暮らし 美容・健康

【当社開発品で初の受賞!】電動鼻水吸引器「スルルーノ」が「第16回キッズデザイン賞」受賞!

株式会社ちゃいなび
現役ママが開発した、子どもの鼻水を耳鼻科レベルの吸引圧でスッキリ吸引する鼻水吸引器が「子どもたちを産み育てやすいデザイン部門」にて受賞。


キッズデザイン賞受賞 #スルルーノKD
胎児超音波心音計「エンジェルサウンズ」や、パルスオキシメータなどの医療機器製品を扱う株式会社ちゃいなび (本社:神奈川県川崎市、代表取締役:相馬 崇宏)が販売する、据え置きタイプの電動鼻水吸引器「スルルーノ」が、2022年8月24日(水)に「第16回キッズデザイン賞」を受賞しました。


【「子どもたちを産み育てやすいデザイン部門」にて受賞】

スルルーノ #スルルーノKD
当社の現役ママが開発した据え置きタイプの電動鼻水吸引器「スルルーノ」が、「第16回キッズデザイン賞」を受賞しました。
「第16回キッズデザイン賞」は、キッズデザイン協議会が主催する子どもや子どもの産み育てに配慮したすべての製品・サービス・空間・活動・研究を対象とする顕彰制度です。
今回「スルルーノ」は、「子どもたちを産み育てやすいデザイン部門」にて受賞となり、当社開発品では初の受賞に至りました。


【キッズデザイン賞とは】

キッズデザイン賞 #スルルーノKD
キッズデザイン賞は、子どもの未来が持続的で明るいものであるように、「子どもたちが安全に、そして安心して暮らす」「子どもたちが感性や創造性豊かに育つ」「子どもを産み育てやすい社会をつくる」という目的を満たす、製品・サービス・空間・活動・研究の中から、子どもや子育てに関わる社会課題解決に取り組む優れた作品を顕彰する、キッズデザイン賞協議会が主催するコンテストです。
3つの目的ごとに部門が設けられており、さらにプロダクト、アプリケーション・サービス、建築・空間、コミュニケーション、調査・研究の5つのカテゴリーに分かれています。
ここでのデザインとは、意匠だけでなく取り組みやサービス内容も含まれています。

▶キッズデザイン賞 サイト:https://kidsdesignaward.jp/


【スルルーノとは】

豊富なパーツ #スルルーノKD
スルルーノは、自分で鼻をかめない赤ちゃんや幼児の鼻水・鼻づまりを、耳鼻科レベルの吸引圧※-80kPaでしっかり吸引できる据え置きタイプの電動鼻水吸引器です。これまでになかった洗浄水タンクをはじめ、必要な機能やパーツが揃っており、追加で買い足す必要がないので新米ママ・パパにも最適です。

※耳鼻科で使用される電動鼻水吸引器の吸引圧は-30~-80kPa


【ホームケアで通院の手間を軽減】

吸引シーンアップ #スルルーノKD
子どもの鼻水・鼻づまりは放っておくと様々な病気を引き起こす恐れがあり、こまめな鼻水吸引がとても大切です。しかし、耳鼻科での吸引は通院の手間がかかり、頻繁には通えません。鼻水吸引器を使用すれば、子どもが鼻水で呼吸が苦しそうなときも自宅ですぐに対処できます。特に据え置きタイプの電動鼻水吸引器はマニュアルタイプ※に比べ吸引圧も高く、近年使用者が増えています。
そこで、そうした需要に対応すべく、耳鼻科レベルの吸引圧を備えた据え置きタイプの電動鼻水吸引器の開発を決定しました。そして、ママ・パパから挙がったリアルな声を参考に「洗浄水タンク」をはじめとする12の機能とパーツを加え、これ一台で簡単に鼻水吸引ができる「スルルーノ」を開発しました。
2022年6月発売以降、使用者から「コロナ禍で通院するのを躊躇っていたので、家でもしっかり吸引できて助かる!」、「吸引中の音が想像以上に静かで、赤ちゃんが嫌がりにくくて吸引しやすかった」など好評をいただいています。

※鼻にストローを入れ、口で鼻水を吸い出すタイプの鼻水吸引器


【「スルルーノ」デザイン注力ポイント】


チューブのつまり防止に役立つ洗浄水タンク付き
衛生的に使えるチューブホルダー
スイッチひとつで耳鼻科レベルの吸引が叶う
コンパクト設計&ハンドル付きで持ち運びしやすい



1. チューブのつまり防止に役立つ洗浄水タンク付き

洗浄水タンク #スルルーノKD
「チューブの詰まり防止に使用する水を入れる容器を毎回準備するのが手間」といった声から、本体に洗浄水タンクを内蔵しました。別に水を入れる容器を準備する手間がないので、鼻水で苦しそうな子どもを待たせることなくスムーズに吸引できます。また、吸引中に誤って水の入った容器にぶつかり、水をこぼしてしまう心配もありません。

