医療・医薬・福祉

「ころやわ(R)️」の需要増を受け、生産・物流拠点を拡張

株式会社Magic Shields
スピーディに製品をお届けするため、事務所や研究開発部門も集約し、移転

株式会社Magic Shields(本社:静岡県浜松市、代表取締役:下村明司、以下マジックシールズ)は、需要が増えている自社製品、転倒骨折リスクを低減する新しい床材「ころやわ(R)️」をお客様へタイムリーに提供するため、生産・物流拠点を拡張するとともに、社内の連携強化を図るべく、事務所および研究開発、生産・物流拠点を集約し、浜松市東区植松町から浜松市中区法枝町へ移転いたしました。




新事務所は、生産部門の作業場兼倉庫エリアで約500平米と、これまでの拠点の3倍以上の広さとなり、お客様よりいただいている多くの引き合いにタイムリーにお応えするための生産・物流体制に強化しました。また、事業の成長に伴う今後のさらなる組織拡大に備え、事務所エリアも拡大いたしました。さらに、浜松都田インキュベートセンター(浜松市北区)に構えていた研究開発拠点も集約し、これまで以上に開発と生産と管理部門の連携強化を図ります。今後、新事務所には「ころやわ(R)︎」をご体験いただけるショールームの準備も進めております。

■ 移転先住所
〒432-8053 静岡県浜松市中区法枝町115  ※電話番号は変更ございません。

マジックシールズは 「すべての人が骨折を気にすることなく、自分の意思で自由に動ける」社会の実現を目指し、転倒にまつわる課題を独創的な技術と革新的な仕組みで解決することを使命にしています。新しく拡張した拠点にて、スピード感あるものづくり・価値づくりを実現し、社会課題の解決を加速させてまいります。


◆株式会社マジックシールズについて ―――――――――――――――――――――――――――――――
マジックシールズは2019年に設立された、自動車工学と医学をベースに新素材と構造「メカニカル・メタマテリアル」の研究開発、および製造・販売を行うスタートアップです。世界で増加している高齢者の転倒による骨折を減らすため、マジックシールズは転んだときだけ柔らかい「可変剛性構造体」を使った、これまで困難とされていた「歩行安定性」と「衝撃吸収性」の両方をあわせ持つ床材「ころやわ(R)️」を開発し、医療や福祉施設へ提供しています。
https://www.magicshields.co.jp
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)