その他 エンタテイメント

65歳以上のヒップホップダンスチームも活躍!!杉良太郎Presents全世代交流ダンスイベント第1回「FIDA GOLD CUP」日本初開催のご案内

一般社団法人日本国際ダンス連盟 FIDA JAPAN
このたび、一般社団法人日本国際ダンス連盟 FIDA JAPAN(本社:東京都港区 名誉会長:杉良太郎 会長:神田勘太朗 以下 FIDA JAPAN)は、2022年9月11日(日)に全世代交流のダンスイベント「FIDA GOLD CUP」を開催することになりました。


厚生労働省 健康行政特別参与も務める杉良太郎が、高齢者が身体的にも精神的にも健康でいるための取り組みの一つとして、ダンスを通じた健康づくりを促進するため、FIDA JAPAN内に「ダンス健康クラブ」を創設。全国の65歳以上のシニア層を中心としたダンスチームに登録していただき、ダンス楽曲や振り付けの提供、パフォーマンスをご披露頂く場を提供して参りました。

コロナ禍で思うように練習が叶わない中でもダンスを続けてきた思いをぶつけるべく、今回はさらなる挑戦の場として、また、世代を超えたダンサーの交流を図ることを目的とし、キッズ、高校生、シニア、プロダンスリーグ「第一生命 D.LEAGUE」の各チームが 赤・青に分かれてダンス対抗戦を行うイベントを日本で初めて開催します。審査基準はどちらのチームのパフォーマンスに心を動かされたか。そして当日、ご来場いただいた方々にもダンスで元気を与えるべく、日頃の練習の成果をステージにぶつけていただきます。

審査員長には数々のダンスの世界大会で実績を残しているKENZO(DA PUMP)、審査員には、日本でGirls Hip Hopというジャンルを確立させ、ダンス、ファッション全てにおいてダンス界に新風を巻き起こしたMIHO BROWN、AKB48グループ総監督を務める向井地美音を迎え、記念すべき第1回「FIDA GOLD CUP」の勝利チームを決めます。

スペシャルサポーターにはこれまでも地方で夢のダンス教室として子ども達にダンスの指導活動や、厚生労働省 健康クリエイターとしても活躍をされているEXILE TETSUYAを迎え、MCはサマーソニックも含む数々のイベントの司会も担当するサッシャが務めます。

ゲストパフォーマンスとしてAKB48、BACK STREET 三婆ズ 、KANA-BOON!にも踊っていただき、出場者もご来場者様もダンスを通じて健康になっていただけるイベントです。チケットは8月25日からローソンチケットにて独占発売。

ダンスを通じて 様々な世代が交流し、お互いを認め合い、刺激し合うことでダンス界の更なる発展に貢献いたします。

【開催概要】
イベント名称:FIDA GOLD CUP
開催日時:2022年9月11日(日)開場:16:00 開演:16:30
会場:第一生命ホール(東京都中央区晴海1-8-9)
スペシャルサポーター:EXILE TETSUYA(厚生労働省 健康クリエイター)
MC:サッシャ
JUDGE:KENZO(DA PUMP)、MIHO BROWN、向井地美音(AKB48)
ゲスト出演:AKB48(川原美咲、小林蘭、込山榛香、中西智代梨、永野芹佳 、武藤小麟、山邊歩夢、湯本亜美)
BACK STREET 三婆ズ、KANA-BOON!
コンテスト出演:プロダンスリーグ「第一生命 D.LEAGUE」参画チーム(SEPTENI RAPTURES、dip BATTLES)、 ダンス健康クラブ登録チーム(YDK65、GOLD DRAGON、FOREVER CHANCE、ソウルフルフーズ)、 二松學舍大学附属高等学校ダンス部(Butterfly effect、チーム二松)、Studio HANAキッズチーム(NEXT Jr.)、SRN GOLD RUSHキッズチーム (team GOLD RUSH)
出演:杉良太郎(一般社団法人日本国際ダンス連盟 FIDA JAPAN 名誉会長)、神田勘太朗(一般社団法人日本国
際ダンス連盟 FIDA JAPAN 会長)

主催:一般社団法人日本国際ダンス連盟 FIDA JAPAN
協力:株式会社 杉友/エイベックス・エンタテインメント株式会社
後援:健康一番プロジェクト

※出演者は現時点での予定となります。
※新型コロナウイルスの感染拡大状況により、イベント内容が変更となる可能性がございます。

チケット: 8/25(木)AM0:00~販売開始
全席指定:5,000円(税込)ローソンチケット https://l-tike.com/ ▶「FIDA GOLD CUP」で検索!


