美容・健康 医療・医薬・福祉

「コロナに負けるな!炎症性腸疾患(IBD)患者の自炊の悩み解消!」Gコミュオンラインチャット開催のお知らせ

株式会社ジーケア
株式会社ジーケア(所在地:東京都千代田区・代表取締役 堀田伸勝、宮崎拓郎、以下ジーケア)は、国の指定難病の炎症性腸疾患(IBD)患者向けオンラインコミュニティ「Gコミュニティ」内で、IBD患者とそのご家族向けにGコミュオンラインチャット「コロナに負けるな!IBD患者の自炊の悩み解消!」を4月26日(日曜日)の10時-12時に開催することをお知らせします。


GコミュニティURL:https://gcarecommunity.com/



【Gコミュオンラインチャットとは】
「Gコミュオンラインチャット」とは、IBD患者とそのご家族を対象としたクローズドオンラインコミュニティ「Gコミュニティ」内のおしゃべり広場(チャットルーム)で定期的に開催しているオンラインイベントです。今回、新型コロナウイルスの影響でこれまで以上に自炊と向き合わなければならなくなったIBD患者さんやご家族も多いことから、食事・栄養の専門家や自炊が得意なGコミュニティ患者ユーザーさんにお声がけし、オンラインチャット交流会「コロナに負けるな!IBD患者の自炊の悩み解消!」を開催するに至りました。交流会を通して、IBD患者さんが少しでも自炊の不安や悩みを解消し、患者さんそれぞれがご自宅でも自分のIBD症状に応じたバランスの良い食生活を送れることを目的としています。

【炎症性腸疾患(IBD)とは】
炎症性腸疾患(IBD)とは、主に20-30歳代の若い人に原因不明の腸の炎症を伴う病気で、潰瘍性大腸炎、クローン病の総称です。生涯に渡る治療が必要であり国の難病に指定されています。IBDは指定難病の中でも患者数が最も多く、国内の患者数は約 25 万人と言われ現在も増加の一途を辿っています。IBD領域では専門家(IBDの臨床経験豊富な消化器専門の医師など)が不足していることに加え、インターネットなどでは正誤様々な情報が溢れており、治療や生活に必要な正しい情報を得ることが困難な状況にあります。

【Gコミュニティとは】
Gコミュニティは、患者を対象とした医療の専門家(医療従事者・研究者)と患者が一緒に作る患者向けクローズドオンラインコミュニティです。コミュニティ内では、医療の専門家(医師・米国管理栄養士・研究者など)からの科学的根拠に基づいた情報が得られることに加え、医療の専門家や他のIBD患者さんへ治療や生活に関する様々な質問を気軽にすることができます。2019年7月に開始し、2020年4月20日時点で、登録ユーザー数が640名に到達し、患者・専門家のコメント数は2800を超えました。


【株式会社ジーケア】
米国ミシガン大学留学中に出会った堀田伸勝(消化器専門医・医学博士)、宮崎拓郎(米国管理栄養士・公衆衛生学修士)、鈴木紀之(経営学修士)が2018年9月に創業。現在に至る。
・グロービスのアクセラレータプログラム「G-STARTUP」2nd Batch Incubation Track採択
・東京都スタートアップ支援プログラム「ASAC」 第8期採択

【お問い合わせ先】
株式会社ジーケア
担当者:宮崎拓郎、鈴木紀之
Email:takuro.miyazaki@gcareglobal.com、noriyuki.suzuki@gcareglobal.com
URL:https://gcareglobal.com/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)