教育・資格・人材 その他

【武蔵野大学】高齢期のしあわせづくりを目指す「古稀式」9月11日(日)に武蔵野キャンパスで初めて開催!

学校法人武蔵野大学
高齢期の課題やプランニングについて学ぶワークショップも実施

武蔵野大学(武蔵野大学しあわせ研究所)は、2022年9月11日(日)に本学の武蔵野キャンパス(東京都西東京市)にて、キャンパス近隣の西東京市、武蔵野市、三鷹市、小金井市の四市から後援を得て、「古稀式」を初めて開催します。




【本件の内容】
武蔵野大学は、建学の精神に基づき「世界の幸せをカタチにする。」をブランドステートメントとして掲げ、しあわせ研究所を中心に取り組みを行っています。その一つとして、日本だけでなく世界的課題である高齢化社会に関する「しあわせ」のあり方も研究しており、「高齢者学」として学術的にも注目されています。
今回は本学主催で古稀を迎えた市民の皆様をお祝いするとともに、人生100年時代を迎え「70歳からの人生をいかにしあわせに生きるか」をテーマに樋口恵子氏による「基調講演」のほか、高齢期の課題やプランニングの重要性などについて学ぶ10種類のワークショップを開催いたします。
なお本件は、本学が日頃から連携している西東京市、武蔵野市、三鷹市、小金井市の四市から後援を得て、初めて開催するイベントになります。

【概要】




【スケジュール】




詳細はこちら https://prtimes.jp/a/?f=d67788-20220809-12d48ccf04b0137775428b5a4ec97838.pdf

【関連リンク】
■ 武蔵野大学 Musashino University Creating Happiness Incubation(しあわせ研究所):
  https://www.musashino-u.ac.jp/research/laboratory/happiness_incubation.html

【武蔵野大学】
武蔵野大学有明キャンパス
1924年に仏教精神を根幹にした人格教育を理想に掲げ、武蔵野女子学院を設立。武蔵野女子大学を前身とし、2003年に武蔵野大学に名称変更。2004年の男女共学化以降、大学改革を推進し12学部20学科、13大学院研究科、通信教育部など学生数13,000人超の総合大学に発展。2019年に国内私立大学初のデータサイエンス学部を開設。2021年に国内初のアントレプレナーシップ学部を開設し、「AI活用」「SDGs」を必修科目とした全学共通基礎課程「武蔵野INITIAL」をスタートさせる。2023年には国内初のサステナビリティ学科を開設する。2024年の創立100周年とその先の2050年の未来に向けてクリエイティブな人材を育成するため、大学改革を進めている。
武蔵野大学HP:https://www.musashino-u.ac.jp
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)