●杉良太郎
(一般社団法人日本国際ダンス連盟 FIDA JAPAN名誉会長/厚生労働省 健康行政特別参与/警察庁 特別防犯対策監/法務省 特別矯正監)

歌手、俳優。昭和40年歌手デビュー。昭和42年、NHK「文五捕物絵図」の主演で脚光を浴び、その後、「右門捕物帖」「遠山の金さん」など1,400本以上に主演。舞台活動にも邁進し、数々の大臣表彰を受賞するほか、2009年に紫綬褒章を受章。
デビュー前より献身的に福祉活動を続け、2008年芸能人初の緑綬褒章を受ける。また、海外での文化交流活動も継続的に行い、2013年に内閣総理大臣より感謝状を贈呈される。長年にわたる国内外での文化交流が評価され2016年度文化功労者に。以前より、ダンスを通じて青少年の心身の育成や高齢者の健康に寄与すべく活動を行っている。


●神田勘太朗
(一般社団法人日本国際ダンス連盟 FIDA JAPAN会長/株式会社Dリーグ代表取締役COO/株式会社アノマリー代表取締役CEO/株式会社expg取締役)

2004年に創業した株式会社アノマリーでは現在11ヶ国で開催している世界最大のダンスバトル大会「DANCE ALIVE SERIES」をプロデュース。さらにNo.1ニュースメディアの「Dews」も手がけるダンサー兼実業家。ダンスに関わるプロデュース案件はイベント企画から運営、ダンサー派遣、オンラインレッスンプロデュースや映像制作、更には海外でのイベントプロデュースなど多岐に渡る。
2021年1月に日本発 ダンスのプロリーグである「D.LEAGUE」を開幕させ、プロの新しい形を創り上げる。ダンスで世界を繋げてクリエイトすることに命を懸けている。


【スペシャルサポーター】
EXILE TETSUYA
(厚生労働省 健康クリエイター)

2007年に二代目J Soul Brothersメンバーに抜擢、2009年EXILEに パフォーマーとして加入。2018年に早稲田大学大学院スポーツ科学研究科の修士課程を卒業後、アーティスト初となる中学校のダンス映像教材『中学校の現代的なリズムのダンス授業 ~ダンスレクチャームービー~』を製作、文部科学省選定(2分科初第450号)を受けた。アーティスト活動のみならず、EXPG高等学院の学長や、厚生労働省の健康クリエイターを務めるなどエンタテインメントを通じて、教育、健康、飲食など様々なジャンルで活動している。健康クリエイターとしての目線で“ダンスを通じた健康づくり”に取り組んでいる。



【MC】
サッシャ

ドイツ・フランクフルト出身。日本語、ドイツ語、英語を話すトライリンガルで、ラジオDJ、ナレーター、声優、タレント、スポーツ実況、MCなど多方面で活躍中。FMラジオ局J-WAVE「STEP ONE」ナビゲーター、「金曜ロードSHOW!」ナビゲーター。
2001年にJ-WAVE及びFMFUJIでラジオDJとしてのキャリアをスタートさせたのち、豊富な音楽知識で数多くの音楽番組を担当。
また、モータースポーツ、サッカー、サイクルロードレース等スポーツに詳しく、スポーツ実況アナウンサーとしてモータースポーツ、自転車レース、J.リーグ、バスケットボールそしてヨットレースなどに携わる。
司会はドイツ大使館主催、企業プレゼンなどフォーマルなものから、サマーソニックなど数万人規模の音楽フェスティバルまで大小硬軟問わず担当している。

【JUDGE】

●審査員長
KENZO(DA PUMP)

世界の頂点を極めた男“キングオブダンサー”
前人未到、8年連続ダンス世界大会優勝。
30ヵ国以上に招待され、400回以上パフォーマンスを行う。
世界大会を始め総数150回以上のダンスの主要大会で審査員を任されている。DA PUMP「U.S.A.」はもちろんのこと、コレオグラファーとしても、安室奈美恵、TRF、SPEED、SKE48、INI、数多くのアーティストの総合演出や振り付け、育成、CMなどを手がけ振り付け提供楽曲数は200曲以上を超えている。北九州市特命大使、海老名市親善交流大使、宮若市ふるさとPR大使を務める。ダンス界の最重要人物と称される。



MIHO BROWN
ダンサー、ディレクター、コレオグラファーなど、様々なメディアや舞台俳優などで活躍する日本を代表するダンサー。主に97年~2000年、伝説のヒップホップダンスグループ"Brown Sugar"の活動により、日本でGirls Hip Hopというジャンルを確立させ、ダンス、ファッション全てにおいてダンス界に新風を巻き起こした。
1995年からメジャーアーティストのサポートダンサーとしてテレビやPV、LIVEツアーなどに出演。個人でCMや舞台に出演するなど活動。ヒップホップ、R&Bを主として活動しているが、ダンスはジャズ、バレエ、日本伝統民族舞踊、和太鼓、中華民族舞踊と幅広く習得している。



向井地美音(AKB48)
アイドルグループ・AKB48のメンバー。幼少期(グループ加入前)は子役としても活躍し、フジテレビ系ドラマ&映画『アンフェア』シリーズなどに出演。現在、AKB48グループ総監督 兼 AKB48チームAキャプテン を務め、48グループを牽引するメンバーとして活動している。昨年11月に開催されたプロダンスリーグ「第一生命 D.LEAGUE21-22」ROUND2では、現役アイドルならではの目線を活かしてゲスト審査員を務めた。また、AKB48メンバー村山彩希・岡田奈々・茂木 忍・向井地美音の4人のYouTubeチャンネル『ゆうなぁもぎおんチャンネル』では、チャレンジ企画やドッキリ企画の他、ステージの裏側や4人のプライベートが垣間見れる映像を次々と配信。幅広い年齢層に支持されている。

