美容・健康 医療・医薬・福祉

【未病総研グランプリアワード 受賞!】「つきみちる」グリーンハート

株式会社グリーンハート
妊活・妊娠・出産を時系列にケア


妊娠時系列の方のための動画情報サイト『つきみちる』を運営する、株式会社グリーンハート(本社:山口県周南市、代表取締役:尾都野 信子)は、8月28日(日)に開催された日本未病総合研究所が主催する「2022年度未病総研グランプリアワード」の未病ケア食品部門にて、『つきみちる』がノミネート受賞いたしました。


現代人の多くが抱える体内のミネラル不足や有害金属の蓄積、これらのミネラルアンバランスが引き起こす様々な未病症状対策のため、個別性・最適性の食育「未病ケア ミネラルヘルス(R)」と未病ケア商品でミネラルバランスを整え、健康増進への取り組みを行っている株式会社グリーンハートは、2020年8月に妊娠時系列を健やかに過ごすための動画情報サイト&オンラインショップ『つきみちる』を立ち上げました。


婚活・妊活・妊娠・産後。



昨今の晩婚化・晩産化に伴い、女性のライフイベントには様々なストレスがかかります。体内のミネラルバランスを整えることが心身の健康維持に有用であることは、いくつもの海外文献でも報告されています。
株式会社グリーンハートが開発・販売している、国産の牡蠣をベースにしたマルチミネラルサプリメント「つきみちる」は、牡蠣のもつ亜鉛などのミネラルをバランスよく含有するほか、特殊製法によりアミノ酸・ペプチドレベルまで分解された牡蠣のタンパク質が手軽に補給できるのが特徴です。特に、アミノ酸の中でも必須アミノ酸含有量が多いことが、様々なトラブルに寄り添うことができる大きな理由です。


未病総研グランプリアワード開催概要



日時:2022年8月28日(日)13:30~17:00
開催:オンライン開催(zoomミーティング形式)
主催:一般社団法人 日本未病総合研究所
後援:一般社団法人 日本未病学会
コメンテーター:吉田 博、長岡 功、矢澤 一良
URL:https://www.mibyou-united.org/



日本未病総合研究所が提唱する『未病ケア食品』とは



日本未病総合研究所は、少子超高齢化の時代に国民皆保険制度の持続を目標に、健康医療システムにおける新たな発想、「未病」を創出し自助ケアすることを目的として設立されました。
つまり、「健康」と「病気」は連続しており、その間にみられる「未病」という身体状態を明確化し、理解することで自助ケアを啓発し、「病気になりにくい身体づくり」を提唱しています。
「未病ケア食品」は1.安全性、2.機能性(エビデンス)、3.適正価格性、4.SDGsを加味したうえで、未病とSDGsの意義に賛同し「社会の環境・健康」に寄与する商品、をテーマに選出されます。


つきみちる(サプリメント)


数々の臨床研究でミネラル改善等による健康増進効果が実証されている
オイスターキュアをベースに、女性が出張や旅行時にも手軽に持ち運べる
1回ずつの個包装にしました。
やせ型・たんぱく質の補給が苦手・ミネラルバランスが悪いなどの方は
妊娠時系列によって引き起こされる未病ケアにご活用ください。
主成分の亜鉛だけでなく、牡蠣のもつ多くのミネラルや必須アミノ酸が、
特殊な酵素分解製法により丸ごとぎゅっと詰まっているのが特徴です。(安全試験実施済み)
※牡蠣アレルギーのある方は摂取をご遠慮ください。
※本商品は、医薬品ではなく食品です。

妊活・妊娠・産後は、普段以上に健康に気を使う必要があります。妊活や胎児健康のためだけではなく、免疫力の低下を防ぐためにも「亜鉛」の摂取が重要となります。亜鉛を普段の生活の中で摂取するにはサプリを用いるのが一番手軽で、栄養を補うことができます。

「つきみちる」オンラインショップ:https://tsukimichiru.shopselect.net/
動画情報サイト「つきみちる」:https://tsukimichiru.green-heart.co.jp/
株式会社グリーンハート:https://www.green-heart.co.jp/
お問い合わせ:https://thebase.in/inquiry/tsukimichiru-shopselect-net

【会社概要】
会社名:株式会社グリーンハート
代表取締役:尾都野 信子
所在地:山口県周南市新町1-52 あさひビル2F
事業内容:健康関連サービス、高度管理医療機器等販売業・賃貸業(第12200179号)
公式HP:https://www.green-heart.co.jp/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)