教育・資格・人材 医療・医薬・福祉

【本日、やさいの日(8/31)のサプライズ企画】夏休みも頑張る学生さんに600本の野菜ジュースでサプライズエール

学校法人西大和学園大和大学
株式会社世田谷自然食品と大和大学が初コラボ!

サプライズターゲット:8月31日(水)1限目に訪れた保健医療学部の学生約220名





<概要>
大和大学(所在地:大阪府吹田市、学長:田野瀬 良太郎)は、コロナ禍における学生支援の取組みとして、「株式会社世田谷自然食品」とサプライズ企画を実施いたします。
国家資格取得へ向けて、夏休みもがんばる大和大学・保健医療学部の4年生を対象として、記録的猛暑が続くこの夏を健康にがんばっていただけるよう、講義室を野菜ジュースで埋め尽くすサプライズエール企画を準備しました。コロナ禍における医療従事者の役割は日に日に増すばかり。野菜ジュースにちなんで「やさいの日(8/31)」に実施します。

対象:看護学科・理学療法学専攻・作業療法学専攻・言語聴覚学専攻の学生約220名


<今回ご提供いただくジュース>
「十六種類の野菜」と「コクとろ極みの野菜」の2種類の野菜ジュース。
”十六種類の野菜”はうま味たっぷりのトマトを主体としたフレッシュなジュースで、おいしく毎日の健康生活をサポートします。
”コクとろ極みの野菜”は「コク」と「とろみ」を極めた、今までにない濃厚な飲みごたえの野菜ジュースです。にんじの自然な⽢みを活かして、野菜そのものを食べているかのような飲み心地をお楽しみいただけます。

<コラボレーションに至った背景>
■ 株式会社世田谷自然食品 企画部 広報担当 コメント
「コロナ禍でひっ迫する医療業界。医療従事者を志す学生さんを応援したい!」そのような思いからこちらのサプライズエールを企画しました。来年2月の国家試験に向けて、酷暑の夏を懸命にがんばる学生さんたちの様子をお伺いし、力になれることがあればぜひやらせていただきたいと考え、やさいの日に約600本の野菜ジュースを提供します。たくさんの不安と戦う未来の医療従事者に弊社の野菜ジュースで「健康に気をつけてがんばってください」とエールを送ることができれば幸いです。
株式会社世田谷自然食品公式Twitter:@STGYSS_Official

■ 大和大学 入試広報本部 コメント
毎年、多くの医療従事者を輩出する学校法人西大和学園グループ。大和大学は看護師・保健師・助産師・理学療法士・作業療法士・言語聴覚士の養成を行っています。コロナ禍によりひっ迫する医療業界に次代を担う人材を輩出すべく、教職員一丸となってサポートしています。本学としましては、企業の方々と協同し、学生たちに少しでも健康的で前向きに国家試験に向かって欲しいという思いから、こちらのサプライズを企画しました。世田谷自然食品様とはTwitterで親しくさせていただいており、東京からの熱きエールはきっと学生たちの励みになると信じています。なお、野菜ジュースをご提供いただけるということで、夏休みも国家試験に向けてがんばる学生を応援すべく、8/31に設定しました。
大和大学公式Twitter:@yamatodaigaku

<世田谷自然食品について>
世田谷自然食品はサプリメント、食品、化粧品を扱う通販企業です。
2001年の設立以来、「自然のちから」を活かすというコンセプトを大切にしてきました。保存料・合成着色料などをできるだけ排除し、体にやさしい自然の素材を多く使った商品づくりを追求しております。安心・安全であることはもちろん、美味しく、そして心豊かになるような商品をお届けし、暮らしの様々なシーンでお客様に寄り添っていきたいと考えています。
■ 企業名:株式会社世田谷自然食品
■ 住所:〒158-0097 東京都世田谷区用賀4-10-1 世田谷ビジネススクエアタワー棟21階
■ 電話番号:03-6738-7300(代表)
■ HP:https://www.s-shizensyokuhin.com/

<大和大学について>
学校法人西大和学園グループの集大成として2014年春に開学した新しい大学です。これまでにないスピードで変化と発展を遂げる現代社会において、必要とされるのは「失敗を恐れず、挑戦する」姿勢を持った人材。大きな志を以て自分の掲げる理想のために邁進する人材を育てることをめざし本学を設立しました。2023年4月には新たに情報学部を開設します。
■ 大学名:学校法人西大和学園 大和大学
■ 住所:〒564-0082 大阪府吹田市片山町2-5-1
■ 電話番号:06-6155-8025(広報部)
■ HP:https://www.yamato-u.ac.jp
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)