医療・医薬・福祉

低侵襲手術のトップランナー 小児最先端外科医療の拠点 順天堂小児外科

学校法人 順天堂
順天堂医院 小児外科・小児泌尿生殖器外科 山高篤行 教授 インタビュー &「ダ ・ヴィンチ」実演・解説動画

日々進化する外科手術の世界。1999年に登場した手術用ロボット「ダ・ヴィンチ」は、腹腔鏡・胸腔鏡手術のように低侵襲でありながら開腹・開胸手術なみの高精度の手術を可能にしました。順天堂大学医学部附属順天堂医院の小児外科・小児泌尿生殖器外科は、わが国で唯一、小児の外科手術に「ダ・ヴィンチ」によるロボット支援手術を導入している診療科です。これまで多くの難治症例を治療してきた同小児外科主任教授の山高篤行先生が、ロボット支援手術や小児外科での手術への取り組みについてくわしく解説します。




順天堂大学ウェブサイト「CO-CORE」では、わが国で唯一、小児の外科手術に「ダ・ヴィンチ」によるロボット支援手術を導入している順天堂医院小児外科・小児泌尿生殖器外科の山高篤行教授のインタビューと動画「【順天堂小児外科の山高篤行教授が実演・解説】ロボット支援手術(ダヴィンチ手術)のドッキングから5cm立方の狭いワーキングエリアでの運針」を通して、「ロボット支援手術」や「小児外科での手術への取り組み」を紹介しています。

■順天堂大学「CO-CORE」特集記事
低侵襲手術のトップランナー 小児最先端外科医療の拠点 順天堂小児外科
URL:https://www.juntendo.ac.jp/co-core/consultation/yamataka202004.html


■動画【順天堂小児外科の山高篤行教授が実演・解説】ロボット支援手術(ダヴィンチ手術)のドッキングから5cm立方の狭いワーキングエリアでの運針
URL:https://youtu.be/Oq0vPixYBJs



<プロフィール>
山高 篤行(やまたか・あつゆき)
順天堂大学医学部附属順天堂医院
小児外科・小児泌尿生殖器外科 教授
1985年 順天堂大学医学部 卒業。海外ではイギリス、オーストラリア、ニュージーランド、国内では獨協医科大学で研鑚を積み、1997年順天堂大学医学部小児外科学講座講師、1999年同助教授、2006年より同教授。


<順天堂大学ウェブサイト「CO-CORE」とは>
「CO-CORE」と書いて「コ・コア」と呼びます。
順天堂の最新の取組みを、「教育」「研究」「診療・実践」に整理して順天堂ブランドのもとに発信。「教育」では、教職員・学生へのインタビューやワークショップなどを通して、「研究」では、順天堂における様々な研究について、「診療・実践」では、医師による最新の治療法や病院の建物や設備などをわかりやすく紹介しています。
URL:https://www.juntendo.ac.jp/co-core/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)