医療・医薬・福祉 外食・中食

今起こっている問題に真の意味で対応する翔栄クリエイト ウイルスの不活化に効果的な次亜塩素酸水を希望者に無料配布!

株式会社翔栄クリエイト

 時代ごとに変化するニーズを本質から理解し、それに応える事業を多角的に展開する株式会社翔栄クリエイト(本社:東京都新宿区 代表取締役:宇佐神 慎 以下、当社)は、運営する食の安全・安心にこだわった店舗「ビセットプラザ(東京都中野区東中野)」にて、店舗にお越しの希望者に向けた次亜塩素酸水の無料配布を行っています。

 当社では、今問題になっていることに真の意味で対応する事業を展開しており、その理念を元に10の事業を多角的に手掛けています。



 新型コロナウイルスの感染拡大が深刻化する中、感染経路として、飛沫感染だけでなく接触感染も非常に重要な感染源だと多くの専門家から指摘されております。接触感染の予防として、手洗いの徹底はもちろん、身の回りの物を消毒することも有効な手段と言われており、どちらも定期的に行うことが重要と言われています。しかし、消毒用アルコール類は、マスク同様品薄状態が続いており、多くの家庭では入手しづらい状況となっています。当社が運営する食の安全・安心に徹底的にこだわった店舗「ビセットプラザ」では、店内や厨房、食器類の消毒や、野菜やその他食品の洗浄のために、従来より次亜塩素酸生成装置を利用し、殺菌・消毒効果のある次亜塩素酸水を自店で生成しています。今回、消毒用アルコール類の需給ひっ迫の背景を受け、生成した次亜塩素酸水を来店いただいた希望者に無料配布することを開始いたしました。(※1)

※1 配布を希望される方は、容器をご持参ください。また提供量に限りがあるため、 在庫が無くなり次第、終了とさせていただきます。

 次亜塩素酸水は、ウイルスの不活化に効果を示しており、特に身の回りのものを消毒する際に用いると良いと言われています。ウイルスが付着した場所にスプレーで噴射し、時間を空けて拭き取ることで対策を行うことはもちろん、衣服や食器などを次亜塩素酸水に浸けてウイルスを不活化することもできます。また一般的には、2週間で効果が薄れてしまうと言われており、定期的に入れ替えて用いることが必要です。

 この活動をきっかけに、全国各地の企業や団体が生活者を支援する取り組みを行っていき、支援の輪がさらに広がっていけばと考えています。

◆ビセットプラザについて
「自然を食べよう」をスローガンに、真の意味で安心な食品を皆様にお届けする店舗です。当社では、おいしく安全に食べられる野菜を多くの消費者に届けることを目的に、群馬県と茨城県の自社農場で、無農薬・化学肥料を一切使用しない自然農法で栽培しています。そこで収穫した野菜と、当社の厳しい基準を元に仕入れた安全な商品、約300品目を取り揃えています。野菜だけでなく、離乳食や介護食も取り扱っており、幅広い年齢層の方にご利用いただいています。また同じように無農薬で頑張っている農家さんとも提携して、安心な野菜等の生産を守り・広げていくことを実行しています。



住所 :〒164-0003東京都中野区東中野3-7-23
TEL  :03-5337-5590
OPEN :8:00~20:00(日曜・祝日定休)
URL :https://beset-plaza.net/


■ビセットプラザで取り扱う商品について
・ビセットプラザで取り扱う野菜は、今流通している野菜のうち99%を占めるF1種/一代交配種は使用せず、
固定種・在来種のみを栽培する翔栄ファームの野菜を中心に使用しております(※)。
・翔栄ファームでは農薬不使用、化学肥料も一切不使用で、有機肥料も完全に自然由来のもののみ使用しております。
(農薬使用や遺伝子組み換えの飼料で飼育された牛の牛糞などの動物性堆肥も一切不使用。)
・遺伝子組み換えの農作物や、その種子を一切取り扱っておりません。
・野菜以外で取り扱っている加工食品も仕入先の製造元から提出いただいた資料を基に、同じ基準を満たしたもののみを仕入れております。
※コールドプレスジュースや味噌汁等の総菜類など、加工して販売しているものの一部にはF1種、減農薬、有機栽培の野菜を使用しています。

■ビセットプラザでは、本当にいいものをお手頃価格で提供
F1種の種から生まれ、化学肥料や農薬の大量散布により土の本来の豊かさが消えた土壌で育った今の野菜は、ほとんどのものが昔と比べ栄養価は50%以下、ものによっては10%以下といわれています。健康のために野菜を食べているつもりが、今では化学肥料・農薬によりその健康を損なってしまうこともあります。当店は、農薬を一切使用せず完全自然由来の農法で育てた翔栄ファームの固定種野菜を中心に取り扱っています。有機野菜よりも栄養価が高く、より安心して食べていただける野菜を、大手百貨店の有機野菜コーナーと比べても同等かそれ以下の価格で提供しております。

◆有機JAS認定食品でも農薬・化学肥料は使われている
「有機農産物」として出荷・販売するためには有機JAS規格による検査を受ける必要があります。しかし、有機JASも国が認めた化学肥料・農薬は使用可能となっており、中には海外では禁止されている農薬が含まれる場合があります。つまり、有機JASを取得していても農薬・化学肥料を使用していないわけではありません。また、この認定を取得するためには非常に高い費用がかかるため、その分のコストが上乗せされて値段が高くなっている場合もあります。



企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)

横浜市立大学医学部医学科同窓会 倶進会