デジタル製品・家電 美容・健康

台湾 医療機器メーカー Leadtekヘルスケア/ウエルネス製品シリーズとして「ミニ リフレッシュガン」の販売を開始

リードテックジャパン株式会社
≪ 第二弾製品:ボディケア/リフレッシュ ツール ≫

台湾の医療機器メーカーでもあるLeadtek Research Inc.(本社:台湾 以下、Leadtek、日本法人 リードテックジャパン株式会社)は、ヘルスケア/ウエルネス製品 ZJPシリーズとして、ボディケア/リフレッシュを目的とした「ミニリフレッシュガンZJP−G02」の販売を9月初旬より開始いたします。



コロナ禍において、感染防止のための外出を控え気味な生活を心がける日常や、企業におけるリモートワークを推奨してきたこともあり、慢性的な運動不足を懸念している人も増えてきております。また、PCやスマートフォンの普及から長時間に渡って同じ姿勢でいることが増えたことで、これまで以上に健康への関心が強まっています。
このような声を受けLeadtekでは、医療機器メーカーとして推奨できるヘルスケア/ウエルネス製品の開発を進めて参りました。
今回 その第二弾として自宅や移動先でも使用できるボディケア/リフレッシュツールとしてのミニリフレッシュガンの販売を開始いたします。

Leadtek ミニリフレッシュガン「ZJP−G02」〈軽量でコンパクトながら、パワフルで心地よい振動強度を実現〉



Leadtek ミニリフレッシュガン「ZJP−G02」は、お手軽に自宅や外出先で身体のメンテナンスができる操作性と性能を備えており、先端のアタッチメントの振動によって筋肉に刺激を与えることによるボディケア/リフレッシュを目的としたボディメンテナンスツールです。


Leadtek ミニリフレッシュガン「ZJP−G02」の特徴

Leadtek ミニリフレッシュガン「ZJP−G02」は、4種類のアタッチメントを付属し、
4段階の振動レベルで部位に応じた強度調節が可能です。

〈4種類のアタッチメント〉


・球形
・U字形
・平形
・円錐形

〈4種類の振動レベル〉

◆ レベル1:1900回
◆ レベル2:2200回
◆ レベル3:2600回
◆ レベル4:3200回

● 製品仕様
・本体サイズ:約123×72×36mm
・重量:約320g(本体のみ)
・バッテリー:充電式(800mAh リチウムイオン充電池 内蔵)
 − 充電時間:約2時間
 − 連続使用時間:約3時間

● 製品内容物
・ 製品本体 1台
・ 取扱説明書(保証書付き) 1部
・ 専用アタッチメント 4種
・ 専用収納ケース 1個
・ 充電用USB Type-Cコード 1本

●予想店頭販売価格
・ 12,980円(税込み)

●Leadtek ミニリフレッシュガン「ZJP−G02」 Webサイト
https://zjp.leadtek.com/g02/

● Leadtek ミニリフレッシュガン「ZJP−G02」 紹介ビデオ




Leadtek Research Inc.について

Leadtek Research Inc.は、1986年に台湾・台北に設立され、中国と日本に支社があります。Leadtekは、世界的に有名なコンピューターおよびスマート医療の研究開発メーカーで、半導体メーカーNVIDIAの長期的なパートナーでもあります。「研究と革新、品質第一」という不変の信念を堅持し、GeForceグラフィックスカード、Quadroグラフィックスカード、AIワークステーションおよびサーバー、AI管理ソフトウェア、デスクトップ仮想化ゼロクライアント/シンクライアント・ソリューション、スマート医療/ヘルスケア・ソリューションとビッグデータ・ソリューションなどの製品を発売しています。

近年、特にLeadtekは、医療およびヘルスケア製品開発に専念し、ヘルスケアブランド「amor」を確立し、さまざまなリモートケア、モバイル医療、ヘルスIoT製品を開発しています。Leadtekの自律神経分析装置は2004年に台湾の認証を取得し、2008年に中国本土の認証を取得しており、現在、台湾と中国本土において約300の病院と診療所が導入しています。

台湾証券取引コード:2465

■コーポレートウェブサイト
https://www.leadtek.com

■ 日本語 Webサイト:
https://www.leadtek.com/jp/

今後もLeadtekは、医療機器メーカーとして、日本の健康市場に役立つ製品を提供してまいります。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)