美容・健康

新コスメブランド「AMIDA Beauty」 2022年8月30日(火)デビュー

株式会社サンフェニックス
瞑想指導者、書家である MASAYO がネパールのアーユルヴェーダの知識とスパ運営の経験を通じてプロデュースし、⻤道の芸術家MICO MAI がブランドイメージ作品“AMIDA”のアートパッケージをSDGsに配慮し制作、総合プロデュースした、新ブランド。


AMIDA Beautyプリンセピアオイル 、ルビーロックソルト


AMIDA Beauty

瞑想を指導している中で感じることは、まず体が健やかでなければ、精神が輝きを放つことができないということです。瞑想も体を整えるアプローチのひとつです。そして、より多くの皆さまとそのアプローチを分かち合う為に生まれたのがAMIDA Beautyです。肌や体を慈しむことは自らを大切にすること。スキンケアやバスタイムは、自身の体調の変化に、美しさを見出し、自分を愛する契機となります。社会が大きく変化していく中で、不安を感じている方も多いと思います。AMIDA Beautyはそのような方々のサポートとなる製品開発をしています。


ブランドイメージ作品 「AMIDA」 by MICO MAI

「はかりしれない光を持つ者」として生まれた阿弥陀如来。すべての人々を愛し、寄り添い、自身は座ることもなくひたすら救済につためたといわれる阿弥陀如来の姿は、混乱を極める現代にこそ求められる。そう感じたMICO MAIが、現代の阿弥陀如来として生み出したのがAMIDAです。日々の慌ただしさに疲弊して、本来の美と健康を損ねている人が多い現在。自然の力を取り込むことで自らの生命力を呼び覚まし、本来の美しさと健やかさ、そしてHappinessを手に入れてほしいという願いが込められています。AMIDAの白薔薇の雫から生まれたAMIDA Beautyで、内側からも外側からも美と健康に働きかけ、皆様がより自分らしく、生き生きと過ごせることを願っています。


AMIDA Beauty 製品

美しさの根源は" Happiness “です。
" Happy "でいることが最高の美容です。
「肌を幸せにするものだけを丁寧に与えたい」と、大自然の恵みを活かすことを追求しました。ヒマラヤのルビーロックソルトと黄金のオイルといわれるプリンセピアオイルを発売します。いにしえから伝わるアーユルヴェーダの知恵を活かした「AMIDA Beauty」は、大自然の力をかりて、“Happiness ”を皆さまへお届けします。


プリンセピアオイル Princepia Oil
(美容オイル) 30ml ¥22,000(税込)

[AMIDA]プリンセピアオイル


肌も心も満たす、ヒマラヤの黄金のオイル

ヒマラヤの険しい高地に自生するバラ科の植物、プリンセピア。その赤い果実からとれる黄金のオイルは、古くからリウマチや筋肉痛の常備薬として珍重されてきました。AMIDA Beautyのシリーズでは、コールドプレス製法で、美容成分を壊さずに抽出したプリンセピアオイルに、必須脂肪酸が豊富なアルガンオイルを配合。さらに、厳選した天然精油の香りで深い呼吸をサポートし、心身の緊張をほぐし、肌も心もリラックスしていきます。

配合成分

・プリンセピアオイル : ネパール産。ヒマラヤ山岳地帯に自生するプリンセピアの実をひとつずつ手摘みで採取。 オメガ3やリノール酸、不飽和脂肪酸、ビタミンA・D・E・Kが豊富な保湿成分。

・アルガンオイル: モロッコ産。ビタミンうE、必須脂肪酸、オレイン酸が豊富。保湿と肌サビ対策。

・天然精油: ・イランイラン(マダガスカル産) ・ローズマリー(チュニジア産)

※天然精油を絶妙なバランスで配合。心地よい香りで呼吸が自然と深くなり肌と心をリラックスモードに導きます。

使用方法

保湿のためのスキンケアに、またリラックスのために香りを楽しむ使い方もおすすめです。
・化粧水の後、またはスキンケアの最後に1~2滴を手に取り、包み込むように顔全体に塗る。
・化粧水や乳液などに1~2滴をプラスしてリッチなテクスチャーに。
・ボディやネイル、ヘアケアにも使えるマルチオイル。
・疲れを感じたとき、ヨガや瞑想を始める前、手のひらに一滴落とし、香りを感じながら深呼吸。


ルビーロック バスソルト RUBY ROCK Bath Salt
(入浴剤) 50g ¥8,800(税込)


