美容・健康

新製造方法により「ユーグレナKishu株」を20億個/gの濃縮に成功!

株式会社GEホールディングス
きのくにユーグレナ(R)純末品をリニューアル!

 株式会社GEホールディングスのグループ会社で、機能性原料の研究・製造をおこなう株式会社ビオラボ(本社:兵庫県神戸市、代表取締役社長:荒川 健一)は、きのくにユーグレナ(R)製品を2022年7月より新規製造方法を用いて、リニューアル販売開始しました。


 従来より、和歌山県で発見された「ユーグレナKishu株」を室内で光を当てて培養しているため、コンタミのリスクが少なく、低臭品のユーグレナとして販売しているが、新規製造方法によりユーグレナKishu株品の濃縮率を高めることに成功!「20億個/g」含まれているユーグレナ製品の提供が可能となりました。また、ユーグレナ特有成分のパラミロンを規格し、さらにアミノ酸スコア100と質の良いたんぱく質を規格化し販売している。
「ユーグレナKishu株」(提供元 :和歌山県工業技術センター)
 「20億個/g」のユーグレナ品の特徴は市販で流通している製品よりも菌数が高いため、きのくにユーグレナ(R)純末品を500mg摂取することでユーグレナ10億個相当の摂取が可能となる。そのため、ユーグレナの添加量が減らせるため、最終製品の藻独特の臭いの低減や最終製品の錠剤数を減らせるメリットが生まれる。




1日6粒設計が1日3粒設計で製品化が可能

 過去の研究でGLP-1分泌促進効果や細胞賦活化の効果を細胞試験で確認しており、ヒト試験において満腹感の増加、食欲抑制効果、美容改善効果、フレイル対策効果を確認しているので、ダイエット案件、美容案件、フレイル対策製品向け原料となる。

○消化管細胞からのGLP-1分泌促進効果 
 ラットの下部消化管細胞にきのくにユーグレナ(R)純末の凍結乾燥物を規定の濃度となるよう投下し、インキュベート後の上清に含まれるGLP-1量をGLP-1 ELISA Kitを用いて測定した。



 その結果、細胞からのGLP-1分泌量は濃度依存的に上昇し、320μg/mL以上の濃度の時に有意な差が見られた。

○満腹感増強試験
 11名の被験者に対して実証実験(クロスオーバー、ダブルブラインド)を実施した。食前に規定量のきのくにユーグレナ(R)純末(100mg、400mg)、もしくはコントロールとして結晶セルロースを摂取してもらった。その後に満腹感を感じるようになるまで自由にたこ焼きを摂取してもらい、その時の個数を数えた。



 その結果、きのくにユーグレナ(R)純末を摂取することにより、たこ焼きの摂取量は有意に減少し、満腹感を早める効果が確認された。

 きのくにユーグレナ(R)純末はユーグレナの濃縮率が良いので、少量の添加で「ユーグレナ〇億個配合」と謳える。そのため、乳酸菌や納豆菌などの整腸作用や便通改善サプリへの組み合わせ提案や、健康志向を意識したお菓子やヴィーガン製品、完全食への提案を強化している。



 プロテイン、青汁製品やお菓子向けに提案

 新規製造方法の「きのくにユーグレナ純末(R)」製品は2022年10月12日(水)~14日(金)で開催される食品開発展2022(https://www.hijapan.info/)にて展示予定。

○原料の情報はこちらからダウンロードできます。
https://bal-bal.com/material/detail/1124017

【株式会社GEホールディングス グループ】
株式会社GEホールディングスでは、「ゼロから一を創り出すこと」をグループ理念に掲げ、産学官連携の強化により当社独自の技術を活性化させ、健康に役立つさまざまな研究を推進しています。子会社の株式会社GEウェルネスでは、株式会社はからめ認知研究所で蓄積された研究結果を基に開発した商品の企画販売と、株式会社ビオラボで研究開発された素材を配合した健康食品や化粧品の企画販売を行っています。高まる健康志向ならびに高齢化のニーズに応えることで人々の快適な生活と健康の実現に努めてまいります。

■会社概要
会社名: 株式会社GEホールディングス
所在地: 愛知県名古屋市中村区名駅1-1-1 JPタワー名古屋14階
設立 : 2017年12月1日
代表 : 代表取締役社長 荒川 健一
URL  : https://ge-hd.co.jp/

<機能性原料の研究・製造>
会社名: 株式会社ビオラボ
所在地: 兵庫県神戸市中央区港島南町7-2-6
設立 : 2018年2月1日
代表 : 代表取締役社長 荒川 健一

<原料の販売>
会社名: 株式会社GEウェルネス
所在地: 兵庫県神戸市中央区御幸通6-1-12 三宮ビル東館7F
設立 : 2018年2月1日
代表 : 代表取締役社長 荒川 健一
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)