【ゲスト出演1.】
AKB48(川原美咲、小林蘭、込山榛香、中西智代梨、永野芹佳、武藤小麟、山邊歩夢、湯本亜美)


秋元康プロデュースのもと「会いに行けるアイドル」をコ ンセプトに2005年より始動したアイドルグループ。現在5つのチーム(チームA・K・B・4・8)と研究生で構成。日本を代表するアイドルグループとして、多方面で活躍している。
「どえらいダンス」が話題となった58thシングル「根も葉もRumer」、プロダンスリーグ「第一生命 D.LEAGUE」のDリーガーたちとのダンスコラボでも注目を集めた59thシングル「元カレです」に続き、今年10月19日には60thシングル「久しぶりのリップグロス」を発売!
今回は「FIDA GOLD CUP」のために特別編成されたAKB48メンバー8名が、ダンスのみで魅せるパフォーマンスを披露。

【ゲスト出演2.】
BACK STREET 三婆ズ

写真左から ケイコ(71)ヒロミ(65)ミチヨ(67)
茨城県土浦市で活動する、平均年齢67.7歳の女性ダンスグループ。「三婆ズ」の愛称で親しまれている。それぞれ孫や娘のダンスを見に行ったことがきっかけでレッスンに通い始め、気の合う仲間で2021年にユニットを結成。土浦桜川の桜の木の下で踊った動画が再生回数760万回を超えて話題になる。2022年2月にはTik Tokのダンスコンテスト「DIAL DRIVE CONTEST」にて特別賞を受賞。その後も新聞やテレビで活動が取り上げられ、ダンス動画の公開とともにフォロワーが増加。Instagram (@back_street_sambers_2022)フォロワー数10.4万人(2022年8月現在)「三婆ズのダンスを見たら私もやりたくなった」という声も届くように。Instagramで発信されている三婆ズのダンス動画では、年齢にしばられず楽しくかっこよく踊っている姿に多くの人々が魅了されている。
【ゲスト出演3.】
KANA-BOON!


Studio HANA!のTOPチームKANA-BOON!
ダンスのオリンピックと称される「WORLD HIPHOP DANCE CHAMPIONSHIP 」世界大会にて数々のメダルを獲得。
2015年・2016年と前人未到の2連覇を果たし、2018年の世界大会では世界最高得点で優勝し世界中にその名を轟かせた。
そして更に昨年2021年の世界大会で優勝し、今年8月にアメリカアリゾナで開催された2022年世界大会にて金メダルを獲得。世界大会史上初となる2度目の2連覇を成し遂げた。


【コンテスト出演】
●「第一生命 D.LEAGUE」参画チーム

SEPTENI RAPTURES、dip BATTLES


●ダンス健康クラブ登録チーム
青森:YDK65
埼玉:GOLD DRAGON


神奈川:FOREVER CHANCE
静岡:ソウルフルフーズ


●二松學舍大学附属高等学校ダンス部
Butterfly effect
チーム二松

●キッズチーム
Studio HANAキッズチーム NEXT Jr.
SRN GOLD RUSHキッズチーム team GOLDRUSH



【「FIDA GOLD CUP」とは】
第1回目の開催となる今回は、各世代ダンサーの対抗戦を実施。各世代で赤チーム、青チームに分かれ対戦する。(チーム分けは当日抽選にて決定)どちらのチームのパフォーマンスに心を動かされたかで勝敗が決まる。第2回目以降はダンス健康クラブ登録チームのみの大会として、日頃の練習の成果を披露する場にすることを構想。
大会名の「GOLD」には、シニア世代に向けて、シルバーをアップデート、更に輝く世代といった想いが込められている。



【「ダンス健康クラブ」とは】
厚生労働省 健康行政特別参与を務める杉良太郎氏が、シニア世代の健康長寿のためにダンスの有効性に注目したことがきっかけとなり、同氏が名誉会長を務める「一般社団法人日本国際ダンス連盟 FIDA JAPAN」がダンス健康クラブを設立。
65歳以上のシニア層を中心としたダンスチームにFIDA JAPANへご登録いただき、ダンスを通じて健康な心と身体づくりの促進、地域や若者とも交流する取り組みなどを行っている。
全国47都道府県にチームを作ることを構想しており、現在 青森、群馬、山梨、埼玉、神奈川、大阪で計7チームが登録中。ダンス健康クラブ登録チームとしてご活動いただく場の提供や、健康促進のためにできることをあらゆる観点から実施している。


【「一般社団法人日本国際ダンス連盟 FIDA JAPAN」とは】
「日本から世界へ、ダンスで切り開く国際交流と社会貢献」をテーマに2019年11月に発足した日本発のダンスにおける国際連盟組織。





                   
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)