医療・医薬・福祉

【岡山大学】副作用の観点から腎癌に対する薬物治療の個別化を推進!~リアルワールド・ビッグデータを実臨床に還元~

国立大学法人岡山大学

2022(令和4)年 8月 31日
国立大学法人岡山大学
https://www.okayama-u.ac.jp/




<発表のポイント>


医療情報ビッグデータを活用したデータサイエンスにより、腎癌に対する主要な2つの薬物療法について、副作用を解析しました。
リアルワールドデータ(※)から、これら2つの療法で特に注意が必要な副作用を明確にし、2つの療法における副作用の差を明らかにしました。
本研究成果は、副作用の観点から各腎癌患者さんに適した薬物療法の選択に繋がることが期待されます。



◆概 要
 国立大学法人岡山大学(本部:岡山市北区、学長:槇野博史)学術研究院医歯薬学域(薬)の松本准助教、薬剤部の座間味義人教授、濱野裕章講師、牛尾総一郎特任助教、岩田直大薬剤師、学術研究院医歯薬学域(薬)の有吉範高教授、学術研究院医歯薬学域(医)の荒木元朗准教授、那須保友理事(研究担当)・副学長をはじめとする共同研究グループは、医療情報ビッグデータを活用したデータサイエンスにより、腎癌に対する最新の薬物併用療法であるアキシチニブ+ペムブロリズマブとレンバチニブ+ペムブロリズマブの副作用の差を初めて明らかにしました。

 近年、腎癌に対して免疫チェックポイント阻害剤とチロシンキナーゼ阻害剤を組み合わせた新しい薬物療法が複数開発され、大きく注目を集めています。しかし、それぞれの療法の効果は一長一短であり、どの療法を選択するべきか、いわゆる“ものさし”となる指標が極めて乏しい状況です。



 そこで本研究では、それぞれの副作用がどちらの療法で生じやすいかを明確にし、副作用という観点を“ものさし”とすることで、各腎癌患者さんに適した薬物療法を選択することを目指しました。今後は、本研究成果と腎癌患者さんの状態とを照らし合わせることによって、薬物治療の個別化が推進できる可能性があります。

 本研究成果は、2022年7月29日に欧州の泌尿器科学雑誌「European Urology Focus」にオンライン版として掲載されました。


※リアルワールドデータ:レセプトデータや電子カルテデータ、検診データなど、臨床現場での診療行為に関連する情報を集めた医療データを指します。今回の研究では、アメリカ食品医薬品局(FDA)が運営している有害事象報告システムから得られた副作用についてのリアルワールドデータを使用しています。


◆松本准助教からひとこと
 ビッグデータを用いたデータサイエンス研究により、現在最も注目されている最前線の薬物療法について、その治療戦略の構築に貢献できたと考えています。
 本研究は薬学部と医学部、および病院との連携によって実現した共同研究になります。今後も各部門との連携を大切にすることで、患者さんにとってより有益な成果を出していきたいと考えています。
松本准 助教


◆論文情報
 論 文 名: Adverse Events of Axitinib plus Pembrolizumab versus Lenvatinib plus Pembrolizumab: A Pharmacovigilance Study in FDA Adverse Event Reporting System
 邦 題 名「アキシチニブ+ペムブロリズマブ vs レンバチニブ+ペムブロリズマブ:FDA有害事象報告システムを用いた医薬品安全性監視研究」
 掲 載 紙: European Urology Focus
 著  者: Jun Matsumoto, Naohiro Iwata, Shogo Watari, Soichiro Ushio, Shoya Shiromizu, Tatsuaki
Takeda, Hirofumi Hamano, Makoto Kajizono, Motoo Araki, Yasutomo Nasu, Noritaka Ariyoshi, Yoshito Zamami
 D O I:10.1016/j.euf.2022.07.003.
 U R L:https://www.sciencedirect.com/science/article/abs/pii/S240545692200164X?via=ihub


◆詳しい研究内容について
 副作用の観点から腎癌に対する薬物治療の個別化を推進!~リアルワールド・ビッグデータを実臨床に還元~
 https://www.okayama-u.ac.jp/up_load_files/press_r4/press20220823-1.pdf


◆参 考
・岡山大学病院
 https://www.okayama-u.ac.jp/user/hospital/
・岡山大学病院 薬剤部
 https://pharm.hospital.okayama-u.ac.jp/
・岡山大学病院 泌尿器科/岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 泌尿器病態学分野
 https://www.uro.okayama-u.ac.jp/
・岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 疾患薬理制御科学
 http://www.pharm.okayama-u.ac.jp/lab/pmaphs/index.html


岡山大学鹿田キャンパス(岡山市北区)


◆本件お問い合わせ先
 岡山大学 学術研究院 医歯薬学域(薬) 疾患薬理制御科学分野 助教 松本 准
 〒700-8558 岡山県岡山市北区鹿田町2-5-1 基礎医学棟
 TEL:086-235-7873
 FAX:086-235-7873
 http://www.pharm.okayama-u.ac.jp/lab/pmaphs/index.html

<岡山大学病院との連携等に関する件(製薬・医療機器企業関係者の方)>
 岡山大学病院 新医療研究開発センター
 〒700-8558 岡山県岡山市北区鹿田町2-5-1
 下記URLより該当する案件についてお問い合わせください
 http://shin-iryo.hospital.okayama-u.ac.jp/ph_company/

<岡山大学病院との連携等に関する件(医療関係者・研究者の方)>
 岡山大学病院 研究推進課 産学官連携推進担当
 〒700-8558 岡山県岡山市北区鹿田町2-5-1
 TEL:086-235-7983
 E-mail:ouh-csnw◎adm.okayama-u.ac.jp
 http://shin-iryo.hospital.okayama-u.ac.jp/medical/

<岡山大学の産学官連携などに関するお問い合わせ先>
 岡山大学研究推進機構 産学官連携本部
 〒700-8530 岡山県岡山市北区津島中1-1-1 岡山大学津島キャンパス 本部棟1階
 TEL:086-251-8463
 E-mail:sangaku◎okayama-u.ac.jp
 https://www.orsd.okayama-u.ac.jp/

 岡山大学メディア「OTD」(アプリ):https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000011.000072793.html
 岡山大学メディア「OTD」(ウェブ):https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000215.000072793.html
 岡山大学SDGsホームページ:https://sdgs.okayama-u.ac.jp/
 岡山大学Image Movie (YouTube):https://youtu.be/pKMHm4XJLtw
 「岡大TV」(YouTube):https://www.youtube.com/channel/UCi4hPHf_jZ1FXqJfsacUqaw
 産学共創活動「岡山大学オープンイノベーションチャレンジ」2022年9月期共創活動パートナー募集中:
 https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000846.000072793.html

 岡山大学『THEインパクトランキング2021』総合ランキング 世界トップ200位以内、国内同列1位!!
 https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000070.000072793.html
 岡山大学『大学ブランド・イメージ調査2021~2022』「SDGsに積極的な大学」中国・四国1位!!
 https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000373.000072793.html
 岡山大学『企業の人事担当者から見た大学イメージ調査2022年度版』中国・四国1位!!
 https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000122.000072793.html


国立大学法人岡山大学は、国連の「持続可能な開発目標(SDGs)」を支援しています。また、政府の第1回「ジャパンSDGsアワード」特別賞を受賞しています
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)