医療・医薬・福祉 ネットサービス・アプリ

AI錠剤カウントアプリ「Pilleye」利用者が22万人を突破

Medility Inc
アメリカ、韓国、日本を中心に薬剤師の必須アプリとして拡散中

Medility Inc.(日本事業責任者:諸 俊赫、以下「Medility」)が提供するAI錠剤カウントアプリ「Pilleye」は、2020年12月のサービス提供開始から約1年半で利用者が22万人を突破しました。大事だけど地味に時間がかかる錠剤計数をスマホで写真を撮るだけでカウントし、薬剤師がより患者様に向き合えますように貢献しています。






薬剤師のための錠剤カウントアプリ、Pilleye(ピルアイ)


AI錠剤カウントアプリ「Pilleye」は、一見地味に見えるがおろそかにできない錠剤計数業務をサポートするため、どのような形の錠剤でも迅速かつ正確にカウントしてくれるアプリです。

カウントしたい錠剤を均等に並べ、スマホで撮影するだけで最大1,000錠の錠剤を数えることができます。
検知した錠剤は、緑の点で表示されるので万が一の漏れにもスムーズに対応できます。
また、撮影した写真や計数結果は履歴として保存することもできるので、在庫管理やもしものトラブルにも役に立ちます。







サービス開始から1年半で、世界中から利用者数22万人突破

今まで時間と手間をかけて行ってきた錠剤計数を効率的に行えることで、Pilleyeはサービス提供開始約1年半で利用者数が22万人を超えました。直接錠剤を数えた場合、30万時間もかかる薬剤師の工数を削減することができ、世界中の薬剤師の業務効率化に貢献しております。

今後、日本の調剤環境に合わせた機能とプロダクトを通し、調剤薬局とドラッグストア、病院での調剤業務の効率化と患者さんへの提供価値の向上を実現します。


当社について


Medilityは、12年間薬局現場で患者様と向き合ってきた薬剤師の悩みから始まりました。
AI技術の力で世界中の薬剤師がより患者様に寄り添える環境をつくるサービスを開発し、リーズナブルな価格でご提供していきます。

<会社概要>
会社名 Medility Inc.
設 立 2020年11月
所在地 122, Mapo-daero, Mapo-gu, Seoul, 大韓民国
U R L  http://pilleye.com/

<本件に関する問い合わせ先>
広報担当 尾ノ後(オノウシロ)
メール: help@pilleye.com

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)