ビジネス・コンサルティング 美容・健康

【健康経営とSDGsを考える】企業向けプログラム体験ツアー、追加開催決定!|山形県上山市

株式会社さとゆめ
クアオルト先進地・山形県上山市で、1つひとつがSDGsの目標に結びついた心と体の健康増進プログラムを体験する1泊2日のモニターツアーを10/5~6と14~15に開催!

全国各地で地域活性化やビジネス創出を支援する株式会社さとゆめ(代表取締役:嶋田俊平)が森林資源を活用した新たな産業の創出を支援している山形県上山市で、企業の健康経営とSDGsを実現するプログラム体験ツアーを10/5(水)~6(木)と14(金)~15(土)の2回開催いたします。




 東北地方で唯一「森林サービス産業」モデル地域に選定されたことがある山形県上山市では、蔵王高原坊平エリアを中心に、企業の健康経営支援による誘客促進事業を展開しています。
 特に、森林資源を活かした健康づくりや研修、福利厚生等で活用可能性のある体験プログラムは20種類以上のご用意があり、企業が抱える個々の課題に対して、オリジナルの取組を一緒に考え、解決を支援してまいりました。


 そして今年7月には、“企業の健康経営とSDGsの体現”をテーマに、企業の皆様にこれらのプログラムを体験していただくモデルツアーを開催。ご参加いただいた皆様から好評をいただいた他、多くの方々からもお問合せをいただき、10月に2回の追加開催が決定いたしました。



 今回実施するモデルツアーも、数あるプログラムの中から、仲間と一緒に課題を解決してチームビルディングを図る「プロジェクトラーニングツリー」や、ドイツの運動療法を用いた“頑張らずに”身体を動かす「クアオルト健康ウォーキング」、森の中で五感を開き心と身体のバランスを整える「森林浴・森ヨガ」等、様々なジャンルのプログラムを体験していただき、企業における活用シーンを具体的にイメージしていただける内容でお届けいたします。
 さらに、各プログラムは、一つひとつがSDGsの17目標169ターゲットの関連の深いところと結びついており、参加者がSDGsを学び、意識や行動を変えるきっかけを得ることができます。

ぜひ、この機会に自社の健康経営やSDGsの取組について一緒に考えてみませんか?



■前回の参加者の声
・普段のオフィスと異なる自然環境で過ごすことが、離職率の低減やストレスケアに活かせるのではないかと思った。
・健康経営の一環として、社員研修と紐づけて行いたい。
・仕事で疲れている中、久しぶりに自然と触れ合ってリフレッシュができた。
・朝にヨガを行い、精神がしゃきっとした。自分を見つめ直す機会になった。



スケジュール(1泊2日)





開催概要


・日時:
(1)10月 5 日(水)11:00集合~ 6 日(木)14:30解散
(2)10月14日(金)11:00集合~15日(土)14:30解散
・場所:山形県上山市 蔵王高原坊平
・定員:各回10名(先着順)
・参加料:1人11,000円(宿泊料) ※交通費は別途
宿泊を除く、現地滞在・各種体験費用は上山市が負担します。
・宿泊:森の宿(ペンション)1名1室
・申込方法:山形県上山市クアオルト推進室宛に「企業名」「お名前」「参加希望日」「参加人数」をご連絡ください。
tel: 023-672-1111
mail: kurort@city.kaminoyama.yamagata.jp


山形県上山市での、さとゆめの取組


 山形県上山市は、日本型クアオルトの先進地として、「クアオルト健康ウォーキング」を中心とした健康づくりの実現に向けた環境整備や、企業の健康経営支援を目的としたヘルスツーリズムの推進に積極的に取り組んできました。
 2020年には、(株)さとゆめが事務局を務める「森林サービス産業」のモデル地域に選定され、蔵王高原坊平エリアで『運動』『栄養』『休養』を体験するプログラムを開発し、体験前後の心理生理測定によって、プログラム効果を検証。メンタルヘルスの改善効果が認められました。
(株)さとゆめは、昨年度から引き続き、森林資源を活用した心と体の健康づくり等につながる、各種プログラムのブラッシュアップや、地域における人材育成、都市部企業等とのマッチングなど、事業の自走化に向けたトータルコーディネートの伴走支援をしています。

【問い合わせ先】
上山市 市政戦略課 クアオルト推進室
Tel:023-672-1111(代) Fax:023-672-1112
株式会社さとゆめ
Tel:03-5275-5105    Fax:03-5357-1514
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)