美容・健康 医療・医薬・福祉

【Vitalogue Health】トイレでナプキンが”受け取れる”当たり前をつくる「トレルナプロジェクト」初となる広告出稿の実証実験に参加。2022年8月20日(土)から放映を開始いたしました。

株式会社 Vitalogue Health
ホルモン検査を起点に、女性のライフイベントを支えるヘルスケアサービスを提供する株式会社Vitalogue Health(バイタログヘルス、本社:東京都渋谷区、代表取締役:長谷川彩子、以下当社)は、株式会社ネクイノ(大阪市北区、代表:石井 健一)が実施する、トイレで生理用ナプキンが無料で受け取れる当たり前をつくる「トレルナプロジェクト」初となる広告出稿の実証実験に参加。2022年8月20日(土)から広告放映を開始いたしました。






トレルナプロジェクト」広告出稿について

「トレルナプロジェクト」は、トイレットペーパーがトイレに常備されているように、生理用ナプキンがトイレで受け取れる体験をあたりまえにしていくために、生理に向き合う当事者やトイレの所有者など、各種ステークホルダーのニーズを抽出する共創型実証実験です。

今回の「トレルナプロジェクト」では、初となる広告出稿実験を実施し、広告出稿をするほか、一部の広告では本広告のみで表示するキャンペーンを行って効果の立証をするなど、新しいトイレ空間の広告がどのように作用していくかということを実証実験を通して明らかにしていく取り組みです。


参加背景について

当社はヘルスケアサービス「canvas」の提供を通じ、女性がホルモンケアをする”あたりまえ”を目指し、多様なライフスタイルの実現サポートに取り組んでいます。

そのため「トレルナプロジェクト」の「ナプキンを社会のあたりまえに」という理念に共感し、この度実証実験への参加を決めました。

今回の実証実験を通じ、自宅でできる郵送ホルモン検査サービス「canvas」を多くの方に知っていただき、女性にとって自分のからだとこころに向き合う「あたりまえ」を広げていきたいと考えています。


自宅でできる郵送のホルモン検査サービス「canvas」とは



『canvas』は、自宅でできる郵送ホルモン検査サービスです。検査キットを使って自宅で簡単に自己採血を行い、ホルモン状態をチェックすることができます。PMS(月経前症候群)や生理痛、妊娠、更年期と、女性は一生を通してホルモンに大きな影響を受けて生きています。年齢や月の生理周期によるホルモンの変化について知ることで、ライフスタイルやキャリアプランの選択肢を自分で選び自分で変えていくひとを増やしたい。『canvas』はそんな願いから誕生しました。





代表プロフィール





長谷川 彩子(はせがわ あやこ)
Vitalogue Health代表取締役CEO
東京大学薬学部・薬学系研究科卒(神経科学・薬理学)
London Business School MBA修了。薬剤師、漢方認定薬剤師

アクセンチュア株式会社にて通信、製薬業界等のクライアントに対するM&A・新規事業・戦略コンサルティングに従事。イギリス留学から帰国後、ゴールドマン・サックス証券にてTMT/ヘルスケアセクターにおけるアドバイザリー業務に従事。株式会社アカツキの投資プロジェクト Heart Driven Fundを経て、自身の経験をもとに、女性が自分の身体と向き合い人生の選択肢を広げるきっかけを増やしてほしいという想いから2020年4月にVitalogue Healthを起業。郵送のホルモン検査キットを使い自宅で自分の身体の状態を知ることができるサービス「canvas(キャンバス)」を開発。



会社概要


株式会社 Vitalogue Health(バイタログヘルス)

代表者 代表取締役 長谷川彩子

所在地 〒150-0002 渋谷区渋谷3-1-9YAZAWAビルUCF3F

設立日 2020年4月27日

事業内容 検体検査事業の企画・開発・販売



企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)