暮らし 医療・医薬・福祉

DVやモラルハラスメントの克服を支援するオンラインプログラム「Re:pair(リペア)」β版サービスを開始

Hummingbird
脱暴力の先にある関係性の作り方まで、DV加害者支援を半年間のプログラムで実施

カップル・夫婦に特化したカウンセリングルーム「Hummingbird(ハミングバード)」は、価値観の不一致、不倫・浮気、セックスレスからの関係修復を専門に、10年間支援してきました。この度、その知見を生かし、DVやモラルハラスメントを克服して、更にその先にある、あたたかな関係を目指す、DV加害者向けの脱暴力オンラインプログラム「Re:pair(リペア)」を開発、β版としてサービス提供を開始いたします。 DV加害者向けの脱暴力オンラインプログラム「Re:pair」:https://re-pair.online





Re:pair開発の背景




DV加害者支援に取り組んだ理由


DVについて、被害者支援は行われてきましたが、加害者支援はあまり注目されてきませんでした。そればかりか「暴力は治らない」と放置されてきました。しかし、夫婦・カップルの暴力の問題に向き合う中で、被害者を守るだけでは不十分だと感じるようになりました。

DV加害者は、たとえ今のパートナーと関係修復できなかったとしても、一人で生きていかない限り「親密な関係の中での暴力」というテーマが人生についてまわります。どこかで脱暴力の先にある、関係性の作り方を習得していかなければ、同じことを繰り返し、さらなるDV被害者を生んでしまいます。社会全体からDVをなくすためには、被害者・加害者のどちらにも適切な支援が必要なのです。

Re:pairを受講していただきたい方
・ついパートナーに暴力や暴言、嫌な思いをさせてしまう方
・自覚はないがパートナーから、DVやモラルハラスメントの改善を求められている方
・パートナーが家を出て行ってしまって、改善のために何か努力をしたい方
・過去の結婚や恋愛で暴力やモラルハラスメントがあり、今後のために改善をしたい方
・調停で、何かしらの努力をしろと言われたり、誠意を示すためにやれることをやりたい方


代表メッセージ
Re:pairは、暴力のない、ハラスメントのない関係性をつくることを目指す全ての人へ開かれたプログラムです。目的は、暴力、ハラスメントがなく、さらにパートナーと二人共が「あたたかい、心地よい」と感じる関係性をつくる力を養うことにあります。本プログラムは、受ければ全ての人が改善するという魔法のようなプログラムではありません。ただ、本気で改善したいと取り組む人に対しては応えてくれるプログラムになったと思います。『理解する』と『できる』は大きな差があります。『できる』までこのプログラムはサポートします。このプログラムを通して一人でも多くの幸せなカップルが誕生、再生してくれればと思います。


Hummingbird 代表
松本健輔

公認心理師・臨床心理士。
立命館大学大学院 応用人間科学研究科 臨床心理学領域修了。大学、大学院ともカップル・夫婦の研究を行なう。2009年夫婦・カップル専門のカウンセリングルームとしてHummingbirdを設立。また、立命館大学と大阪府、大阪市、堺市の共同事業である虐待する父親たちのグループ『男親塾」や、立命館大学と京都府の共同事業の『男性問題相談室』に携わり、暴力問題にも関わっている。

・著書
「はじめての家族療法」(共著)北大路書房
「逆算子育て術 ゴールから考えるSFA教育メソッド」(共著)インプレス
「実践 離婚事案解決マニュアル」(共著)日本加除出版


Hummingbirdについて

2009年に大阪でスタートした、カップル・夫婦に特化したカウンセリングルーム。価値観の不一致、不倫・浮気、セックスレスからの関係修復はもちろんのこと、配偶者のうつや性加害、アルコール依存などの問題に、夫婦で取り組みたいという方への支援を専門的に行っております。

