医療・医薬・福祉

【2022/09/08開催】『Datack Clinical Lab ウェビナー 臨床研究者と製薬企業の協働 ~レジストリ構築・医師主導治験事例を通じてお互いを知る~』

株式会社データック
臨床研究者と製薬企業との協働を加速させるためのオンラインセミナーを無料開催します

株式会社データック(東京都千代田区、代表取締役兼医師 :二宮 英樹、以下:データック)は、『Datack Clinical Lab ウェビナー 臨床研究者と製薬企業の協働 ~レジストリ構築・医師主導治験事例を通じてお互いを知る~』と題した無料オンラインセミナーを、2022年9月8日(火)の19時から開催いたします。


セミナーのお申し込みはこちら(参加無料)https://datack-21737892.hubspotpagebuilder.com/20220908



現在、臨床現場の課題を解決する研究を加速させるために、臨床研究者と企業との協働の重要性が増しています。
臨床研究者側は、製薬企業に対して研究資金の提供を希望しますが、製薬企業のプロダクトライフサイクルや組織構造、意思決定構造を把握できているとは限りません。
製薬企業側は、連携候補の臨床研究者やレジストリがあっても、研究実施体制や成果物・期限管理、マネジメント体制を評価しづらく、一歩を踏み出しづらい状況です。
そういった臨床研究における双方の悩みを解決するきっかけを作るべく、本セミナーを開催する運びとなりました。

第1回となる今回は、臨床研究者側として千葉大学脳神経内科 准教授 三澤園子さんにご登壇いただき、神経疾患/希少疾患領域での医師主導治験やレジストリで、製薬企業と協働できた事例をご紹介いただきます。
製薬企業側としては、外資系製薬企業に所属する医師 西馬信一さんにご登壇いただき、製薬企業側でよくある困りごとや事情をお話しいただきます。
その後のパネルディスカッションも含めて、お互いの事情やすれ違うポイントを知ることで、今後の協働の加速に役立つ内容をお届けします。

セミナー概要                                  
【名称】
第1回 Datack Clinical Lab ウェビナー 臨床研究者と製薬企業の協働
~レジストリ構築・医師主導治験事例を通じてお互いを知る~
【開催方法】
オンラインWebセミナー(Zoom)
※後日、アーカイブ配信も予定しております。
【開催日時】
2022年9月8日(木)19:00~20:30
【主催】
株式会社データック
【後援】
アンタ−株式会社
【主な対象】
・臨床研究者(臨床研究者(大学・医療機関・研究機関・学会に所属し、研究に携わる方)
・製薬企業所属で研究に関わる方(臨床研究・治験・データベース研究・レジストリ構築及び活用等に関わる方)
・その他、当該領域に関わる方
【参加費】
無料
【プログラム】
・オープニング 19:00~19:10
 株式会社データック 代表取締役/医師/データサイエンティスト 二宮 英樹
・講演1 19:10~19:50
「医師主導治験とレジストリ設立の経験 ~アカデミアの立場から~」
 千葉大学 脳神経内科 准教授 三澤 園子  
・講演2 19:50~20:10
「製薬企業とアカデミアの対等な協働 ~製薬企業の立場から~」
 外資系製薬企業 医師 西馬 信一 
・パネルディスカッション 20:10~20:30
 三澤 園子 / 西馬 信一 / 二宮 英樹
【お申し込み方法】
1. 以下のフォームより必要事項をご登録ください。
二次元コードの読み取り、または下記URLよりアクセスいただけます。
https://datack-21737892.hubspotpagebuilder.com/20220908
2. お申し込み後、担当より参加用URLをお送りします。
当日はそちらのURLからご参加ください。


お申し込み締め切り
9月7日(水)15:00まで

登壇者プロフィール                               
●株式会社データック CEO/医師/データサイエンティスト 二宮 英樹


ラ・サール高校、東京大学医学部医学科卒業。脳神経外科を経て、株式会社メドレーではオンライン病気事典及び遠隔診療に従事した。株式会社トライディアでデータサイエンティストとして、企業向けデータ解析・AI開発に従事。株式会社データックを創業。医療データ解析をするなかで、医療データの収集体制づくりの大切さを痛感。医療データ収集システムしてiPad問診システム、医療言語処理技術の開発を行っている。「医療4.0」では日本の医療革新に関わる医師30人に選出。

千葉大学大学院医学研究院 脳神経内科学 准教授 三澤園子
1999年千葉大学医学部を卒業。2006年に医学博士号を取得。2017年より現職。2022年、慶應義塾大学で公衆衛生学修士号を取得。POEMS(クロウ・深瀬)症候群でのサリドマイド治験(II/III相)、ギラン・バレー症候群でのエクリズマブ治験(II相)をマネジメント。現在は化学療法剤による末梢神経障害に関する多施設共同研究を実施するとともに、神経免疫疾患を対象とした症例レジストリを構築。2児の育児中。

●外資系製薬企業 医師 西馬 信一
1997年神戸大学医学部卒業。
神戸市立医療センター中央市民病院で内科研修医、消化器内科で勤務の後、製薬企業に入職。製薬企業では臨床開発、安全性管理、メディカルアフェアーズなど幅広く関わる。日本製薬医学会 副理事長・メディカルアフェアーズ部会 部会長


※セミナーに関する内容は予告なく変更する場合がございます。

株式会社データックについて                           
会社名: 株式会社データック
所在地: 東京都千代田区飯田橋1丁目8-9-707
設立: 2018年8月
代表者: 代表取締役 CEO 二宮 英樹(医師・データサイエンティスト)
事業内容: リアルワールドデータ解析、その他関連事業
ホームページURL:https://datack.jp/

以上
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)