)は、自宅でできる郵送のホルモン検査サービス「canvas (キャンバス)」から、卵巣年齢の測定に特化した「AMH Check」を、2022年8月23日(火)よりcanvas公式サイトにて発売開始することをお知らせいたします。






自宅でできるホルモン検査canvasとは


『canvas』は、自宅でできる郵送ホルモン検査サービスです。検査キットを使って自宅で簡単に自己採血を行い、ホルモン状態をチェックすることができます。PMS(月経前症候群)や生理痛、妊娠、更年期と、女性は一生を通してホルモンに大きな影響を受けて生きています。年齢や月の生理周期によるホルモンの変化について知ることで、ライフスタイルやキャリアプランの選択肢を自分で選び自分で変えていくひとを増やしたい、「canvas」はそんな願いから誕生しました。




今回発売する「AMH Check(卵巣年齢)」の発売背景


canvasではWomen’s Fertility Check※1 (妊孕性)の中でもAMHを測定しておりましたが、AMHの値だけが知りたい、より安価にセルフチェックしたいというご要望にお応えして、この度AMHのみを測定するキットを発売することにいたしました。

※1 妊娠において不利な状況がないかどうかを調べるための検査キット


■AMH とは

AMH(アンチミューラリアンホルモン)とは、発育過程にある卵胞から分泌されるホルモンです。その値は、卵巣内にどれぐらい卵の数が残っているか(「卵巣予備能」といいます)を反映すると考えられています。

妊娠には卵子の質と数の二つが関連しており、卵子の質は年齢に相関するため、AMHの値(卵子の数)=妊娠率ということではありません。ただ、不妊治療がいつまでできるかの指標として考えることができるため、子どもを持つのかどうか、いつから妊活を始めるかどうかといったライフプランを考えることに役立ちます。また、AMHが高すぎる場合には多嚢胞性卵巣症候群(たのうほうせいらんそうしょうこうぐん)(PCOS)が疑われるため、AMHを測定することで疾患の発見にもつながります。




検査の手順と検査結果


(手順)
canvasウェブサイトで、キットに付随するバーコード番号を入力し、会員登録します。自宅に届くキットを使って血液を採取し返送すると、検査レポートが10日以内にマイページに届きます。

(検査レポート)
検査レポートには、最新の医学エビデンスに基づいて医師がコメントを付けています。普段病院では時間が足りずにきちんと理解するのが難しかったホルモンとあなたの身体について、マイページにわかりやすくまとまっています。






発売キャンペーン


AMH Checkの発売開始に伴い、9月5日(月)までの2週間限定キャンペーンを実施します。

・卵巣年齢をチェックできる「AMH Check」
定価:15,400円(税込)
先行販売:12,320円(税込) (定価から 20%OFF)

・妊娠を見据えた健康チェックができる「Women's Fertility Check」
定価:29,700円(税込)
先行販売:23,760円(税込) (定価から 20%OFF)

・更年期を見据えた健康チェックができる「Menopause Check 」
定価:19,800円(税込)
先行販売:15,840円(税込)(定価から 20%OFF)



共同オンラインセミナーイベントの実施




【開催概要】

■ 開催日時: 2022年8月24日(水) 19:00~20:00
■ 参加方法: Zoomウェビナーとなります。STORES又はpeatixからお申込みください。
■ 参加人数:500名様先着順でのご案内となります
■ 費用  : 無料
■ 登壇者 : グレイス杉山クリニックSHIBUYA院長 岡田有香先生
       Grace Bankエヴァンジェリスト 金藤美樹穂さん
       株式会社 Vitalogue Health CEO 長谷川彩子

■申し込みURL:

〈STORES〉
https://coubic.com/grace-bank/545797
※ ご予約確定メール下部に記載されているZoomのURLからご参加ください。

〈 peatix 〉
https://peatix.com/event/3329132/view
※ お申込み完了メールからイベントページに遷移し、記載されているzoomのURLからご参加ください。



Vitalogue Health代表経歴




長谷川 彩子(はせがわ あやこ)
Vitalogue Health代表取締役CEO
東京大学薬学部・薬学系研究科卒(神経科学・薬理学)
London Business School MBA修了。薬剤師、漢方認定薬剤師

アクセンチュア株式会社にて通信、製薬業界等のクライアントに対するM&A・新規事業・戦略コンサルティングに従事。イギリス留学から帰国後、ゴールドマン・サックス証券にてTMT/ヘルスケアセクターにおけるアドバイザリー業務に従事。株式会社アカツキの投資プロジェクト Heart Driven Fundを経て、自身の経験をもとに、女性が自分の身体と向き合い人生の選択肢を広げるきっかけを増やしてほしいという想いから2020年4月にVitalogue Healthを起業。郵送のホルモン検査キットを使い自宅で自分の身体の状態を知ることができるサービス「canvas(キャンバス)」を開発。


会社概要


株式会社 Vitalogue Health(バイタログヘルス)

代表者 代表取締役 長谷川彩子

所在地 〒150-0002 渋谷区渋谷3-1-9YAZAWAビルUCF3F

設立日 2020年4月27日

事業内容 検体検査事業の企画・開発・販売

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)