コンセプトは、カップル・夫婦が何を望んでいるのか。二人ともが何を解決とするのか、何を目指したいのかというイメージを作ることを一緒に行い、そこへどう進めばいいのかをお手伝いすると言うことです。利害が違う夫婦、たとえば「子どもが欲しい」「欲しくない」という葛藤を抱えている夫婦であれば、二人がどういう夫婦になりたいのかを整理していく過程で、その葛藤をどう解消するかを話し合っていきます。

通常のカウンセリングの場合、一人のクライアントさんが解決したと思えば解決です。でもカップル・夫婦は二人ともがそう感じないとゴールにはなりません。究極二人が満足ということは不可能かもしれません。でもそこへ少しでも近づくお手伝いをする場が、Hummingbirdです。

URL:https://www.hummingbird-cr.com



Re:pairの特徴



1.オンラインで、地域・時間の制約をなくし、相談のハードルを下げる




夫婦関係やパートナーとの関係について、カウンセラーや相談先がなかなか見つからずに一人で悩む方、専門家への相談はハードルが高いと感じる方が多いのではないでしょうか。また、そもそもお住まいの地域によっては、カウンセリングを受けられる機会や機関が都心に比べて少ないというのも現実です。私が主宰するカウンセリングルームにも、遠方から来られている方もたくさんいらっしゃいます。

そこで「Re:pair」では、オンラインでの動画視聴&ワークに取り組むというプログラムを開発。時間や場所に縛られず、また非対面なので気軽に、問題解決へ向けての一歩を踏み出すことができます。

そして、首都圏や都心部に偏りがちだった支援をオンラインで提供することにより、日本全国どこに住んでいても、DVで悩む夫婦・カップルが良好な関係を取り戻すきっかけとなります。


2.動画とワークを通して、気づきや理解をし、さらにワークを通して自分毎として考え、習慣化を目指す。

動画の一例。自分を客観的に見つめ直すことができる。

ホームページから受講を申し込み、決済が完了すると、10ステップの動画とワーク(課題)に半年間アクセスできます。パソコン、タブレット、スマホのいずれでも利用でき、時間も場所も選びません。また、有効期間中は何度でも繰り返し動画を見ることができます。ワークはオンラインで提出し、10ステップ完了後は、臨床心理士・公認心理師がオンラインカウンセリング(30分)を行い、フォローアップします。なお、個別に相談が必要な方には、オプションで個別/カップルカウンセリングも可能です。

<10ステップの一例>
・自分の納得できない気持ちを整理する
・怒りのスイッチを理解する
・被害者の心理を理解する


こういったトピックについて、一つずつ動画で学んでいき、視聴後に出されるワークに取り組むことで、自分の感情を観察し、認識し、制御するトレーニングをします。

Re:pairは、「わかった」ことをゴールにはしません。暴力はいけない、これが暴力になる、関係をよくしようと思ったらこんな方法をした方がいい、自分達のカップルはここを改善する必要がある。暴力への気づきが必要ですし、暴力の代わりになる方法を知ることも大切です。ただ、ダイエット方法を知っている全ての人がダイエットに成功しないように、気付いても理解しても改善には不十分です。そこから、習慣化していくことをこのプログラムは大切にしています。

パートナーともう一度、手をつなぎたい。そんな思いにRe:pairは伴走します。



Re:pair 名前の由来







Re … 再び
Pair … 二人
Repair … 修復する

「二人の関係性を修復し、再び新しい二者関係を築く」ことを目指して、組み合わせ「Re:pair」と名付けました。






サービス概要


・サイトURL https://re-pair.online/
・サービス開始 2022年8月30日(火)
・料金 半年間有効 59,000円(税別)
 →先着30名様限定 29,000円(税別)

まずはβ版としてサービスを提供開始いたします。先着30名様には、半額でご利用いただき、実際の使用感などをフィードバックお願いいたします。いただいたご意見を反映し、プログラムをブラッシュアップしたうえで、正式リリースいたします。




お問い合わせ先


下記フォームより、お問い合わせをお願いいたします。
https://re-pair.online/contact

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)