医療・医薬・福祉 ネットサービス・アプリ

往診サービスを提供するコールドクター、川崎市消防局、川崎フロンターレとともに記者会見を実施

株式会社コールドクター
~川崎市の救急車の適正利用を呼びかけ~

株式会社コールドクター(東京都渋谷区、代表取締役社長:合田武広、以下コールドクター)は、6月18日よりプロサッカークラブ「川崎フロンターレ」とオフィシャルパートナー契約を締結しました。その活動の一環として、8月31日に、川崎市消防局も含めた3者で川崎市における救急車の適正利用を啓発する記者会見を行いました。


■オフィシャルパートナー契約締結背景
コールドクターは創業者の一人が川崎市でクリニックを経営している縁で、2019年に川崎市でサービスを開始しました。そこからサービス開始4年目となる現在まで、往診サービスの提供のみに止まらず、新型コロナウイルス感染症に係るワクチン接種にて、接種業務に従事する医師や看護師の手配から会場運営の代行を一括して承るなど、様々な機会で川崎市とともに取り組んでまいりました。また、直近では川崎市産業振興財団主催の起業家オーディションにて、受賞もさせていただきました。※1そこで、今後も川崎市と歩みをともにしたいという思いから、6月より、川崎市の青少年の健全な育成や地域の発展等への貢献を目指し、プロサッカー事業およびスポーツの普及・振興に取り組む川崎フロンターレの活動に賛同し、オフィシャルパートナー契約を締結いたしました。

※1 第127回かわさき起業家オーディションにて、計8賞を受賞
▼受賞者紹介ページ
https://www.kawasaki-net.ne.jp/bizidea/idea127/entry12711.html

■8月31日共同記者会見について
コールドクターは、夜間休日の診療を取り巻く「受診できる医療機関が限られている」「診察まで長時間待たされてしまう」「受診を断られてしまうこともある」といった課題を解決するためにサービスを立ち上げました。そのため、急な体調不良時に誰もが適切なサービスを利用できる環境作りを目指し、SNSでの情報発信にも取り組んでおります。昨日は、プロサッカークラブ「川崎フロンターレ」とのオフィシャルパートナー活動の一環として、川崎市消防局も含めた3者で、救急車の要請に関する現状を伝え、適正利用を求めるポスター制作発表を行いました。
コールドクターは今後も地域に根ざした活動やサービス提供を通して、急な体調不良時にも安心して生活できる環境作りに貢献できればと考えております。

■今後のオフィシャルパートナー活動について
10月12日(水)に、コールドクターエキサイトマッチ(川崎フロンターレvs京都サンガF.C.戦)の開催を予定しております。その際、コールドクターおよび川崎市消防局の両者で「救急車適正利用の啓蒙活動」の一環として、来場者へ救急車の適正利用を促すチラシの配布や大型ビジョンで動画放映などを計画中です。詳細は川崎フロンターレHPのお知らせにて順次公開予定です。

●川崎フロンターレHP
https://www.frontale.co.jp/

■「みてねコールドクター」について
「みてねコールドクター」は、最短30分で自宅に医師を呼ぶことができる、健康保険が適用可能な夜間・休日の往診アプリ※1です。アプリから簡単に依頼でき、医師がご自宅に伺い診察※2、その場でお薬をお渡しします※3。また、「夜間・休日に限らず相談したい」というご要望にお応えして、24時間365日対応※4のオンライン診療や医療相談も提供しています。医療相談は無料でご利用いただけ、相談後に往診やオンライン診療をご依頼いただくことも可能です。あらかじめアプリをインストールし、ご自身やご家族の情報を登録しておくと、急な体調不良時も慌てず安心。経験豊富な約400名の医師が、あなたとご家族の健康をいつでもサポートします。

<5つの特長>
【特長1】最短30分で経験豊富な医師が自宅へ
【特長2】オンライン診療にも対応(24時間365日)※4
【特長3】医師や看護師による無料の医療相談(24時間365日)※4
【特長4】医療証、健康保険証適応
【特長5】自宅でPCR検査、その場でお薬処方も ※3

<往診エリア>
北海道から九州まで10都道府県に対応。詳細は往診エリア一覧(https://calldoctor.jp/area/)でご確認ください。対応エリアは随時拡大中です。

<往診の流れ>
1. アプリから往診依頼 ※1
【iOS】https://apps.apple.com/jp/app/id1516410571
【Android】https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.co.calldoctor.app
2. 医師がご自宅へ訪問 ※2
3. ご自宅で診察
4. その場でお薬をお渡し※3
5.クレジットカード/後日郵送する請求書でお支払い ※5
※1 電話やWebからもご依頼いただけます。
※2 医師の判断により、ご自宅へ伺わずに医療機関を紹介する場合もあります。
※3 薬の種類によっては、その場で処方できない場合もあります。
※4 状況によっては、対応までにお時間をいただくことがあります。
※5 請求書払いではコンビニ払い・銀行振込・LINE Payが選択できます。

■株式会社コールドクター
「みてねコールドクター」は、受診できる医療機関が限られている・診察まで長時間待たされてしまう・受診を断られてしまうこともある、といった夜間休日の診療を取り巻く課題を解決する医療サービスを目指しています。2021年12月末より、喉の痛みや倦怠感など軽微な症状があった際に無料でご利用いただける「医療相談」や24時間受診することのできる「オンライン診療」の提供も開始しました。今後も急な体調不良時に患者様やそのご家族に寄り添うサービスとして、さらなる向上に努めてまいります。
・公式サイト: https://calldoctor.jp/

■会社概要
社名:株式会社コールドクター
本社:東京都渋谷区松濤1丁目28-2
代表者:合田 武広、丸山 浩司(医師)、中原 毅
事業内容:「みてねコールドクター」の管理・運営
電話番号:0120-897-146
URL:https://calldoctor.jp/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)