医療・医薬・福祉 美容・健康

手の更年期障害、中高年女性に発症率が高い※1へバーデン結節患者向けのサポートテープをリニューアル【一般医療機器】

武内製薬株式会社
防水性・固定力、保持力を改善!

健康食品・化粧品のD2C、OEM事業を展開する武内製薬株式会社(本社:東京都品川区西五反田 代表取締役:金光 左儒)は、推定患者数が国内で300万人と言われる※2へバーデン結節を患っている方向けに手の指先の関節を固定するサポーター 【武内製薬:TAへバーデン結節サポートテープ(一般医療機器2 届出No.13B3X10269000015)】をリニューアルいたしました。 ※1 参照元: 監修医師:オクノクリニック 奥野 祐次 院長書籍「へバーデン結節の痛みはモヤモヤ血管が原因だった」 https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000006.000052582.html ※2日本手の外科学会雑誌 (1987年)4巻 藤澤幸三ほか:Heberden結節-一般人口中における発生頻度調査より https://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/jssh-journal/4-1.pdf





へバーデン結節とは?


人差し指から小指にかけての第一関節に腫れや変形、痛みが生じる疾患で第一関節の動きも悪くなり手を強く握るなど困難になります。
参考:公益社団法人 日本整形外科学会
https://www.joa.or.jp/public/sick/condition/heberden_nodes.html

〈 商品概要 〉
商品名:武内製薬 へバーデン結節サポートテープ ( 一般医療機器 )
内容量:30枚入り (大:70mm×35mm 20枚 / 小:65mm×30mm 10枚)
販売価格:1,680円(税込)

一般医療機器
届出名:「TAへバーデン結節サポートテープ02」
JMDNコード:救急絆創膏:34864000
届出NO:13B3X10269000015

■リニューアル背景
従来の素材では水に弱く手洗いの際に剥がれてしまうなど、日常生活での使用時に何度も貼替が必要となる、というお客様からのお声をいただき、防水加工の施された布絆創膏とPETの芯材を使用することで固定力・保持力を強化し、関節が曲がりにい仕様へと大幅リニューアルいたしました。
まずは、より指に沿い、しっかりと固定され、更に貼りやすいといった形の考案を重ねました。
そこから何種類もの素材から、防水力が高く、伸縮性がない固定力の高いテープの選定を行い、芯材も硬すぎず、当たっても痛くない形状の型などを何度も試行錯誤いたしました。
また、ご購入頂いたお客様へのインタビューや、へバーデン結節の治療をされている監修医師である奥野先生にお話を伺ったり、実際の患者様たちの声を聞くことで、患者様が抱える悩みや声を開発に活かせたのが今回のリニューアルの要となっています。
リニューアルによって、以前よりも安心して使いやすくなったと、自信を持ってお届けできる商品に生まれ変わったと感じています。
悩みを抱えるたくさんの人の支えになったらと思います。

■リニューアルポイント

・防水性
家事や日常生活で水に触れることが多い方でも何度も貼り替える必要がないよう剥がれにくい防水加工を施した布絆創膏素材を使用

・固定力、保持力
PETの芯材と伸縮性がない布絆創膏を使用することで、関節が曲がらないようにしっかり固定

※PET:弾性力のある芯材として固定力向上
※布絆創膏:一般的な不織布やウレタンフィルムの絆創膏と異なり、伸縮が少ないので固定力・保持力が高い


PETの芯材と不織布の2層構造で関節を固定、低アレルギー性の粘着剤使用し肌への優しさを意識
パッド材にPET(硬いプラスチック)を起用し、その上に肌当たりの良い不織布を乗せた2層構造で、長時間肌に触れても不快感が少ない、肌あたりのよさを実現しました。
※不織布:医療用不織布で肌当たりが柔らかい

低アレルギー性で肌への負担が少ないアクリル系粘着剤を使用
※アクリル系粘着剤:低アレルギー性で肌への負担が少ない



・片方二股形状、片手でも貼りやすく大小2種類の大きさで指のサイズに合わせた使用が可能
台紙にスリット加工を入れることで芯材部分からの装着が可能になり、片手でも貼りやすい仕様に。
芯材を中心に、片方が短く、片方が長い仕様にすることで、左右の伴の粘着面がぶつからずに、巻きやすい仕様に。


■監修医師

運動器カテーテル治療専門院 Okuno Clinic. 総院長 奥野 祐次 先生 監修
オクノクリニック(整形外科・放射線科)
総院長 奥野 祐次 先生
「へバーデン結節」を始めとし、慢性的な痛みに悩む患者さんのための治療法を提案。

~プロフィール~
2006年3月  慶應義塾大学医学部卒業
2008年4月~ 放射線科医として血管内治療に従事
2012年3月~ 大学院博士課程修了・研究分野は「病的血管新生」
2012年4月~ 江戸川病院にて運動器疾患に対する血管内治療を専門とする
2014年4月~ 同施設にて、運動器カテーテルセンターセンター長に就任
2017年10月~ オクノクリニック「Okuno Clinic.」横浜センター南にて開院。

現在は東京をはじめ横浜、大阪、神戸、札幌、福岡など全国に慢性の痛み専門のクリニックを持つオクノクリニックの総院長に就任。


■使い方


取扱店

Amazon
https://www.amazon.co.jp/dp/B0B6HZ3J68?ref=myi_title_dp
楽天
https://item.rakuten.co.jp/takeuchi-labo/ta-yubi/
Yahoo!
https://paypaymall.yahoo.co.jp/store/virginbeautyshop/item/ta-yubi/
Qoo10
https://www.qoo10.jp/g/1000159160
auマーケット
https://wowma.jp/item/578251221

【会社概要】
■会社名:武内製薬株式会社
■代表者:代表取締役 金光 左儒
■所在地:東京都品川区西五反田1-18-9五反田NTビル5F
■設立:2016年9月
■URL:https://takeuchi-md.jp/
■事業内容:健康食品・化粧品のD2CおよびOEM事業

本件に関する窓口
広報グループ窓口 pr@kinpica.jp
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)