2. 衛生的に使えるチューブホルダー

チューブホルダー #スルルーノKD
「使用中に手を止める時に、鼻に入れるシリコーンチップが他の場所に触れるのが気になる」という声を反映し、チューブをかけておけるホルダーを付属しました。衛生的に仮置きできるだけではなく、シリコーンチップについた鼻水が床などにつくことも防ぐことができます。サイズは大・小2種類あり、チューブをしっかりまとめたり、サッと仮置きしたりと、シーンに合わせて使用できます。
ホルダーには磁石が内蔵されており、取り付けやすく外れにくいよう、こだわって設計されています。

3. スイッチひとつで耳鼻科レベルの吸引が叶う

ワンタッチ&チューブクリップ
吸引動画 #スルルーノKD
「吸引力の調節をどのくらいにしたらよいかわからない」という声を参考に、あえて吸引力の調節機能を省き、ワンタッチで適切な吸引力でかんたんに吸引できる仕様にしました。電源ボタンを押すだけで吸引が開始するので、新米ママ・パパでも手間取らずすぐに吸引できます。耳鼻科レベルの吸引圧-80kPaで、しつこい鼻水もスッキリ吸引します。
さらに、チューブクリップを使用すれば、瞬間的に吸引圧を高めることも可能です。

4. コンパクト設計&ハンドル付きで持ち運びしやすい

コンパクト #スルルーノKD
「手でつかみにくいものが多く、持ち運びしにくい」という声を受けて、本体にハンドルを内蔵しました。ハンドルは本体内部に収納されていて、飛び出さないデザインなので見た目もスマートです。
また、重さ約900gと軽量・コンパクト設計で、お部屋の移動時も片手で楽に持ち運ぶことができます。バラバラになりやすいパーツも、付属のポーチに入れて一緒に持ち運ぶことができます。


【受賞作品「スルルーノ」が賞品となる『#87きゅんコンテスト』開催中】

#87きゅんコンテスト例 #スルルーノKD
8月7日(日)の「鼻の日」から9月7日(水)まで公式インスタグラムにて、子どもの鼻×(ハート)のフォトコンテスト『#87きゅんコンテスト』を開催中です。
期間中に応募テーマに沿って投稿いただいた方全員に、公式オンラインショップで使用できる870円オフクーポンをプレゼントします。さらに、コンテストで選ばれた方には、今回「第16回キッズデザイン賞」を受賞した電動鼻水吸引器「スルルーノ」をはじめとする、妊娠・子育てに役立つマタニティ・ベビーグッズをプレゼントします。
投稿いただいた写真は、公式インスタグラムやコンテスト特設ページ、公式ショップ等で紹介する予定です。

▶『#87きゅんコンテスト』詳細:https://www.instagram.com/p/Cg1BQJIOvcx/


【今後の開発について】
株式会社ちゃいなびは、今後も子どもを産み育てる方に寄り添い、育てやすい環境づくりに貢献できるようなデザインの製品を開発・販売していきます。


【仕様】

スルルーノ本体 #スルルーノKD
販売名:スルルーノ HY-7035
医療機器の種類:管理医療機器
医療機器認証番号:304AFBZX00020000
メーカー希望小売価格:税込12,980円
本体サイズ:長さ200×幅111×高さ150mm (ハンドルを起こすと高さ:約165mm)
本体重量:約840g (付属品を含まない)
吸引圧:-80kPa±10%
対象年齢:0か月~


【内容物】
本体部、吸引タンク部、シリコーンチップ(ソフト、スタンダード)、チューブホルダー(大、小)、シリコーンチップ洗浄ブラシ、チューブクリップ、吸引チューブ、チップコネクター、専用ACアダプター、収納ポーチ


【取り扱いサイト】
・ちゃいなびOnline Shop
https://chinavi-shop.jp/products/hy-7035
・「医療機器と育児グッズのちゃいなび」楽天市場店
https://item.rakuten.co.jp/chinavi/hy-7035/
・ちゃいなびYahoo!店
https://store.shopping.yahoo.co.jp/chinavi/hy-7035.html
・「医療機器と育児グッズのちゃいなび」au PAYマーケット店
https://wowma.jp/item/566004902
・ちゃいなびAmazon店
https://www.amazon.co.jp/dp/B0B12DSDQV/


【株式会社ちゃいなび 会社概要】

ちゃいなび #スルルーノKD
当社は「毎日の暮らしに安心を。」をコンセプトに、慣れない子育てや日々の健康が気になる方に向けて、マタニティ・ベビー・ヘルスケアグッズを開発・販売しています。

代表者:代表取締役 相馬 崇宏
所在地:〒210-0024神奈川県川崎市川崎区日進町7-1 川崎日進町ビルディング10F
設立:2013年11月
事業内容:ベビー・マタニティ用品の企画・販売、家庭用医療機器の企画・販売
高度管理医療機器等販売業許可番号:第0715319号
コーポレートサイト:https://chinavi.co.jp/
オンラインショップ:https://chinavi-shop.jp/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)