[AMIDA]ルビーロックバスソルト
最高峰のヒマラヤ岩塩で、芯からの温浴を

ヒマラヤの山岳地帯で、3億8千万年前の地層から採掘される天然岩塩、ルビーロックソルト。ヒマラヤ山脈の海抜4000ⅿ地帯で採取された岩塩は、独特の赤い色が特徴です。これは海水がマグマの熱と圧力で結晶化して生まれたといわれています。13種類のミネラルを有しており、中でも現代人が不足しがちな鉄分や銅、亜鉛などを多く含んでいます。とても希少な天然岩塩で海外では主に食用に珍重されています。 AMIDA Beautyでは、独自ルートから入手し、健康と美容に役立てるための入浴剤を作りました。

・手掘りで採掘、丁寧に精製:採掘場は険しい山岳地帯にあり、機械を持ち込むのも難しい山道のため、職人が手で採掘し、手作業で洗浄や粉砕、不純物除去をし、高純度なバスソルトに精製しています。
・レアでピュアな岩塩:長い年月をかけて地中で結晶化した岩塩は、食用や医薬、入浴と様々に活用されています。ヒマラヤの山岳地帯からとれるこの岩塩は、人類による環境汚染が始まる前のピュアな海水が凝縮した極めて希少なもの。天然由来の硫黄のような香りも特徴のひとつです、入浴に使うと、まるで天然温泉のように温まり、体の芯までポカポカになります。

ルビーカラーのガラスボトル

ラグジュアリーなガラスボトルは、中身を使い終わった後は、ディフューザーとして、お花を飾るベースとしてお使いいただけます。

配合成分
・塩化ナトリウム(天然岩塩)
使用方法
・通常入浴される温度のお湯に、約25gを入れて溶かして入浴してください。発汗が促されるので、しっかり水分補給をしてください。


Art Package

豊かで慈愛に満ちたAMIDA世界観を堪能いただけるように、MICO MAIがデザインしました。目にするだけで高揚感があるルビーカラーは、AMIDAの『光』。ボックスは目にした方にエネルギーがわくよう、AMIDAの姿をあしらいました。美しさと幸福を形にしたパッケージをライフスタイルに取り入れ、アートをお楽しみいただけます。
アートパッケージ

SDGs

ヒマラヤの大自然の恵みを受けて誕生したAMIDA Beauty。ネパールの文化や人々の素晴らしさを広く伝え、より良い世界を構築するサポートをしたいと考えています。収益の一部を文化活動に寄付しています。日本には10万人近くのネパール人暮らしており、彼らが拠り所とする寺院の一つがシュリー・スマンガラ寺院です。カトマンズの南にあるパタン市最古の寺院で、ヒンドゥー教の女神、ラクシュミーを本尊に祀っています。およそ8割がヒンドゥー教ともいわれるネパール文化の懸け橋となるべく、収益の一部をシュリー・スマンガラ寺院へ寄付させていただいてます。

ネパール


AMIDA Beautyのお求めは、公式ホームページにて https://amida-beauty.com
https://www.instagram.com/amida_beauty/

サンフェニックス・ラボについて https://sunphoenix-lab.com
サンフェニックス・ラボは、2001年の創業以来、“美しく生きる”をテーマに、自分自身の内なる美しさ、豊かさを引き出すためのお手伝いをしています。MASAYO考案、独自のスタイルの黄金瞑想を通じて幸せに生きるためのアドバイスをし、MICO MAI独自の表現方法でアート活動を行っております。常に進化を続け、新しいものを生み出し、アートと通じて世の中にHappyな光を届けます。絵画作品やパフォーマンスなどの奉納を行い、社会貢献を目指します。

アーティスト紹介

MASAYO
MASAYO

サンフェニックス・ラボ創設者。瞑想指導者、書家。20年以上にわたり瞑想を指導。ネパールのアーユルヴェーダに出会い、その思想と独自の思想を共鳴させ、時代に合った独自の黄金瞑想を創始。その知識とスパ運営の経験を活かした化粧品を開発。
instagram
https://www.instagram.com/masayolife/ https://www.instagram.com/golden_meditation/


MICO MAI

MICO MAI

鬼道の芸術家、メディテーションマスター。15歳からカナダやアメリカで過ごした後、イギリスの名門芸術大学セントラル・セント・マーティンズに学ぶ。東日本大震災を契機に帰国し、独自のスタイルの絵画制作やパフォーマンスなど幅広いジャンルで活動中。
instagram
⚫︎MICO MAIの活動 https://www.instagram.com/mico_mai/
⚫︎MICO MAI作品集 https://www.instagram.com/shamanic_artist_mico_mai/
MICO MAIの会期中のアートイベントのオープニングトークイベントは下記Youtubeでご覧いただけます。
8/28 – 9/3 MICO MAI’s Perfect Harmony Exhibition at Four Seasons Hotel Tokyo at Otemachi

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)